世界の「キャンプ型ホテル」で、スタイリッシュに贅沢に!【10選】

友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころがあたるあの感覚はどうも苦手で…というあなたに送る、このリスト。

紹介するのはどれも、アウトドア体験で一番キツい部分を取り払い、代わりにプライベートプールや猫足のバスタブといった要素を盛り込んだ、都会人にも優しいキャンプ式ホテル10軒です。

01.
LONGITUDE 131

オーストラリア・ユララ

46589b5a0e9b9fbe579aacc6551b6b3ba970d0f0

レッドセンターと呼ばれるオーストラリアの中央地帯に並んだ、「ロンギチュード131」の15棟のテント風キャビン。エアーズロックの景色をばっちり望むその立地はお見事。二重になったブラインドはリモコン式だから、ボタンひとつで気ままに、眺めと部屋に吹き込む自然の空気を調整できます。

詳しくはコチラ

02.
HONEYGUIDE TENTED SAFARI CAMPS

南アフリカ・クルーガー国立公園
7b8b5fb215f0cea62299693719045e956fcd1512

高級サファリキャンプを語るにあたって、南アのクルーガー国立公園近辺の私有鳥獣保護区は、ほかとは比較にならない贅沢なエリア。地元のムニシ族が所有・経営する土地に設置された「ハニーガイド」の2つのキャンプ場は、どちらもこのエリア特有のラグジュアリーなアメニティを揃えつつ、気取りのない和気あいあいとした雰囲気を大切にしています。

詳しくはコチラ

03.
GALAPAGOS SAFARI CAMP

エクアドル・ガラパゴス諸島

Cacf089d45672839e91c947475a428854a31f465

高台に造られた「ガラパゴス・サファリキャンプ」のテントは、それぞれ専用バルコニー、ハンモック、バスルーム付き。ガラパゴス旅行定番の、狭苦しい船のキャビンで寝泊まりするのとは大違いです。辺りは人類が存在する前の時代を想像させる、魔法のような環境。ベッドルームから一歩出れば、世界屈指の動植物観察の始まりです。

詳しくはコチラ

04.
DUNTON HOT SPRINGS

アメリカ・コロラド州ドロレス

Ca05fd8cb046da070b3f64532faca0beba2a5ab1

すでに高い評価を得ている「ダントン・ホットスプリングス」が、川下へ約6.5キロメートル進んだ先に、新たにキャンプスタイルの別棟を設置。コロラド・ロッキー山脈の森林の中に造られた大型サイズのキャンバステントは、それぞれベランダ付きで、目の前には、山と、フィッシングにもぴったりのドロレス川の景色が広がります。

詳しくはコチラ

05.
BANYAN TREE RAS AL KHAIMAH BEACH

アラブ首長国連邦・ドバイ郊外

80891ac48b28cebf293f9c4585eae314a37ea337

もしドバイまで足を延ばす機会があるなら、市内から車で1時間ほど離れた「バンヤンツリー・ラスアルハイマ・ビーチ」へ。エキゾチックなヴィラは、伝統的なベドウィン(アラブ遊牧民)住宅をイメージして造られています。海に面したアラブ式スパトリートメント・パビリオンで旅の疲れを癒し、プライベートプール脇に腰を下ろす頃には、遊牧民気分も薄れるはず。

詳しくはコチラ

06.
RODAVENTO BOUTIQUE HOTEL

メキシコ・バジェ・デ・ブラボー

7b0451bf9ce0f116b8eb88e6bc30e634e4d2b003

メキシコの代表的リゾート地から遠く離れた、青々とした渓谷に佇む「ロダベント」。テント風の屋根が目印となった斜面沿いのヴィラは、どれも敷地内にある杉林と私有湖を望むデッキ付きです。ここではキャンプファイヤーや冷たいシャワーに代わって、薪の暖炉と猫足のバスタブが心身ともにほっと温めてくれます。

詳しくはコチラ

07.
THE SERAI, JAISALMER

インド・ラジャスタン州

5be34cdad95253873f360c14385b8fff839cdb96

中世の余韻を残すジャイサルメールはこれまで何百年もの間、商人や旅人を迎える砂漠の宿場として知られてきた街。ここにある「ザ・セライ」の優雅なテント・スイートは、一番ベーシックなものでもゴージャス。最高級ロイヤルスイートは、専用ダイニング・テント、専用レクリエーション・テント併設という贅沢さです。

詳しくはコチラ

08.
CAMP COMFORT

アメリカ・テキサス州

Be5c4fb14af869822e5b6be11b2e2b73581f4e0b

テキサス州内のお洒落な人が集まるオースティンとサンアントニオのちょうど中心に当たる「コンフォート」にあるのは、古いボーリング場を改造したキュートなベッド&ブレックファースト。スイートルームでも十分満足できそうだけれど、キャンプ好きな人は独立棟のキャビンを予約。夜はドリンクを片手に焚き火を囲んで仲間と語らいの時間を楽しんで。

詳しくはコチラ

09.
RESORT AT PAWS UP

アメリカ・モンタナ州

6a3380ea67ce7220631226f863633b70cb1021d4

大自然に恵まれたモンタナ州は、大のキャンプ好きが一度は訪れてみたい場所。「リゾート・アット・パウズ・アップ」は、冬場も泊まれるキャビンのほか、夏は敷地内中心地から20km先のブラックフット川近くに用意されたキャンプ村をオープン。高級ホテル並みのテント生活を送りながらアメリカ有数の大自然を満喫しましょう。

詳しくはコチラ

10.
SHER BAGH

インド・ラジャスタン州

8c3d9d51c29b5fbf0e68dd069ff6354e0f86485e

同じくインドはラジャスタン州からもう1軒。ランタンボア国立公園に隣接する「シェール・バーグ」は、野生動物のドキュメンタリーを撮っている映画監督が営むキャンプ型ホテル。天候さえ悪くなければ、毎日ディナーはキャンプファイヤーを囲み、ほかのゲストとみんなで一緒に。日中に撮影した写真をおつまみに、新たな友達を作るなんていうのも素敵です。

詳しくはコチラ

「Tablet Hotels」。こだわりを持つトラベラーのために、世界の素敵なホテルを厳選した宿泊予約サイト。魅力溢れるホテルや現地の最新情報が満載。https://www.tablethotels.jp/

2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
昨今は、一つの拠点に長期間滞在するのではなく、日本各地の観光地をホッピングする(飛びまわる)ように旅を楽しむスタイルが人気。そんな“Hopping Tra...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...