【ハワイ】ガイドブックに載らない「あの名所」がついに取り壊し!

オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入り禁止エリアだったから。

断崖でプッツリ切れる
コンクリの道
デッドマンズキャットウォーク

6e65fc3d34001d87dde7a5164fb0b7e9fbdbd642

『ここに地終わり海始まる』小説のタイトルにもなったこの一文は、ユーラシア大陸の最西端ポルトガル・ロカ岬に建つ石碑に刻み込まれたもの。目の前に広がるのは大西洋。
一方、こちらハワイ・オアフ島にある地の果ては、「THE DEAD MANS CAT WALK(デッドマンズキャットウォーク)」と呼ばれる道の終わり。やはり、同じように眼前は青い海。断崖に延びるコンクリート製の一本道が、まるでファッションモデルが歩くランウェイ(別名:キャトウォーク)のようで、コンクリートの道にこう落書きしたことからこの名で親しまれるようになったそうです。

私有地につき進入禁止も
観光客があとを絶たない

Be4c677b0cf57bdd3c230351fc1228937d3092c5
Photo by Justin Bailey

オアフ島のシンボル、ダイアモンドヘッド近くにある「カメハメ・リッジ・トレイル」というハイキングコース。その終点がデッドマンズキャットウォーク。本来、ここは私有地のため進入禁止のエリア。ですが、断崖から見下ろすコバルトブルーの景色を見るため、観光客があとを絶ちません。そのため警備員が毎日、定期的に巡回し、これまでも侵入者を取り締まってきました。

それでも…どれだけ「入るな」と書いてあっても、絶景トレイラーは毎日のように押し寄せます。バリケードを乗り越え、フェンスに穴を開け、断崖の果てに待つ絶景を目指す人々。

彼らの目の前に広がる光景。それが、こちらの写真。ちょっと…こりゃ本気で命の危険を感じずにはいられません!

撤去の原因は、
路上駐車とゴミ問題

この長らく続いた「いたちごっこ」に、いよいよ終止符が打たれたのが2016年3月1日。ハワイ州政府は、安全確保を理由にデッドマンズキャットウォークの象徴だった、断崖に向かうコンクリート製の道をドリルで砕いて完全撤去を敢行。

さて、この場所を私有地として管理しているのは、ハワイの大地主であるビショップ財団です。所有者のLori Hiraki氏は、「Hawaii News Now」の取材に対して、観光客のマナーの悪さを指摘しました。絶景スポット目当てに訪れる観光客の車で、道路はふさがり、ゴミがそこらじゅうに投棄される日々だったそうです。「この駐車とゴミの問題さえなければ、デッドマンズキャットウォーク撤去という選択肢には至らなかったはず」だとKiraki氏が本音をチラリ。事実、州政府の広報担当者Paula Aila氏の話では、今回の撤去という決断に至るまで、この場所での大きな被害や事故はこれまで一度も報告されてないそうです。

ともあれ、ガイドブックに載らないオアフの名観光スポットがひとつ、惜しまれながら消える結果に。


Reference:Hawaii News Now
Licensed material used with permission by mary1620, jbayyyyy
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
ハワイに長く暮らしてきて、僕はハワイ語のすばらしさを実感しています。言葉一つひとつに意味が込められいて、感慨深いものばかり。そのなかから、元気が湧いてくる...
「平和で美しい島、かぐわしい夏の日がずっと続く場所。善人がここで死んでも、同じような天国で目が覚めるだろうから、違いに気付かないだろう」  by マーク・...
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...
ハワイ語には不思議なパワーが宿っています。言葉があふれている時代だからこそ、古(いにしえ)の言葉=ハワイ語が伝えてくれるメッセージを心に刻み、日々の活力に...
ここでは『ハワイベストレストラン2015』(実業之日本社刊)で紹介されている192店のなかから、とくに評価の高い18店をご紹介!ハワイ好き、ハワイ通、ハワ...