【参加者募集中】オアフ島の魅力をサイクリングで楽しむ160km

「観光」「グルメ」「ショッピング」。

少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が海を渡る理由が多様化。たとえば、ここで紹介するようなものもそのひとつです。

自転車に乗るために
ハワイへ行く。

Cb92a05fc59d5dedeffe7f1a1b1e09ac6f80da89

1981年からハワイ・オアフ島で開催されている「ホノルルセンチュリーライド」は今年で35回目。ワイキキを起点にオアフ島北東部へと向かう最長約160kmのコースを、自転車で爽快に駆け抜ける人気ロングライドイベントです。

「最長」と書いたのは、約32、40、80、120、160kmの5通りから、自身の体力や当日の体調に合わせて自由にコース(距離)を選べるから。初心者から本格派ライダーまで、誰でも楽しめる仕組みになっているというわけ。

コースの見どころを紹介

57010a9ee3a8c6924785320f4f9ae5d1d4132bed

カピオラニ公園をスタートし、オアフ島の東海岸を北上。設定された地点で折返し、カピオラニ公園でフィニッシュします。

ダイヤモンドヘッドからハワイカイ、ハート・ブレイク・ヒル(心臓破りの坂)を経て、マカプー/マウナルア湾、カネオヘ湾などの風光明媚な海岸線、熱帯植物が茂るコーラウ山の裾野エリアなど、変化に富んだコースを走行。以下の写真でイメージを膨らませてみて。

朝焼けの
ダイヤモンドヘッドロード

1f7efd9d094c2d072b53b398f5ceb16d7d2355f4

日の出前にスタートし、ダイヤモンドヘッドの脇を上ると、最初のビューポイント。朝焼けに染まった空と海をバックに、特別な一日の始まりを写真に収めましょう。

木々が生い茂るワイマナロ

D09d516e6664b87b3a10ec39f97a9f9e198074df

熱帯植物が生い茂るこのあたりは「ジャングルロード」と呼ばれています。運が良ければ、馬に乗ったロコとすれ違うことができるかも。

壮大な山並みが印象的な
クアロア

0ddcbc2ad9dd5b206a74d9e163a38f41a7b298fa

75マイル(約120km)コースの折返し地点を過ぎて訪れるのは、切り立った山々が印象深く、映画のロケ地としても有名な「クアロア牧場」。ハワイの壮大さを感じさせてくれる神聖な場所です。

青に導かれる
カメハメハ・ハイウェイ

55414bcb82a63e235fbedea397802c83b7674e41Ae4d6b495019917b3cd699a84f9208997c427e68

美しい海と空に導かれるように続く海岸線のコースは、約160kmの最長コースに挑戦した人のみが堪能できる。

FINISH!!

D479c855db880c104bc0b48794324008f9c783e1Cd6b2e0b9dda263ead8127bab862110b178cd4d7

昨年の総エントリー数1,753人のうち、日本からのエントリーは701人と、多くの日本人ライダーが愛車とともに集ったのだとか。様々な旅行会社がツアーを企画しており、航空会社による無料自転車運搬サービスも利用できることから、初めての海外ライドを楽しみたい初中級者に加え、リピーターの多さも特色のようです。

今年の開催は、2016年9月25日(日)。エントリーはこちらから可能で、料金は全コース一律、大人17,500円、子ども3,500円。

改めて、「自転車に乗るために、ハワイへ行く」なんてことが、当たり前の時代になっていることを痛感しますね。

Licensed material used with permission by ホノルルセンチュリーライド
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
都市空間での最適な移動手段を追求し続け、Folding BikeやCross Bikeを展開する「Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)」。ここ...
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
ダイアモンドヘッドも、ワイキキのビーチも、サーファーも、パンケーキもない。なのに、たった1本のヤシの木で十二分に、あの常夏の島への憧憬を抱かせてしまう。ぼ...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
賑やかなジャズの生演奏に、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築、バーガーやピザとはまったく異なる独特の食文化といった、ユニークな文化要素で有名なア...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
「ええっ、ハワイで鍋?」なんて驚いてしまう人たちは、ハワイ通とは言えません。実はここ数年、常夏のハワイで鍋が大ブーム。その火付け役ともなった「Sweet ...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
中央アメリカにある「ニカラグア」。近隣のメキシコなどは治安が心配されることも多く、ニカラグアにも同様のイメージを持つ人がいるかもしれません。旅行先の候補と...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
GW中ハワイ旅行を計画している(うらやましすぎるっ!)人の数パーセントは、もしかしたらこれ目的かもしれない。ワイキキのメインストリートで毎年開催されるスパ...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...