痛々しくも甘い。ジャズマンの恋愛映画『ブルーに生まれついて』。

11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも言われるほど人気があったトランペッター。

彼の人生をまるっとまとめた伝記映画というより、一時期にフォーカスして脚色を加えた作品。胸を締めつけられるほど痛々しくもロマンティックな、ジャズとラブストーリーに酔ってしまう。

映画化されたジャズマンの人生を知ると、それまで楽曲からしか感じられなかった彼らの心情が、むき出しの映像とともに可視化されて心を揺さぶられる。ドラッグに落ちてボロボロになりながらも、プレッシャーと戦っている姿がどうしようもなく煙たくて目にくるのだ。しかし、それだけ自分自身を犠牲にしてまで音楽に心血を注いでいるからなのか、良い音がもっと強調されて心に響いてくる。

チェットを演じたイーサン・ホークは「僕が表現したかったのは、“悪い”の仮面の下に隠された人間の姿だ。彼はたくさんの問題を抱えていた。僕はそういう人物を、愛情を持って演じたかった」と言った。

とくに『My Funny Valentain』を歌うシーンはズルい。下の動画で一曲日本語字幕付きで視聴できる。こんな曲と歌詞をあんな声と眼差しで差し出されたら…と考えながら見てほしい。

ジャズ界で最も悪名高いジャンキー。つまり問題児である彼が、眉間にしわを寄せてタバコの煙を吐きながら最愛の女性にささやく甘い歌。スムースに響くトランペットの音。その場に居る者の心が、どうやって奪われていくのか。ため息を漏らさずには観ていられない。

この病的なジャズマンの歌と演奏は、とにかく優しい。にも関わらず、自分や周囲をこれでもかと傷つけていく。弱々しくて傷だらけで見ていられないのに、いつも真っ直ぐで放っておけない。間違いだらけで、かっこいい。だからこそ、手を差し伸べたくなるような親近感がわく。

見ていると、いつの間にか心のなかで「チェット…。」と呼びかけずにはいられなくなっている自分に気づく。

「あまりにも美しく、グロテスク。」

Medium ff125982ad162f80e260e96e68155c6d324bb461

12月2日に開催されたイベントで、ジャズミュージシャンであり文筆家の菊地成孔と、著述家の湯山玲子はこう解説した。

菊地「チェットは、若い頃人気があったんだけど、バブリーな時期は途中からダメになってきて、結婚生活も何もかも上手くいかず、自伝映画の『レッツ・ゲット・ロスト』の公開直前に亡くなったという悲痛な没落の人生を送った本当にダメな男。でも、この映画のチェットの人生は言われるほどひどい人生じゃない、このくらいだったら、母性本能をくすぐる男、位に無毒化している。」

湯山「私が感じたのは、物語の根幹は恋愛だなと。一般的に見ると、アーティストの男性は、表現をする身だからこそ現実の生活ができない、だからこそ、才能・ギフトを天から与えられている。そういう人はある種、女性を惹き付けるものがありますよね。そして、女性が誰かに依存したい、誰かのために生きたいという気持ち、典型的な滅私奉公的な気持ち。そして、それだけでなく、自立しようとするいい女の生き方も描いている。」

菊地「非常にロマンティック。チェットという存在自体が、あまりにも美しすぎてあまりにグロテスクすぎて、人をもの凄い力で魅了させるんだけど、それはつまり尋常じゃなくさせるっていうことだから。チェットを冷静にリアルに見ることは誰もできないんじゃないかというのが僕の結論ですね。」

最後まで音楽を愛した、
チェット・ベイカーに恋をする。

Medium 5576b8d7a5355e7dab82e9df22d29cd60cb7d7fa

チェットは、前歯を失うという管楽器奏者として致命的な怪我を負いながらも、高域を抑えたフレージングを個性にした。女の子のような声と言われながらも、その歌でファンを熱狂させた。

口を閉じてはにかむことから、ジャズ界のジェームス・ディーンとも呼ばれ、女遊びと薬物問題で話題に事欠くことが無かった。けれど、人気が衰えても演奏をやめることはなかった。ジャズには一生向き合い続けたのだ。最後はアムステルダムのホテルの窓から転落死した。事故死とも自殺とも他殺とも言われている。享年58歳だった。警官に発見されたときに、トランペットを抱えていたと言う話もある。

シンガーの土岐麻子からは、こんなコメントが寄せられた。

「結果が出なくて焦ったり、人と比べて悩むたびに彼の音に救われてきた。その音の力の理由は、彼こそが焦りや見栄に勝ち、音楽に食らいついて生きたからなのだろう。」

彼のひたむきな姿に共感したり感動する一方で、大切な人の存在や、身を滅ぼすような誘惑について考えさせられる。この映画を通してチェットの人生を見ていると、胸が苦しくなることばかりだけど、そうするしかなかったのだろうな…なんて、わかってあげたい気持ちにさせられる魅力が、彼の人間性や演奏にはっきりと感じられる。それだけ音楽を愛していたのだろう。痛々しくも甘いチェット・ベイカーのラブストーリーからは、そんな思いが確かに伝わってくる。

映画は絶賛上映中。ぜひ劇場で確かめてみてね。

Licensed material used with permission by ブルーに生まれついて
©2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited.ALL RIGHTS RESERVED.
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
ジャズ、聴いていますか?現在人気の漫画『BLUE GIANT』を読んでも感じるかもしれませんが、特別に意識してジャズを聴いているという人は決して多くありま...
本来ならば、はた迷惑極まりない話です。だって、白昼赤の他人の家の前で、突然トランペットを吹き出すんですから。トランペット奏者のBryce Hayashiく...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
スマホやタブレットで映画を楽しむ人、最近とても増えましたよね。これから秋に向けて「夜長」をどう楽しもうか考えている人も多いでしょう。そこで、英BBC cu...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた青年「Jacob Collier」。つい先日、...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。「ブル...
まるでビー玉のようなエメラルドとブルーの綺麗な目、ピンク色の鼻、そして真っ白い毛並み。そして、なんとも言えない「キョトン」とした表情。トルコのブルサに住む...
「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」「この素晴らしき世界」など、誰もが一度は聴いたことがある数々の名曲を残し、“キング・オブ・ジャズ”と称される...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
最近、マドリードの街中に登場した、不思議な“ホットスポット”を紹介しましょう。ここは、あることをするために人々が訪れる場所。では、その“あること”とは?写...
映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』。50歳でピアニストとしての現役生活に自ら終止符を打って以来、教えることに人生を捧げてきた89歳のシーモア・バ...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...