マドリードに突如出現!どこまでも「ブルーな世界」、これナンだ?

最近、マドリードの街中に登場した、不思議な“ホットスポット”を紹介しましょう。

ここは、あることをするために人々が訪れる場所。では、その“あること”とは?写真を一枚ずつ見ていくうちに、きっと答えが分かるはず。

「青い世界」へようこそ

E721581994a92d49e1594594d302903b130f09ebE56f5fe5ada277f93727d0d22c37199579b7ec02

ここは、「burbucar」と呼ばれる空間。天井を走るネオンとサインボード以外はただ青・青・青……の世界。それでは、二人の女の子にここを案内してもらいましょう。もちろん、彼女たちの衣装もブルー。

どこまでも続く廊下は横幅12メートル、長さは70メートルもあるようです。

D72c90d6e82f55b12fc38fa179d37b62bd8dedc0E19aba79d462510496916dd6526a31d62ae9b3b0

ハイチェアや吊り下げ式のソファが登場。

え、ヘアサロン?ではありません。

2063ec51c3f71da0709bcae1b9640fc0a1cc81e4C8c667d1d2dfab86235ff6a107d1f49c9fc0e77f11508dd49e7c9f6a005f4f6e53297fbfb8bbd6cb

廊下には、所々にテーブルやチェアが設置されていて、男性(♂)女性(♀)のドアの向こうは、どうやらお手洗いのよう。

5d326b7185baee88abf3d129003983916948d743B45c6bf1faec4d42775b68009394603b0b17f9a7F7fdc3ee1b9f8e7a5046f703795278435e7debaf

そうそう、長〜い廊下の反対側は全面ガラス張り。これがポイント。彼女たちが覗いている先をよ~く見れば、ここが何をするための場所か?そろそろ想像が付いたはず。

9424d508ceac0082d9863b329f9f1a2e0150194725251ad23d0cf98241100fed7bd83cbe02afed3851ac8a7c319352db597f98588a8afe0565253aca

そうなんです。ここは7階建の建物の1階部分を利用した洗車場。直線70メートルほどをベルトコンベア式に流れるタイプです。

600082576d2ff531d0fa5f862ddad1a45664ce29

「重要な設計要素は、自動車ユーザーたちに洗車の全容を外側から見て楽しんでもらうことにあった」。とは、burbucarのデザイナーLina Toro氏のコメント。ただの奇をてらった空間な訳ではありません。洗車に利用される水は、建物に降り溜まった雨をメインに浄水室でキレイにして再利用しています。

洗車時間を楽しめる洗車場

「洗車だけじゃない!」とまで謳うこの動画は、burbucarを紹介したPV。ところが、これがまるでカオス。思わず失笑してしまうヘンテコさで、もう何なんだか分からないっ!

E46d81db615ecbe6b9ac07a17837e175b087c1815f61bfbed1db4dfa6d9b6ce03244917a1ade03d9Aef9f3c19c799e607f2725a81a0f111eb7b3f08b048214234b0dfdfcb8529c60b6709f1eed3c54681e455d64973480b63248e61687e5fdbba5e722b975297281e5c84475a01dfb43bf5d8227a00d9b35

ダリ、ミロ、タピエスにフアン・グリス。キュビズムにシュールレアリズムにポップ。さすがはアート界の巨匠たちを数多く排出するスペイン。洗車場の待ち時間だって、楽しみの場に変えてしまう、ということのようですよ。

Licensed material used with permission by Lina Toro
この写真は、とある民家の庭で撮影されたもの。突然オオカミが現れたことで話題になっている。かなり大きい。しかも、この獰猛な目つき。恐いっ!でも…意外と人懐っ...
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
何かを咥える、勇ましいワニの姿―。これは動物園やサファリパークで楽しめる“お馴染みの光景”です。が、その舞台がゴルフ場となると話は別。こんなワニが池から登...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
あまりに退屈な内容すぎて、思わず睡魔が襲ってくる。テレビでも、映画でも、投稿動画でも一度はこんな経験があるはず。「こんなの誰が観るの」と言いたくなるような...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
諸説あるものの、一般的に「折り紙」は日本の伝統文化のひとつ。求められる細やかな手先の動きが脳の発育にも役立つとされるなど、いまや世界中の人々を惹きつける遊...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
台北市内に突如現れたのは…あのオレンジ色の武道着に身を包んだ孫悟空!?サングラスと髪型は孫悟飯のようにも見えますが、筋斗雲に乗って空の上をひとっ飛び!とは...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していました。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥ...
パリ、ベルリンに突如現れたビジネススーツの集団。一糸乱れぬロボットダンスに観光客のみならず、地元に暮らす人たちも、さぞ驚いたことだろう。元格闘家・須藤元気...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...