地域によってこんなに違う。「お雑煮」は肌にとって縁起のいい美容食だった?

おせちと並ぶ縁起物としてお正月に食べる人も多いお雑煮。でも、見方を変えれば、様々な食材を一緒に煮て食べるお雑煮は、毎日の食卓に取り込みたい栄養食とも言えるかも。

特に肌のケアは、適切な食材を摂り入れることがとても大切。地方によって入れる具材やスープの仕立て方が全然違う日本各地のお雑煮を参考に、肌が喜ぶ「美肌雑煮」を作って食べてみませんか?

何と言ってもお餅が入っているから、モチモチとした「もち肌」を目指すには、縁起の良さも最高です♪

乾燥のケアに。
くるみ雑煮(岩手)

Medium e997cf8ecdb21fdf96f2bc5025bd92ecfdd9cc78

岩手県沿岸部のお雑煮は、しょうゆ味のスープに鶏肉、人参、大根、ごぼう、凍り豆腐、せりなどの具材と焼いたお餅が入っています。もっとも特徴的なのは、お雑煮に「くるみだれ」を添えて出すところ。砂糖などで甘く味付けしたくるみだれにお餅を絡めていただきます。

くるみに含まれる「α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)」は体内でつくることのできない必須脂肪酸で、肌の保護力を高めてくれるのだそう。ビタミンACEが摂れるレシピ(ニンジン、くるみ、せり)なので抗酸化(シミ)のケアにもいいみたい。
Medium db573da0adaf7628158e9dcd3a7a2af8bbf665de

冷え対策に。
親子雑煮(新潟)

Medium cc37f00c868119e8b8954c7a370e31fab1709e3c

新潟の「親子雑煮」は、鮭といくらが具材の目玉。それ以外に、大根、ごぼう、人参、こんにゃく、ほうれんそう、焼き豆腐などが入った具沢山なお雑煮です。

じつは脇役の大根、ごぼう、にんじん、こんにゃくは「あたため食材」。もちろん主役の鮭にはDHA・EPA、アスタキサンチン、ヒアルロン酸、皮の部分にはコラーゲンなど肌が喜ぶ栄養素が豊富に含まれています。

ごぼうやこんにゃくの食物繊維も摂れるレシピなので、腸の働きをよくしてくれることで、自律神経が整って、冷えの改善効果も期待できそうですよ。

Medium 6bcc06ca3d3453714176d8bf564cdebb595790e6

敏感肌のケアに。
牡蠣雑煮(広島)

Medium a12aadb0acf2666e8de4975c5a5e8106347cd388

広島と言えば牡蠣。そんな栄養たっぷりな名産品をお雑煮にも贅沢に使います。牡蠣以外にはブリ、かまぼこ、せりなど、割とシンプルな具材が特徴。

牡蠣に含まれた亜鉛は、肌の新陳代謝を正常化するのに役立ってくれるのだとか。またブリを入れれば肌をつくるのに必要な栄養素、たんぱく質やDHA・EPA、鉄分なども一緒に摂れます。

せりは鉄分の吸収を助けるビタミンCが豊富なのでとてもバランスが取れたレシピと言えるみたい。

Medium 71464292db8ba9cacf183e8f4a6949251a88f838

若々しいお肌のために。
納豆雑煮(熊本)

Medium 5b27bae5a01ad293de99e686ec98172823dae797

熊本の一部では、鶏肉、人参、大根、里芋、三つ葉などを入れたシンプルなお雑煮に納豆を添え、具材を絡めて食べる風習があるそうです。

納豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをしてくれ、抗酸化、保湿などを促します。さらにナットウキナーゼという酵素には血液をサラサラにする働きがあります。ナットウキナーゼは加熱調理すると効果がうすくなると言われているのですが、納豆雑煮の場合は「別添え」だからその心配はなく、理にかなった食べ方と言えます。
 
納豆と里芋のネバネバは「ムチン」という栄養素で、たんぱく質の吸収を助けてくれるベストパートナー。納豆、鶏肉に含まれるたんぱく質は正常な肌の再生に欠かせないから、若々しい肌を保つためにはいい食べ合わせと言えそうです。ムチンも加熱で効果がうすくなると言われているので、なるべく短時間の調理を心がけましょう。

監修:ポーラ美容研究室

毎月、各地の肌ケアがわかる
「美肌予報」

Medium 6de4bf455c35a01eac17a2e901201793b88f7e13

お雑煮が地方によってこんなにも違うのは、気候の違いに一因があるのかもしれませんね。じつは、お肌のケアも同じ。季節や地域によって気候が変われば、お肌の調子も変わります。気候に合わせたケアを先取りすることが、美肌のためには大切なんです。

そこでチェックしておきたいのが、コスメブランドのポーラが提供している「美肌予報」。このサイトでは、ポーラが持つ「肌のビッグデータ」と日本気象協会が持つ「気象のビッグデータ」のコラボレーションによって、全国各地の美肌指数と、その時期その地域にあった肌ケアのアドバイスを導き出しています。

さっそく自分の住んでいる地域の「美肌予報」をチェックしてみてくださいね。それではみなさん、よいお肌を!

Medium 792b7f21bf4a88921841dee01603c8e968a000fb
不老不死を望む人が果たしてどれだけいるかは分かりませんが、アンチエイジングとなれば話は別でしょう。「若返り」──その核心を求めて、世紀をまたいだ科学者たち...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
小さな果実に栄養がたっぷり詰まったキウイ。春から夏にかけてはニュージーランド産が多く出回りますが、9月下旬からは国産モノも数多く登場してきます。健康維持、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
酒粕といえば、甘酒にしたり粕汁にしたりと料理に用いる食材のイメージしかないかもしれません。でも、「酒粕が美容パックになる」と聞いたらどうでしょう。ちょっと...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
スムージーにはじまり、デトックスウォーター、コールドプレスジュース。ヘルシーで健康的な、美容系“黒船ドリンク”がいくつも日本にやって来ました。そしてまた、...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
いくら暦の上で夏が過ぎても、肌が強烈な紫外線にさらされることには変わりありません。そんな日は、イギリスの名物「サマープディング」で、肌へのダメージ回復に努...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...