都市マップを「球体に描く」スゴ腕アーティスト

旅先で出会った建築物をモレスキンのノートにペンですらすら描いていくAmer(@TendToTravel)。ハイクオリティな彼のラフスケッチは、数年前から海外メディアで多く取り上げられ話題となっていた。そのAmerの新たな手法がおもしろい。

3Dの地球儀のような球体マップの上を旅してみたい。

Hong Kong

1e529b6125d5bb113a245ac578ae2d20ed819def

一見すると何が描いてあるのかわからない。が、これは香港島セントラル(中環)を中心に球体に描いたマップ…らしい。

Dc5dc0b65e61f481f42660d8018541de16441919

香港経済の中心地に集中する高層ビルを、1本1本手描きで仕上げているそうだ。高さ415mのランドマークタワー「国際金融中心」や、三角のパネルを組み合わせたような「中国銀行タワー」のリアルさからも、いかにありのまま忠実に描いていっているかが分かるはず。

5e8e76bf37fc987fd7f7ade224f09718ca799450

地上から放射線状に空へと伸びる、高層ビル群。その隙間を縫うように南北へと伸びる道路、豆粒のような家屋もちゃんと描かれている。

Paris

B2a058a2ae50d68f1643a68022ab331176d7a5d0

凱旋門を中心に、そこから放射線状に広がる街並みが特徴的なパリ。マップ下に流れるセーヌ川、ほとりにはエッフェル塔がそびえている。さながら映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するデス・スターのようだ。

Dubai Marina

47160b7417d09f942a6ac3b87f26bc245634a9ff

Melbourne I

80de0795e473d92699133c1f90aae9ffda0246fe

Melbourne II

055db98e3b87d4b51f12c9be2c5820f7863c84363b90b20b25b69e259fe0c52ea87b7b203dfa30dd

Tokyo , Shibuya

194070628942db737e2d76d711f464488ca2b56f

さてこのAmer、じつは結構な日本ツウらしく、過去に2回来日した経験があるという。詳細は未定だが、2017年に来日を予定しているそうだから、どこかで彼の作品に触れるチャンスがありそうだ。

そんなAmerへの取材のなかで、こんなサプライズプレゼントが届いた!

なんと、TABI LABOのオフィスを中心とした渋谷周辺のグローブマップを、わずか数日で仕上げ、写真で送ってきてくれた。渋谷ヒカリエや渋谷マークシティの立体感が分かる?

Google マップから球面を想像し
都市を描き出していく

Ceab8d73bf6ec50bede30bf8a74cc5798cc15acd

Google マップを参考に、縮尺を球体上におこし直し、建物一つひとつを精巧に描いていくのは気の遠くなるような作業に違いない。Amerにこんな質問をしてみた。

──マップを球体化して描く、Globe Mapはどこからスタートするの?

まずは地図上のメインストリートとなる幹線道路をGlobe Mapに落とし込んでいきます。だけど、全部を細かく引いてしまうのではなく、5本〜10本といったところ。それから平面の地図が球体になったとき、どんなビジュアルになるかを、とにかく頭に想い描くところからスタートします。

そこから大ざっぱに五点透視図法を使って、建物を描いていく。最後に窓や車、街路樹などの細かなところを仕上げるイメージですね。

 

──ひとつのGlobe Mapにかかる制作時間はどのくらい?

平面と比べて圧倒的に工数はかかりますね。だけど小さいものであれば数日、大きな作品となると、根を詰めてやっても2ヶ月近くかかることも。作品が大きくなるにつれて、中心部をきちんと仕上げなければいけませんからね。描いていて自分でもたまにめまいがしてくることもあるんです。方向感覚がなくなるというか。

1aadfde50b911df6554e769c0968b19ef5a25b2d

子どもの頃、NASAが発表する宇宙空間から捉えた地球の美しさに魅了され、映画『スター・ウォーズ』シリーズに心奪われていたAmer。

建築家を志し、単調にマップを描いている日々のなか、イーロン・マスクの宇宙開発や、火星移住計画に触発され、アーティストへ転身。前職のスキルを活かしてこの技法にたどり着いた。

難解なパズルのピースをはめ込むように
世界ができあがっていく様子

AmerはGlobe Map制作に挑む気持ちを、難解なパズルや心理ゲームをしているときに例える。精神を研ぎ澄まし、イメージを働かせながらキャンバスに向かい、ひと息に描いていく。ひとつのGlobe Mapが完成すると、いつも数週間はペンを持たない休息に充てるそう。

気の遠くなるような制作の過程は、以下の動画でチェックできる。こちらは空想の世界都市のようだけど、スフィンクスからコロッセオ、五重塔など和洋折衷。Amerにしか表現できない緻密で繊細なマップができあがっていく様子は、ため息しか出ない。

Licensed material used with permission by Amer (@TendToTravel), Instagram
海外旅行で神経質になりがちな両替所探し。そのストレスを、「Get4x」がキレイサッパリ解消してくれるかもしれません。使いかたはカンタン。交換したい2種類の...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
地方でも海外でも、仕事で移動する時は必ず〈Google〉 マップを使ってます。便利ですよね。不満はまったくありません。でも、プライベートでは断然こっち。イ...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
1953年にイラストレーターのハーブ・ライマンと一緒に描いたというマップ。6月25日に、「Van Eaton Art GALLERIES」のオークションで...
ヘリコプターから眺めた街を、何の迷いもなくサラサラと描いていく。世界中の都市をドローイングするStephen Wiltshireさんは、見たものを細部まで...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...