この金魚。実は、すべて「絵」なんです・・・

どこからどう見ても、水面を泳ぐ金魚。ところが、そこに生きた金魚は存在しない。ならば、リアルな彼らはいったい何なのか?驚くなかれ、これは3Dペインティングによる絵。日本人アーティストのオリジナル技法に世界が注目している。

水面をたゆたう
リアルな金魚

Fukahori_SpringoftheMoonDetail1

ひしゃくに掬われた様子を、よく見てほしい。尾びれを力強く左右に振る、金魚たちの躍動感が忠実に再現されている。

Fukahori_SpringoftheMoonDetail4

美術作家のRIUSUKE FUKAHORI(深堀隆介)氏。15年前、アーティストとしてスランプに陥っていた彼を救ったのは1匹の金魚だった。彼は自身のこの体験を“救済”にかけて「金魚救い」と称し、金魚をモチーフにしたアートワークを展開している。
なかでも、氏の代表作が、透明の樹脂に直接アクリル絵の具で金魚を描くオリジナルの技法(3Dペインティング)だ。

容器に樹脂を流し入れ、まずは金魚の“ひれ”だけを描く。さらに樹脂を絵の上からかけて硬化を待つ。次は胴体。こうして、描いては樹脂を入れ、また描く。完成までに数カ月を要することもあるという。

世界が絶賛した
日本人の美意識

Fukahori_TheArk04

the ark08

現在、NYの「Joshua Liner Gallery」で個展が開催されている。こちらは個展に向けて製作されたインスタレーションの“方舟(はこぶね)”。アクリルの水の中を無数の金魚が群れをなして泳ぐ姿が印象的だ。

Bosan01

深堀氏が金魚を描く器は、実際に本人が使っていたものや骨董品店で目に留まったものが使われる。器なら何でもいいかと言えばそうではない。器のなかに揺らめく金魚の幻影が見えるものだけを使うと、「WideWalls」の取材に答えている。
たとえ、それが道端に捨てられた欠けた器であれ。深堀氏に言わせると、これも日本の美意識に通づるものがあるのだそう。

 Reference:Deep FlameWideWalls , yfu1999
Licensed material used with permission by Joshua Liner Gallery

同国には、2008年に生き物の権利を守るための法律が細かく制定されていたーーと「The Daily Mirror」が伝えています。たとえば、金魚は社会性が...
日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...