進化しつづける「セックストイ」の最新事情

セックスの頻度において、日本が世界ワースト1位だというのは周知の事実。でも、その認識を深刻に受け止めるかどうかは、実際のところカップルそれぞれの価値観ですよね。

そもそもセックスに興味がないとか、時間に余裕がないなんてことでなく、もしもお互いどこかでマンネリを感じているようなとき、「セックストイ」という選択肢を意識したことはありますか?

こういう分野の事情って、自分から調べにいかないとなかなか手に入らない。そこで、建設的な愛情形成にツールもありだと思える人たちへ、欧米カップルが注目する最新セックストイ「Lovely」のご紹介。

ふたりの性生活向上のための
フィットネストラッカー

0d0938643d24e0f4a0fe8669a4a66b4477b6e06f

Lovelyは、セックスに特化したフィットネストラッカー(身体活動量を計測する健康管理機器)でありながら、いわゆる“トイ”としても機能するウェアラブルデバイスです。まあ、どちらが主目的かということはさておき。

血液を充満させて持続力UP

66f0573d76c38e01fa6357f91fac7b2b5b46bd1f3cb1bbdc34229bfe8bba5a5e7e66674e343554b7

俗に「コックリング」といわれる男性器の根元につけるセックストイと、用途としてはほぼ同じ。セックスをより長く楽しむため、適度なLovelyの締め付けにより勃起したペニスの血流を意図的に遅らせることで、海綿体に血液が充満した状態をつくりだし、勃起力や持続力を高めることを目的としています。

開発メーカーourloveryは、リリースで「ペニス内に充満する血液が、性交中の感覚そのものを高め、オルガズム時の解放感ははるかに鮮明で強烈なものになる」、と豪語する自信作のよう。

性交中も
ピンポイントで振動する

30b01c825b6d9264e525c909fa173b88b3a2e2ae

ただ、これだけでカップルのためのLovelyと呼ぶにはまだ物足りません。女性側への恩恵は?

バイブレーション機能です。ペニスに装着した状態で女性器へと挿入するとき、本体が振動して外陰に触れることで、性交中もピンポイントでクリトリスへの刺激が行われるんだとか。Lovelyの刺激に合わせてゆっくりとポジションを変えたり、テンポや動きのバランスを変えたり、こうして最高の快楽を二人で見つけるのもきっと楽しみのうち。

二人のセックスを
アプリがフィードバック

9efeada0c15381d5f9f3e6778f33bd9cd6eaed8b

さて、前述の通りLovely本来の名目はフィットネストラッカー。専用アプリをダウンロード(Android、iOS対応)すると、性交の時間や、消費カロリーを算出するほか、どのくらい同じポジションでいたのかから割り出した好みのポジション、さらにはお節介にも、次回お試しすべきポジションまで推薦してくれるんだそう。 

価格は169ドル(約1万9,000円)、日本までのシッピングコストはプラス10ドルで可能。もしもお役に立てそうならば、こちらへ。

だけど、なにもこれを手に入れて夜の生活を見直そう!なんて声高に言うつもりはまったくないんです。ただ、Lovely開発者たちからのこのメッセージが、あまりに的を得ていて、世界でもぶっちぎりのセックスレス国民の一人として、正直ちょっとだけジェラシーを感じてしまったもので。

When you talk more about sex, you have more and better sex.

セックスについていろいろ話すことがある人ほど、いいセックスをしているってこと。

Licensed material used with permission by lovely
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
どんなにカラダの相性がいいカップルにもいずれやってきてしまう、倦怠期。それを乗り越えるためには、いつもとは違うシチュエーションを試してみたり、セクシーな下...
セックスセラピストの肩書を持つCyndi Darnell氏の意見は、「夜の営み」に悩むすべてのカップル必見。というのも、マンネリ化したり、義務的になってし...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
セックスについて話すのは、なんとなく恥ずかしくて避けがちなもの。でもパートナーとオープンに話しあうことで、お互いにより良いものになると思いませんか?セック...
米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめ...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
心も体も満たされる、素敵なセックスって素晴らしい。でも、そんな経験ないけど…本当にできるの?と疑問に思っている女性も多いかもしれません。「Elite Da...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
ただの快楽の手段としてだけでなく、セックスは優秀なコミュニケーション手段なのです。あまり得意じゃないなと感じている人はこんな意見を考え方を参考にしてみては...
聞きたくてもなかなか他人に聞けないのが、“性”に関する話題。でも、「YourTango」のこの記事には、女性ライターLindsay Tigar氏による赤裸...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
かなりの好色家、という訳ではないのかもしれませんがアラサー男を代表して、ライターMatthew Farris氏がこう主張します。自分の性癖もカミングアウト...