ひと振りでカクテルが大変身!?ポートランドの「ザ・ビターハウスワイフ」を味わってみた

お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。

ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味は、文字通り、強い苦味がある。「カクテルのスパイス(隠し味)」と呼ばれ、マンハッタンやジンビターズをはじめ多くのカクテルに使われている。

バーには欠かせない存在のビターズだが、最近では、自宅で気軽に楽しむ人も増えてきているのだとか。その中でも、評判になっているのが、ポートランド発のビターズブランド「ザ・ビターハウスワイフ」だ。早速、取り寄せて試してみることにした。

きっかけは
自家製ビター作り?

59cf2453c9b7a3d1f958e88e71aa38ff7633204f

ザ・ビターハウスワイフを立ち上げたのは、バーのマネージャーの経験を持つ女性、ジュヌビエーヌ・ブラゼルトンさん。自家製ビター作りが高じて、ブランドを立ち上げるまでになったんだとか。

89d88efcb97f278b2ecadabfeec4bad3846bdb9e

小さなキッチンで、自ら厳選した素材を漬け込んだハンドメイドビターズは、様々なスパイスが共鳴してとても香りがいい。また、苦みも控えめでまろやか。しかも、人工着色料や人工香料、市販のエキスなどが未使用という点にも好感がもてる。

さあ、カクテル作りに挑戦

Fcdddaf2c133fb3edc502238a6f03a8b74b84798

全6種類のザ・ビターハウスワイフから、TABILABOがピックアップしたのは「ライムコリアンダービターズ」。キャップを開けるとエキゾチックに香る。

これで、ジンをベースにしたカクテルを作ってみることにした。

カクテルレシピ【ジンオールドファッションド/Gin Old Fashioned】
-材料-
・ジン 45ml
・ライムコリアンダービターズ 5ml
・ハニーシロップ(※) 5ml
・ライムスライス 1枚
・炭酸水 120ml

1.※ハチミツ:水=2:1の割合でお鍋に入れ、温めながら良く混ぜる。ハチミツが水に溶けたら完成。
2.グラスにビターズと※を入れてよく混ぜる。ジンと炭酸水を注ぎ氷とライムを加えて完成。

286117d0e17b4592c14cfe3570cf3868d70140be

まず、出来上がったカクテルの香りを嗅ぐと上品さが感じられる。で、一口。わお!口に含んだ途端に華やかさが鼻に抜けていくのだ。飲み心地は、ほろ苦くてちょうどいい。そして、これまでとは違う味の奥行きも感じられる。うん、いける。これなら、仲間を集めてのホームパーティーにもピッタリだ。

瓶のデザインも、まさにオールドファッションで感じがいい。キッチンに置いておくだけで絵になる。ビール、ワイン、シャンパンもいいけれど、既成品ではなくて、オリジナルカクテルを作れるようになればパーティーも一段と盛り上がるに違いない。

編集後記

正直、自宅でカクテルなんて面倒だと思っていたけれど、実際にやってみると簡単。しかも、これが意外と面白いのだ。

ライムコリアンダービターズをひと振りする瞬間、昔、観た映画『カクテル』を思い出した。難を言えばひとつ。主題歌の『Kokomo』が、暫くの間、頭の中でループし続けたことだ…。 

Licensed material used with permission by クロンティップ
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
コレは大ニュース!宙を浮くスケボー、「ホバーボード」が遂に現実に! Reference:KickstarterSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に...