40になった今でも愛用している、30歳の頃「1年かけて探した時計」。

この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品に〈OMEGA(オメガ)〉の腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、間抜けな話でなくしちゃったんです。それがきっかけで腕時計を買おうとなりました。

ビッグフェイスは主張が強すぎて、僕のキャラには合わないな。

シンプルなカッコよさで言うと、パテック フィリップとかいいかも。

でも、背伸びしすぎだよな~。

いろいろ考えて遺品と同じ〈オメガ〉、それも70年代あたりのヴィンテージにしようって決めました。このブランドのこの時期のものって、まだ球数があるし、価格も比較的カジュアルなんです。

ただ探し出すとなかなか気に入ったものがなくって、1年ぐらいかかってやっと見つけたのがこれ。

クラシカルな雰囲気を醸してくれるシルバーとゴールドのコンビが気に入ってます。ベルトや尾錠はブランドの純正がなかなかなくって探して、別で購入したものを。

とくにベルトは、クロコじゃなくてカイマンってところがポイントです。当初はクロコのベルトを使ってました。高級感があって、カッコイイんだけど、本当に毎日つけるから革が傷んでくるんですよ。それで今はカイマンに変更。クロコより安くて強い。オススメです。

ここまで語っておいてなんだけど、40も越えたので、そろそろ次の時計を探そうとも考えています。そうなったら、多分これは大切に保管して、息子が大きくなったらプレゼントすると思います。それぐらい気に入っている時計です。

7ac9b114ec1c6ebc98ef74e893bbbad6c54c26a1144459b0664fa22b5b89aff6dd9918562e40ecdf

米田渉/フォトグラファー
石塚憲之氏、NICK KNIGHT氏に師事。2015年帰国後は、ファッション誌、ブランドカタログ撮影を中心に、映像ユニット「W&Y」での映像制作等、多彩な表現活動を展開中。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...