【超・渋滞回避術】GW、車の移動を諦めていませんか?

視界に広がる車の連なりに終わりが見えなくて、うんざりする…そんなゴールデンウィーク(GW)の幕開けだけは、本当に勘弁して欲しいものです。渋滞から逃れる方法ってあるのでしょうか?

AsapSCIENCEが制作した動画「How Not To Get Stuck In Traffic」が、そのヒントを紹介しています。あくまで交通事故や工事が原因ではない場合、参考程度にどうぞ。

「車間距離」が
早め到着のポイント

64a662f5205f1e05c83828bd0e1e19084a621750

そもそも、なぜ渋滞が起きるのか?道路工事や事故、高速道路の料金所など、やむをえない不可抗力が多いのも事実ですが、どんな状況も、ドライバー自身が気をつけていれば軽減、もしくは防げるもの。そのために意識して欲しいのがこちら、前後の車と均等の車間距離を保って走行すること。

Ac9f4cb47c0c74697ea933ae30775534ab3e36f4

進んでは止まり、また進む。繰り返しを引き起こす原因のひとつは、この赤い車のように、前方を走る車までに車間距離があると思えば、スピードを上げて一気に追いついてしまうから。そうして追いつけば、今度は一気にスピードが落ちる。この緩急が渋滞を生み出す原因のひとつ。

16f6781200d1ff49f0ffaf65bcc57f50ef2cd222

画像左側のように道路が空いていれば、法定速度内のルールはありますが、ある程度自分のペースで走行することができます。が、そもそも密度の高い道路(画像右側)をそれぞれのペースで自動車が走行すれば、どうしたって無法地帯になり、ブレーキの回数も増えて、大きな混乱が生まれてしまうもの仕方ありません。

827b7958a86d129938e0c8b26f7a4e566bc198c7

これは、2008年に実施された渋滞のメカニズムを示す実験の様子です。最初は、円形の道をどの車両も決められた速度を維持しながら運転していました。こうして、均等に車間距離を保っていれば、同じスピードで延々と周回を続けることができます。

3c17a104df9d1676cdbdb6c421f57f4a89e86c0f

次に、数人のドライバーにスピードを上下げさせるよう指示を出しました。結果がこちら。均等に円を描いていた図はあっという間に崩れ、すぐに一部で渋滞が発生しました。ドライバーが一定間隔を保とうとしない、ないしは規定の速度を守らないと、どこかで渋滞が生まれることが分かります。

と、いうところまでを動画で見たこれは私の感想。

早く目的地に到着したいという思いから、ついついスピードを出したくなる。けれど、その先に待っているのが渋滞ならば、むしろ一定のスピードを保っていた方が、結局は滞りなく目的地までたどり着けたりして。

海外では、すでに
改善策として実施されている
 

3c57a8f7b3ae914a834b1878c49c900343813424

ベルギーやオランダでは、ハイウェイなど警察車両が一定の速さで走ることで、後続車のペースを守らせる取り組みもあるようです。ロサンゼルスでは、車が一定に走るよう信号を調整したことで、日々の交通渋滞が約14%緩和したという結果が発表されました。これらは「ブロック・ドライビング」と呼ばれ、有力な改善方法と考えられています。

自分を過信せず
「配慮」を忘れないで

さらに、ドライバーの意識の問題にも動画は迫ります。よく「車に乗ると人格が変わる」という人がいますが、むやみにあおったり、イライラをつのらせる、それとて渋滞の一因と考えられる、だそう。

D748a741aa616434a3a1e339a87c7ad04d1d343d

約80〜90%の人が、周りよりも自分のことを優れたドライバーだと認識する傾向にあるようですが、自分が渋滞を引き起こしている当事者のひとりであることを忘れてはいけません。車に乗っていることで、「人と人」が対面している意識が薄れてしまうのでしょう。

しかし、混雑時の運転であっても、運転しているのは人と人。お互いの気遣いやコミュニケーションによって改善していく方法があるはずです。つまり、そのイライラが損になることをお忘れなく。

多くの人が、行楽地へと向かうGW。はやる気持ちがアクセルを踏み込む力に変わると、結果的にそこに渋滞の火種をつくることになりかねず、車中の空気も悪くならならないとも限りません。

急がばなんとか、どうぞみなさん安全運転で。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
週末の高速道路。事故渋滞で上下線共に通行止の大渋滞。これだけでもう、巻き込まれた人たちの気持ちに察しがつくもの。ところが、ある4人の機転で、その場にいた誰...
「GW(ゴールデンウィーク)」。なんてスウィートな響きでしょう。素晴らしい大型連休までのカウントダウンが、今年も始まりました。気分はウキウキで、仕事中でも...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
2015年12月28日にYouTubeに投稿された動画の内容が考えさせられると話題だ。あの世界一有名なイタリア人男性と言っても過言ではないマリオブラザーズ...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
GWも後半になると、日常に戻って欲しくない…なんて心の声が聞こえてくるものです。けれど今年のGW最後の土曜日にあたる5月6日は、「みずがめ座流星群」という...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
上の写真。きっと、ほとんどの人はこう思うはずです。「なぜ、砂浜にこんなものが!?」分かりますよ、その違和感。でも、答えはいたってシンプル。なんとここ、車で...
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
暑い夏にドライブをする悩み。それは、少しの間でも日向に駐車すると、車内が異常に暑くなること。僕は、いざ帰ろうとした時にあのモワッとした空気を感じるのが大嫌...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
夢に出くる「車」は人生におけるあなたの原動力を示しています。車の種類や色、状態、シチュエーションによって、夢の示す意味が変化します。同じ夢でも、夢の印象に...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...