CMのように、車で砂浜を走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」

スクリーンショット 2016-01-05 16.54.04

上の写真。きっと、ほとんどの人はこう思うはずです。「なぜ、砂浜にこんなものが!?」

分かりますよ、その違和感。でも、答えはいたってシンプル。なんとここ、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのだそう!

バスやバイク、自転車もOK!
“なんでも走れる”砂浜

スクリーンショット 2016-01-16 16.48.13

ここは、石川県羽咋市にある「千里浜なぎさドライブウェイ」。車種に関係なく走行できる、なんとも珍しい砂浜です。

スクリーンショット 2016-01-05 16.55.42スクリーンショット 2016-01-16 16.48.25スクリーンショット 2016-01-05 16.54.43スクリーンショット 2016-01-16 16.48.00

つまり、バイクやバスだって走行OK!

スクリーンショット 2016-01-05 16.55.51

全長は約8キロ。車で走れる秘密は、砂のきめ細かさにある模様。

スクリーンショット 2016-01-16 16.47.48

スクリーンショット 2016-01-05 16.55.35

沈む夕陽を見ながらのドライブは、かなりの感動もの!?

スクリーンショット 2016-01-05 16.55.17スクリーンショット 2016-01-16 16.46.44

「自動車×砂浜」って、CMだけの世界だと思っていました…。

スクリーンショット 2016-01-16 16.47.35スクリーンショット 2016-01-16 16.47.27

スクリーンショット 2016-01-05 16.55.26

このビーチが面白いのは、ただ車で走れるだけではなく、夏場には他と同じように海水浴や潮干狩りを楽しめる点。実は、大勢のカップルや家族連れで賑わう、北陸屈指の海岸なのだとか。

あなたもぜひ、ここでしか体験できない不思議な感覚を味わってみて!

Reference:羽咋市
Licensed material used with permission by m1k1.le0r_gemo , 
kazutan.35chanmiwo , launen.4884 , 1992golf , matsuki1979maam_maam77 , e_ichiro6205watoei_32kanekob , koto.ri sa0ri_iisato_cot

あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
暑い夏にドライブをする悩み。それは、少しの間でも日向に駐車すると、車内が異常に暑くなること。僕は、いざ帰ろうとした時にあのモワッとした空気を感じるのが大嫌...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
普段は会社員として広報業務をこなしながら、数々のWEBメディアでライター業をこなす石川真弓さん。現在はHDR写真についての著書もヒット中。そのマルチな活動...
時間やお金を節約したいと思えば、欲しい洋服やアクセサリーなどの買い物を我慢すればいいですよね?けれど、食品や生活用品となれば話は別。どんなに忙しくても行か...
コーヒーチェーン、スターバックスの店員さんの接客対応が素敵なことは、ヘビーユーザーでなくとも周知の事実かもしれません。そのホスピタリティを体現するエピソー...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...