完全オーガニックな「学校給食」が登場。石川県・はくい市が全国初の試み

あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学校で実際に振る舞われた、これは給食です。

この日、児童・生徒1,445人が、全国で初となる「自然栽培」を取り入れた給食を口にしました。

無農薬、無肥料、無除草剤
完全オーガニックの給食

Reference:羽咋市役所

この“特別な献立”は、1月24日から30日の「全国学校給食週間」にちなんで、羽咋市が「JAはくい」とのタイアップで企画したもの。いったい、何が特別だったかといえば…子どもたちが食べた給食は、無農薬かつ化学肥料も使われていない、土に備わった自然の力のみで育てられた米や野菜。つまりは完全オーガニックな食材を用いた給食だったから。さぞかし美味しかったことでしょうね。

これらはすべて自然栽培で育てられた食べ物。こう聞いて「?マーク」が頭の上に浮かぶ人のために、ちょっとおさらいをしていきましょう。

土のパワーだけで育てる
「自然栽培」とは?

E696997c92d8161cc7a64522358409f7f94795ee

※画像はイメージです。

「オーガニック」を唱う食品のなかには、無農薬だけど化学肥料を使用しているものがあります。「有機」と「無農薬」においても栽培された農地に関する細かな違いがあるなど、きちんと分類していくと、意外にこれらの解釈って難しい。
一方、自然栽培の定義がこちら、「無農薬、無肥料、無除草剤」であること。純粋に大地が持つ自然のエネルギーを活かすことを基礎とした農法なのです。土にも種(や苗)にも、本来持つ生命力をいかんなく発揮できる環境づくりを整えてあげる。それだけに、大変手のかかる農法でもあるようです。


農家始めませんか?
市からの手厚い営農支援

9e8c2c53011c98df3aef809b4b44d4b97e41a825

※画像はイメージです。

こうした土壌づくりも農作物の生産も難しい食材を給食に用いたのには、もちろんワケがあります。でも、その前にあるチャレンジに目を向けてみましょう。

羽咋市は、独自に「自然栽培新規就農者支援」という、農業従事者への画期的な支援制度を導入しました。自然栽培に共感し、この土地で新しく農家を始める人に対し、農地の紹介や作業機器の買い上げ支援、空き家の斡旋、助成金の交付など、国の補助に上乗せした手厚い営農支援が受けられるという制度です。

市とJAがタッグを組んで、自然農法を志す農家を地域でサポートしていく体制が整っているーー、それがこの根源的なオーガニック栽培を地域ブランドにしたい羽咋市の思惑でもあるのです。

「地方創生」の切り札に

Reference:羽咋市役所

こうまでして、羽咋市が自然栽培の普及に力を入れる理由。余喜小学校を訪問し、生徒と一緒に給食を食べた山辺芳宣市長はこう語りました。

「農業といえば、これまで生産量が重視されてきましたが、最近は量より質。自然栽培は安全性を追求しており、質の面でトップに立てると考えています」

地方創生の要となりえる事業として、これまで自然栽培に取り組んできた羽咋市が、学校給食に自然栽培した米や野菜を出す。全国に先駆けたこの試みが、「石川の食文化に自然栽培野菜あり」を印象づける布石を打ちました。

地産地消という概念に加え、より安全な土着の味をかみしめる。こうした食育への取り組み、全国に広がっていくといいですね。

Reference:羽咋市役所

※トップ画像はイメージです

完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
食べるときは「いただきます」。食べ終わったら「ごちそうさま」。食事は残さず食べること。使ったお皿は、自分で片付けよう。これらは、私たち日本人が食事をする時...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
と話題になっているのは、群馬県利根郡みなかみ町にある、猿ケ京小学校をリニューアルした宿泊施設です。2008年に惜しまれつつ廃校となりましたが、2012年に...
あなたは「自分探し」をした経験がありますか?私は、新卒で入社した大好きだった会社を、一年半で退職しました。ただただ、社会人というキラキラした世界に憧れ「本...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです...
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切...
2011年に開業した『青果ミコト屋』は、横浜市青葉区に拠点がある無店舗型の八百屋。サラリーマンだった青年2人が、なぜ自然栽培の野菜を扱う八百屋へと転身した...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...