100%オーガニックな「学校給食」が米で開始。しかも、ほぼ無料!?

完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわりようだ。学校給食問題に、今エココンシャスが浸透しようとしている。話題の記事をチェックしてみよう。

organic-school150825-02


アメリカの学校給食の現場は、近年、政治的な代理戦争の場となっている。学校、生徒、父兄、議員、そしてミシェル・オバマとの戦いとも言える現状だ。
学生たちのためとは言え、栄養基準を改革する圧力は強さを増す一方。「ヘルシー・ハンガー・フリー・キッズ・アクト(アメリカ公立学校給食制度)」の影響で、現在アメリカで給食を提供する学校では、全粒穀物が多分に含まれ、カロリー、トランス脂肪、飽和脂肪、ナトリウムが少ないメニューが提供され続けている。

しかし、カリフォルニア州マリン郡、サウサリートマリン地区の生徒だけは別。この秋、ファーストレディが推奨する基準値をはるかに超える、全米初の「学校給食」が提供される予定だ。
非遺伝子組み換え食品にこだわった、「100%オーガニックな食材で調理した給食」を子供たちに提供する。このプロジェクト導入に際して約2年間、地元学校のベイサイドMLKジュニアアカデミーが、試験的にオーガニック給食を実施。その結果、学生の約95%が無料で、もしくは割引価格で完全オーガニックの給食を提供できる試算がついたという。

Fresh vegetables

じつは、この地区の学生数はわずかに500人ほどと少数。さらに、低所得者層の親を持つ学生も少なくない。マリン市でも、貧困層が多く生活する地域だ。
たとえば、156人の学生がいるベイサイドMLKジュニアアカデミーでは、両親の平均世帯収入が約39,000ドル。これは、マリン市全体の平均90,000ドルに比べても、はるかに少ないことがお分かりだろう。ちなみに米国での平均世帯収入は、2014年の統計によると約51,939ドル。

こうした現状にあって、サウサリートマリン地区を選んだ理由。それは、学校給食における食材の質の向上に、地域財政が逼迫しないかどうかを判断するためだった。
米国農務省(UDSA)の調査では、2011年から2012年の間に全米の学校のおよそ43%が、地元の農家から食材を買い上げている。額にしておよそ354万ドル(約4億2千万円)、全国で合計38,600校がスクールプログラムに参加している。
低所得者層が多く生活するサウサリートマリン地区においても、地産地消のオーガニック食材にこだわった給食を提供するためには、重要な指標だ。そして、結果的に資金面でクリアの見通しが立った。

さらに、農業従事者たちは、USDAからの資金調達を受けて、無農薬栽培や有機農法に切り替える生産者が増えてきた。こうした例はカリフォルニア州に限らず、例えば平均世帯収入36,835ドルのバージニア州ハリソンパーグでは、公立学校が地元の農場から牛を買い取り、牧場に委託し、有機肥料で育てた牛のひき肉を使った給食メニューを提供している。こうした官民一体のプロジェクトが、徐々に全米に広がりつつある。

Story time

ところで、マリン郡の学校では現在、「若者の教育と食品の調達」に重点を置いている。持続可能な食品生産がもたらす学校教育を研究調査するNPO団体「Turning Green」に全面強力を依頼し、食品調達のアウトソーシングを開始。驚くことに、2年前に試験調査を開始して以来、ベイサイドMLKジュニアアカデミーでは、学校教育における規律の問題が67%減少した。オーガニック給食に切り替えたとこで、「非行に走る学生が減る」というのは、興味深い結果ではないだろうか。

「どこの学生だって、残留農薬や環境有害物質の危険にさらされています。このプログラムはUSDAの栄養基準をはるかに超えるだけでなく、大地と子供たちを結びつけ、地域に根ざした教育がこの結果につながっているのかもしれません」

Turning GreenのエグゼクティブディレクターJudi Shils氏が、「EcoWatch」にコメントしたこの言葉の裏には、「地球環境と子供の健康、両方が揃って初めて、このプログラムは機能する」ことを意味している。

take_part_logo_closed_100313 (1)

Licensed material used with permission by take part

あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
食べるときは「いただきます」。食べ終わったら「ごちそうさま」。食事は残さず食べること。使ったお皿は、自分で片付けよう。これらは、私たち日本人が食事をする時...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
と話題になっているのは、群馬県利根郡みなかみ町にある、猿ケ京小学校をリニューアルした宿泊施設です。2008年に惜しまれつつ廃校となりましたが、2012年に...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
あなたは「自分探し」をした経験がありますか?私は、新卒で入社した大好きだった会社を、一年半で退職しました。ただただ、社会人というキラキラした世界に憧れ「本...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
アイオワ州ダビュークで行われたコミュニティイベント「Back to School Bash Community」に出店した理髪店「Barber Court...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...