日本人のクレイジーな探究心。「粕ふぐの子」のお茶漬けで〆たい

「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったもので、海外の人から見たクレイジーな日本の食べ物ランキングで、生卵や納豆に並んで紹介されるのが、フグ。

猛毒のある魚を好んで食べる日本人が、海外の人たちからは非常に奇異に映るようです。

猛毒の中にも美味を求める
日本人の探究心

D49476ed7c216310fff3562ee5b37f95708da937

実際は、魚種ごとに皮や血液などの危険部位を取り除けば安心して美味しく食べられる食材ですが、日本においても肝と卵巣はほとんどのフグで有毒部位のため、厳重に管理して廃棄されるのが普通です。

しかし福井や石川では古くから、卵巣を塩蔵したあとに糠漬けにすることで毒抜きをした珍味が、古くから食されていました。いわゆる「鯖のへしこ漬け」と同じ手順でふぐの卵巣を漬けたもので、未だに無毒化する理由もはっきりしていない、とも言われるなんとも不思議な食べ物なんです。

お茶漬けで贅沢に〆
自宅で楽しめる料亭の味

6be1354c9fd1c7fc735b040f34241901ce9ae85f

塩がしっかりと効いた旨みの強い味は、ご飯のお供はもちろん、酒の肴にもぴったりです。でも、何より「ふぐの子糠漬け」がその真価を発揮するのは、お茶漬けです。

海苔を散らして濃いめに淹れたお茶をかけると、卵巣から旨みがしっかり出てきて、自宅にいながらまるで料亭で〆の1品を頂いているような味わい。大丈夫だとわかっているけど、少しだけドキドキしてしまう気持ちも含めて、じっくり味わうべきものなのでしょう。

毒のある魚の中でも、とくに一番毒性の強い部分を何とかして食べようとする、昔の人々の探究心には驚かされるばかりです。

Ce7bcb251b4535a2416a139d2f71c55126e7a1f7

購入は、油与商店より。

Photo by Kenji Fujimaki
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い...
確率5,500万分の1。この数字、一体なにを示したものかわかりますか?実は「五つ子の妊娠確率」なのですが、このたびそんな“生命の奇跡”を経験したのは、オー...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
「亀の子束子(たわし)」といえば、株式会社亀の子束子西尾商店が世に送り出した一大ヒット商品。「亀の子は他店の三倍持つ」と称されるその耐久性は、100年以上...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「2日間、排気口の中から子ネコのような鳴き声が聞こえる」そう思ったレストラン従業員は、NPO団体、Animal Aid Unlimited Indiaに助...
50年以上前、アメリカ音楽界に衝撃を与えた「SUKIYAKI」。その数年後、日本の醤油メーカーが現地に乗り込みアレンジしてできたのが「TERIYAKI」。...
スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をして...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
平凡で落ち着いた恋愛と、愉快で変わった恋愛。あなたなら、どちらを選びますか?「Elite Daily」でPaul Hudsonさんがオススメするのは、ちょ...
カリフォルニア州「The Gorilla Foundation」で暮らす雌のローランドゴリラのココ。彼女の44回目の誕生日を記念して、飼育スタッフは子ネコ...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。ディズニーで働く彼の視点から学べるこ...
スーパーで売られているお肉を見ても、どんな姿で、どう暮らしていたかまで想像したことなんてない。食事の時「いただきます」って言いながらも、あまり感謝していな...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
画像投稿サイト「Imgur」にアップされた、子ネコの画像が話題になっています。とある雨の日。フランス在住のKlaanさんが、道を歩いていると…へその緒がつ...