「生き返った男性」が森を生き返らせる

もし自分が病気か事故で一度死にかけて、その後「第二の人生」を送れるチャンスを得たとしたら、何をするだろうか。

アメリカのカリフォルニア州に、病気で命を落としかけて生き延びた後、木を植えて森を再生しようとしている男性がいる。彼の名前はDavid Milarch。では、なぜ木なのか?彼がそこに至るまでの想いを紐解いてみよう。

「私は一度死んだことがある」

F1c9a1cc3052abee6c13c36fb2ba8ce1746619415d4542a1ef78855d2122fb4cf10607baf16f22e7

「かつて一度、腎不全で心肺停止したことがあるんだけど、驚くことに生き返ることができた。生きることを諦めてはいなかったんだ」

それが、森林再生とどう繋がっているのだろうか?

彼が植えているのは、スギ科のレッドウッドだ。「切り倒して焼いたとしても、レッドウッドを死なせるのはほぼ不可能なんだ」。そう説明するこの木に「不思議な縁を感じる」という。

「過去からの遺産」が
約95%失くなる

95902096ef2b413946a61bb504fbe9adba0771a1

米内務省の、国立公園に関するHPによると、カリフォルニア州沿岸に生息するレッドウッドは、110m以上にまで育つものもあるという。通常は600年ほど育つが、2,000年までいくものもある。

Davidさんのプロジェクトを映したショートフィルム『Moving the Giants』によると、元々生息していたカリフォルニア州の北部とオレゴン州南部にあったレッドウッドの、約95%が切り倒されて消えてしまったという。それらは、机やフェンスなどに使われている。 

「破壊の代わりに保護を」
自分たちの手で森を作る

B6f30b64dbd07f582b1ef1892989808514473f4965af6e68a4592ba47f238a50ff07a7b565ce4e12

Davidさんがレッドウッドを植え続けることには2つの目的があるという。

1つ目は、地球温暖化で多くの森が枯れてしまう可能性がある中、レッドウッドを保護していくということ。

2つ目は、私たち人類のため。二酸化炭素の拡散を防いでくれる役割を果たすこの木を守るということは、長い目で見ると自分たちのためでもあるということだ。

そして、このプロジェクトは大人だけのものではない。これからの未来を担う子どもたちも参加していて、「小さいレッドウッド」を植えることをとても楽しんでいるという。

命を失いかけた事がきっかけで、失われた森を再生するため奮闘するDavidさん。最後に、彼の言葉を紹介します。

「もし私たちが考え方を変え、すべての自然を破壊する代わりに、守り共存する道を選べば、ひ孫やさらにその子どもたちが、感謝してくれることだろう」

一般的に知られている逆再生動画は、魔法のような不思議さをウリにしているものが多く、そのどれもが緻密な計算の上に成り立っていると思います。風景を撮るにしても...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...
夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
ロシア人アーティストKnavishkolaは、みんなにもっと身近な幸せに気づいてほしいと、このアニメーションを作成しました。わずか1カ月ほどで1億回もの再...
「イカの踊り食い」といえば、細長く切ったゲソが一般的。でも、ここで紹介するのは、“下半身”をまるごとを乗せた「活イカ踊り丼」です。これがいま、特に海外で話...
きっと多くの人が見慣れているのは、小豆ときなこの“2色”のはず。でも、以下の整然と並べられた“丸っこいものたち”だって、み〜んな「おはぎ」なんですよ!くる...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
プロジェクションマッピングといえば、「建築物」に映像を投影するのが一般的。たとえば、東京駅の事例「TOKYO STATION VISION」がわかりやすい...
一度価値を失った何かに、新たな命を吹き込み蘇らせる──。一見するとゴミとしか思えないモノを、回収・再生して作るプロダクトが増えてきた。ここで紹介する取り組...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...