プロのカメラマンが使う「カメラアプリ」5選

スマホの性能がグンっと向上して、さまざまな機能が専用品すら凌駕するようになってきた昨今。

その筆頭とも言える「カメラ機能」は、多くのカメラマンやカメラ好きの人たちが「一眼レフ不要説」を唱えるようになってきたほど…。

そんななか、重たい一眼レフを片手に「Lovegraph(ラブグラフ)」のカメラマンとして活動する私は、プライベートでも一眼レフを抱えつつ、スマホでも写真を楽しんでいる。

それは、

・撮りたいときにすぐ撮れる
・持ち運びがラク
・カメラ感がなく、音まで消せる
・すぐにSNSに投稿できる

というような「スマホだからこそのメリット」を活用したいからに他ならない。ということで、スマホだからこその写真を後押しするカメラアプリを紹介していきたい。

【撮影編】

01.
「シンプルカメラ」

iPhone、とくに7はスピーカー性能の向上に伴い、カメラのシャッター音が非常に大きい。落ち着いたカフェでランチの写真を撮りたいときや、赤ちゃん、ペットを撮影したいときに困ったことはないだろうか。

そんなときに使えるのが、無音カメラアプリだ。いろいろリリースされているけど、なかでもオススメしたいのが「シンプルカメラ」。

無音であることに加えて、以下の4点が優秀なのだ。

1:手ブレ補正
2:高画質
3:起動が早い(2秒程度)
4:細かな設定ができる
・ズームやグリッド表示、解像度変更など
・フラッシュのオン・オフ
・セルフタイマー
・縦横比変更
・カメラ切替
・カメラロール
・望遠・広角の切替
・シャッターボタン
・カメラ・動画切替

つまり、街中を歩きながらのスナップ撮影にとても適している。

1b9d1b4fc18dd7512d54bbe26b09bdd16948b854

ひとりで街歩きするとき、友だちと買い物に出かけるときにも、このアプリならカメラ感を出し過ぎずに日常を切り取れるはずだ。

A73a9574ba0525b5d064660f4baff70d2f9ccdc2

シンプルカメラ(App Store)(Google Play

02.
「ProCamera」

こだわり派のスマホ最強カメラ。上で紹介した「シンプルカメラ」は、スマホカメラの手軽さを加速させる。だけど、絶景を目の前に一眼が手元にない…!そんなときは、スマホカメラの性能を最大限に活用できるこの「ProCamera」がオススメだ。

このアプリのポイントは、基本的な設定機能に加えて

1:シャッタースピード変更
2:ISO感度の変更

ができることだ。

スマホカメラや安価なコンデジとの大きな違いは、撮影時に上記のようなカメラのセッティングができること。シャッタースピードが変えられれば、水の流れを表現したり、光の道筋を浮かび上がらせることができる。

Be3f64bd3b51323a5a12b8bbfae700485a6ead09

ISO感度が変えられれば、暗闇の星空を映し出すことも、薄暗いパーティ会場での笑顔を美しく捉えることができる。

8f77703c740fea32bb0f919ada5c191ff90c298e

スマホを使って一眼レフのような写真を、と考えるときには一番のアプリだ。

ProCamera(App Store

【編集編】

03.
「Snapseed」

画像編集ソフトに代表される、Photoshop。そんな編集をスマホでできたら…と考えたことはないだろうか。タップで簡単に様々な編集ができるだけでなく、Photoshopに勝るとも劣らない加工技術を備えている、それが「レイヤー加工」だ。

レイヤーとは、画像編集の「層」のようなもので、編集済みの画像を一つひとつの編集という透明なフィルムを重ね合わせたようにイメージした場合、フィルム1枚1枚を指す。

言葉では難しいので、画像で説明してみよう。

D69fd266de40173ff9f9e1d590999472eb7273ca

アプリを開くと、このような画面が開きカメラロールの画像が表示される。右下にあるペンのマークが編集画面になっているので、ここをタップすると…

Dfb76955a83aa370cd3f011863f5a33c78145fe1

様々な編集操作や、フィルタの選択画面が出てくる。ここでは、フィルムカメラのような加工フィルタを選択。

0d047d9ec7909ef95c0f24f3abff75229b8c5a15

併せて、モノクロのフィルム加工を重ねる。

8cdd2e39dd5781c086932414dcbda60daad30473

その後、画面上のマークをタップ。

2d0cb9429a899bf7f063125c978bb84999917403

この画面で編集表示をタップすると、これまでの編集が項目別に出てきます。

D7e92a3f5450ca38db84c55a78141d0b74c82a04

そこでブラシマークをタップすると、

44c7644b0b87b7ef4c48e1f668558ce46a91d2d3

編集項目の処理範囲を自由に選択することができる。

5ab899b9a24cadee3cc85070adea5a4966298743

最後に、処理をしたモノクロの適用範囲を雑誌以外に指定。こうすることによって「フィルム風フィルタ」のみ全体に適応し、「モノクロフィルムフィルタ」は雑誌以外の部分に適応させた。

今回は分かりやすくモノクロの適応を処理したが、レイヤー処理を重ねることによって非常に幅広い写真表現が可能になる。普通の加工編集に飽きてしまった方はぜひ。

Snapseed(App Store)(Google Play

04.
「Photo Blender Pic Editor」

様々な画像フィルタと透明効果を組み合わせて、モンタージュ写真を作ることができるアプリ。

Dda32002bc8188c8875444e2d8f94c3dddf73e2f

アプリを開くとこのような画面が開き、下部にフィルターがまとめられている。

E869152140f41e6ae2ef169ccd45ab06c1e23022

ここをタップすると、風景や街、人物などの画像フィルタが展開できる。

040f0d5e0f68f8fd04cc62d29a41c8c05e57725f

画像を選択し、重ね合せる範囲や位置、映し出しの濃さなどを調整できる。貼り付けのあと、チェックマークを押すと最初の画面へ戻るので、星マークをタップ。

Cd75eba4997eef820565ad3f33941bb2489f2f5aC8548239b1d2ec8f47bf9fff0d9783e2a5bea2e0

ここでは、レンズに入る光を表現した画像フィルタが用意されている。フィルムカメラのフレアのようなイメージを選択。

8af3f2166ddb4429762227b5de7e7ddd771a455b

これを使えば、手軽にアート写真を作成することができる。写真の雰囲気をサクッと変えたいときにはオススメだ。

Photo Blender Pic Editor(App store)(Google Play

【その他、撮影に使えるアプリ】

05.
「StarWalk2」

このアプリは、星や星座、天の川を見るのに適したもの。

159e6548203ac830096b71d33bcd40580f0d799f

真っ暗な中で見れば、立派なプラネタリウムになるようなアプリだが、じつは真価はそこではない。

7f25402a263e3f6d51d4fe409d47e776fba93eb3

右上のカメラマークをタップすると…

5d74820b29e63af2e68bc7055993ca0b9cdfdb68

よく晴れた夜、うっすら星が見えるときにカメラを空へ向ければ、その方角にどんな星や星座があるのかを映し出してくれるのだ。

部屋のなかでも、満天の星がそこに。

46b7dec3573fa0aea416d3eaa8ef4ffd8017329b

またそれだけではなく、時間経過に併せてどのように星が流れていくのかも見ることができる。天気のいい日には、このアプリを片手に外に出れば、いつ、どこに、どんな星が現れるのかがすぐに分かる。

一眼レフで天の川を撮りたい日や、友人とのキャンプで夜空を見上げた日に試してみよう。

StarWalk2(App store)(Google Play

自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
毎年、お盆のシーズンの定番になりつつある「ペルセウス座流星群」。世界各地でも美しい流れ星に魅了される人々は多いようです。 オランダの写真家Albert D...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
簡単に説明すると、一眼レフの最上位機種並みの写真がスマホサイズのデバイスで撮影できます。が、この「Light L16」を説明するには、それだけじゃ言葉が足...
結婚式は一生に一度の晴れ舞台。大切な思い出を美しく残すため、プロのカメラマンを雇う人はたくさんいます。でも、自分たちのことをよく知る参列者から集めた写真だ...
19ヶ月のスタンリーくんは、カメラに興味津々!それもそのはず、スタンリーくんのお父さんはプロカメラマンなんです。なんとか持てる…というほど大きい、お父さん...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
この動画は、いわゆる結婚式の一日を映したものですが、ちょっと普通じゃないウェディング・ムービーに仕上がっています。なぜかと言えば、全編に渡って犬の視線で捉...
世の中に便利なデバイスは数多い。とくにウェアラブルカメラやドローンのジャンルは、ここ数年で一気にブレイクした感があります。が、ここで紹介するのはもう一歩先...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
ぐねぐねした体の先に、輝く「ひとつ目」。このキュートでチャーミングなデバイス、じつはカメラなんです。一般的なアクションカメラはとても頑丈で防水も完璧ですが...