【3日に1度でOK!】ニオイやうねりに「炭酸オイルシャンプー」を薦める理由

いつもなんとなく髪がサラっとしない。飛び乗った満員電車で、ムッとしたニオイを放っていないか気になる……蒸し暑くなってきたこの季節、頭皮に密かな悩みを抱えている女性は少なくありません。

 そのニオイ、
頭皮に雑菌が繁殖しているからかも?

E77fa01ad2dce6afeb07ca7332724facd2073a90

事実、湿気が多いこの時期は、頭皮に詰まった汚れに雑菌が繁殖しやすいんです。毎日シャンプーしていても、夕方にはニオイが気になってしまうという人は、根本的な頭皮の洗浄ケアが出来ていないからかもしれません。

だからといって、ゴシゴシと強く洗いすぎたり、朝・晩と洗浄力の強いシャンプーを使うのは頭皮にとってむしろストレスになり、極端な乾燥や、余分な脂を生み出す原因になってしまうことも。

ニオイの原因を効果的に取り除く
「炭酸のチカラ」

Ec5078f8296a17eb3d8b02d1a22378c3c44571ba

そこで取り入れてみてほしいのが、高濃度炭酸オイルクレンジング&シャンプーの『Le ment』。3日に1回だけ、いつものシャンプーの代わりに行う、スペシャルケアの提案です。

炭酸シャンプーの超微細な泡が、普通の泡では入り込めないところまで浸透して汚れを除去。ニオイの原因となる過酸化脂質を取り除き、雑菌の繁殖を防いでくれます。

泡の効果を高めるために、入浴前に軽くブラッシングをし、たっぷりのお湯で1分ほど予洗いをしましょう。自分の力では作ることが難しい超微細泡が、毛穴の奥まで洗ってくれる感覚を味わえるはずです。

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

洗浄力だけじゃない
「濃密泡」の実力

6d05582f7cbb2beece547a5492bd88d91c033e63

逆さにしても手から落ちない、むちむちのキメ細やかな泡。ここには高濃度炭酸に加えて、保湿成分のリピジュア、キューティクル補修成分のケラチン、ノーベル化学賞受賞成分フラーレンなど厳選された美容成分と、アルガンオイルなどの高級レアオイル、オーガニック植物エキスをはじめとした10種類の植物エキスが含まれています。

洗浄力だけじゃなく、ヘアケアの観点からもよく考えられた配合なのです。洗い上がりの髪からは、女性らしい香りがふわっと漂いますよ。

梅雨のもうひとつの悩み
「うねり」にも負けない髪を育てる

B189f1f3bf628bfa3683f4956d4b916ca81618b2

ニオイだけではありません。湿気の多い季節には、うねりも悩ましいですよね。梅雨の季節には仕方ない…と諦めていますか?実は髪に栄養が行きわたって健康な状態であれば、うねりは最小限に抑えられるんですよ。

そのために必要なのはまさに健やかな頭皮。「Le ment」なら、超濃密泡の洗浄力がクリアで健康な頭皮を保ってくれます。さらにキューティクル補修成分が、傷んだ髪にも栄養を届けて守り、うねりに負けない髪を育ててくれますよ。

6e66b68a2e8c99e1890895b12ceb5ca43a39555c

超一流モデルも愛用する自宅ケアが
1回たったの53円で

6073c09972b8b6c0230f2871d81776452532c294

実はモデルの紗栄子さんや山田優さんも愛用しているという「Le ment」。超一流モデルも取り入れる自宅ケアが、1回あたりたったの53円で始められるのだとしたら…?

3日に1回、普段のシャンプーの代わりに行うだけでOK。初回は半額の1,200円(税抜)で購入できるだけでなく、継続するごとに特典もついてくるから、とってもお得。今年の梅雨こそ、ニオイにもうねりにも負けない美髪を手に入れませんか?

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
中東の国イランにおいて、コーラよりも名の通った、老若男女に愛される飲み物があります。それが「ドゥーク」。例えるならヨーグルトをサイダーで割ったような味。ヨ...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとした...
私が最初に出会った「アタシ社」の本は、『髪とアタシ』でした。美容雑誌なのに、なぜ渋谷・青山エリアではなく離島の美容室!?美容雑誌なのに、リーゼントに角刈り...
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...