始末が悪い「クールすぎる女」7タイプ

ハッキリしない関係ばかり続けている女性は、注目です。

その不安定な関係は、自分の態度次第で改善できるのではないでしょうか。ステップは簡単。Candice Jaliliが「Elite Daily」に綴る7つの行為を避けることで「都合のいいオンナ」と思われることを回避しましょう。

中途半端な関係を数回持った末に、ようやく幸せな恋愛にこぎつけたと語る彼女だからこそ、説得力のあるアドバイスです!

01.
「話したくない」の
ひとこと

D3129d0042d43f06265982f5213741463386449a

気になっていることがあっても、話し合いたくないときってありますよね。それは、自分の感情を表に出すことに対する恐怖心です。

メールだったら何度でも書き直せるし、友だちからの修正だってもらえますが、いざ話し合うとなると、口にしたことは取り返しがつかなくなります。

そのため「変なことを口走ったらどうしよう?」「彼も好きって言ってくれなかったらどうしよう?」「泣いてしまったらどうしよう?」と、様々な不安が押し寄せてくるもの。

ひとつアドバイスができるとすれば、話し合わないほうが状況は悪化する、ということ。

私は話すことを恐れていたせいで、何週間も状況が把握できない「不安定な関係」を続けてしまいました。相手からしてみれば、私は気楽に見えたかもしれません。でも内心はヘトヘトで、最終的に相手も話し合うことを避け、関係は自然消滅してしまう。

02.
平気なフリを装う

スッキリしない関係に決着をつけようと話し合う機会を設けたとき、計画通りに進まなかったことを今でも覚えています。彼を問いただして返ってきたのは「納得いかないの? 僕は満足しているけど」という返事。

そこで私は「正直ぜんぜん納得いかないし、つらい」とは素直に打ち明けず「そう。あなたがどう思っているか聞きたかっただけ。どうでもいいんだけど」とクールに合わせてしまいました。

ただ「なんでもいい」と返したせいで、関係が修繕されるわけもなく…。最終的には音信不通になって、彼は他の子に乗り換えてしまいました。

「なんでもいい」と言いながら、本当は彼のことを想っていたから、傷つくハメに。結局、そのせいで彼からのリスペクトも失い、都合のいいオンナになってしまったのです。

03.
嫉妬させようとする

Db74fafa3deb088041b7355cc5c6ead6848b83c3

大学のときは、好きな人を落とすため「好きでもない人に好かれているのアピール」を必死でしていました。

「彼にパーティに誘われてね」とか「元カレが主催するパーティに行くの」なんて言って、本命の人を嫉妬させようとしたことも…。選択肢がたくさんあるように見せつけようとしていたんです。

ただ、そう信じ込ませたのと引き換えに、私のことすら「選択肢」として見てもらえなくなってしまったのです。

04.
クールに対処できている
フリをする

相手に好かれるために好きでもない番組やスポーツを見たり、音楽を聴いたり、面白くもないのに笑顔を作ってみたり。決して望ましくはないですが、誰もが少なからずしたことがある行為。でも相手に認めてもらうために必死になり、自分を犠牲してしまうと後々厄介なことに…。

理想的な進展は、彼がこの偽りにうまく騙され、本心を隠している自分を好きになってくれること。もっと現実的で最悪のオチは、嘘を見透かされ、その必死さを「イタい」と思われること。

最初から正直であれば、本当の自分を好きになってくれたかもしれませんよ。

05.
何度も「拒否」してしまう

F9efa04fb1df2c7ed86d695e1814cf5436eb222d

とくに好きな人に言い寄られたときは、断ってしまっていました。好意を感じると、なぜか逃げてしまう傾向にあったんです。

最初のうちは駆け引きも楽しいかもしれません。ですが、立て続けに拒否されるのは決して楽しくないことです。それを何度も繰り返すと、次第に相手も応えてくれなくなりますよ。

06.
お酒に頼らないと
本心が語れない

大学生の頃は、よくこの手に頼っていました。お酒がまわっているときに彼と話す時間をつくって気持ちをさらけだす、という手段。でも、これもなかなかうまくいかず。

まず、お酒のせいで会話の大事なところが思い出せなくなってしまうのがひとつ。その上、言葉が思うように出てこない…。「ビールの1杯でも飲まないと、まともな会話ができない」と思われてしまう始末。

07.
正直な気持ちを
伝えられない

D3a398760b07879943baaba4d0710643f98bf73e

結局のところ、これはすべて私の臆病さからきていたのでしょう。

相手の気持ちを探るのを恐れていたがために、長いこと話し合いを避けてきたわけですから。たしかに、そのおかげでフラれることはなかったかもしれません。でも、得たものもありませんでした。

このような行動は、いますぐ断てるものではないかもしれません。でも直さない限り、残念ながら男性は寄ってこないと思っていいでしょう。私も今の彼と出会ってすぐにすべてを改善できたわけではありません。彼の支えありきで本心を打ち明けられるようになったんだと思います。

でも、自分の気持ちに素直になり、相手に心を開けてこそ素敵な恋愛が手に入るんだ、と私は思うんです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
男性からみた女性のわがままは、大別すると2つ。「可愛い」と「困る」です。さて、あなたの彼氏はどんなわがままなら「可愛い」と感じるのでしょうか?1.何かに集...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
付き合っている女性を満足させるためには、あれもやって、これもやって…。あなたは、彼女のわがままが過ぎるように感じてしまったことはありませんか?でも実際は、...
今の彼女とはいつまで付き合うんだろう。いつかは結婚するんだろうか。そんなギモンを持っている男性は、きっとあなただけはありませんよ。自分からプロポーズしなき...
ちょっとした気遣いができるかどうかで、モテるかモテないかが決まると言います。ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターErika Hube...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
「口に出さなければ判らない」とかく恋愛では、こんな二人のすれ違いが事実よくあるもの。そんな心のモヤモヤを、男性から解消する方法を「I Heart Inte...
「Elite Daily」のライターDorothy Chan氏が、パートナーと彼氏の違いをまとめています。記事によると、彼氏は単なる恋愛関係の間柄。ですが...
少しの恋を楽しむなら、時にはカラダだけの関係もありなのかもしれません。でも、本当に大切な人と親密な関係を育みたいのなら、相手を思いやり、誠実でいることが何...
大好きな人と付き合い始めたら、ついつい盲目になってしまって彼氏のことしか見えなくなってしまいますよね。彼氏のことを大好きすぎるがあまり、とんでもない行動を...
芸能人でも話題となることが増えている、「女性が年上」の年の差カップル。年下の彼氏に憧れる女性もいるでしょう。しかし、ならではの悩みも当然あります。1.彼と...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか? 「こんな彼氏を作るぞ!」と決意す...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「もっと素敵な女性になりたい」と自分磨きに余念がない女性は山ほどいます。けれどその終わりはいつ来るのでしょう。もしかしたら、今日がそのタイミングなのかもし...