開発者としても嬉しい誤算だった「超高級テキーラ」

純金でできた特別仕様の化粧箱を開けると、ふんだんに琥珀が散りばめられた陶器製のボトルが。これに自慢のオーガニックテキーラが入って、1本300万円。

贅をつくした超高級品を5年前に限定販売し、一躍有名になったメキシコのテキーラメーカーがあります。ただし、これはあくまで創業15周年の限定品ゆえのお値段。

2cbcdb025f1aecd4649b34577a602765525d03d4

では、通常価格はいくらかといえば、これがまた結構なもの。テキーラメーカー「Clase Azul(クラセ・アスール)」の相場は、庶民の手が届くものでも1本70ドル(約8,000円)というんだから。

こちらのテキーラは、おなじみのショットであおる飲み方よりも、ワイングラスやシャンパングラスで香りや口当たりを楽しみながら味わう嗜好品だそうで、欧米の富裕層のあいだでちょっとした人気を呼んでいるのです。

それにしても、テキーラの高級志向はなぜ始まったんでしょう。

ブランディングのはずが…

E159ac347407d212cd186d17def0bbb1037a430d

1997年創業Clase Azulを経営するのは、あごひげを蓄えた写真の人物、Arturo Lomeliさん。当初はブランディングに苦労したそうで、本人も一から勉強し直し、ラグジュアリーブランディングの修士号を取得するまでに。

「真心込めてつくったテキーラを味わってくれる人たちの手に、どうすればベストなものを提供できるか」。考え抜いた結果、中身を飲み干しても手元に置いておきたくなるような磁器製ボトルを丁寧に手作りしてお酒をつめよう、ということに。

もちろん、こだわりのテキーラであることは言うまでもなく、ですけどね。

A6b66524ab2a558514f2b5c85fd222aff1b7ebe0

テキーラ業界にセンセーショナルなボトルが登場したのは2007年のこと。価格1,200ドル(約13万円)の超高級ボトルは、予想どうり話題になったものの、Lomeliさんにしてみてもあくまでこれは興味をを引くためのものだったはず。

ところが…これがまさかのバカ売れ。アメリカの富裕層からの需要が一気に拡大。よもや継続商品になろうとは、嬉しい誤算だったそうです。

国内でなく完全にアウトバウンド向けに徹したマーケティング戦略がどハマりしたかたち。アメリカ、欧米、さらには富裕層が集まるカンクン(メキシコ)を狙うあたりがニクい。

高級志向にこだわるワケ

Abd5eb54e4b7c81937613287893e93cdc90359c1

お酒のボトルとしては珍しい陶磁器製、飲み干したあとはそのままボトルをコレクションするほか、花瓶やキャンドルホルダーとして活用する人が多いようですが、この手作り陶磁器、単なる希少性をあおるだけではありませんでした。

そこに、もうひとつの深い理由が。

59024f18226675dce459de91a0d36660fe5ff206

Lomeliさんがこの価格帯にこだわり続けることで得た収益は、社員たちが安心して働ける環境づくりに役立てられていました。たとえば、工場に併設した託児所。

Dcc42d1bc22574b4b4e7815b3eceba51ee657798

サッカークラブのスポンサーとなり、若者たちの将来への支援もサポート。

5c11ed73cc8c0e9a965a8ae91e87688ea1c121f0

そして何より、この急成長を支えたオリジナルの陶磁器ボトル、そのインスピレーションの源泉となったメキシコ伝統陶器。Lomeliさんは、寄付というかたちではなく、職人たちに不可欠な道具や施設を用意したり、養成学校を設けることで、自分たちのルーツにある焼き物が後世に伝承されるために心血を注いでいるんだそうです。

初めこそ“話題づくり”だったかもしれない。それが今、地域への貢献として大きなコミュニティへと輪が広がっていることも紹介しておきます。

Licensed material used with permission by Clase Azul
ショットを囲めば一気に盛りあがれるメキシコ育ちの陽気なお酒「テキーラ」。おそらく健康のために飲んでいる人は少ない。しかし、実は数々の研究結果が発表されてい...
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
ウイスキーやブランデー、テキーラ、日本酒などの100種類を超えるお酒の中から、好きな味を3つ選んで、ソフトクリームにかける。甘口・辛口それぞれ人気トップ1...
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...
ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
虫が嫌いというわけではないんだけど、はじめて見た時に思わず「うわっ!?」と声を上げてしまいました。まるで白い壁を大量の昆虫が這っているような光景ですが、一...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
世界一の高級レストランと言われるSublimotionのディナーはVRやプロジェクションマッピングを用いた最新式。シェフから演出家まで超一流を集結した極上...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
自動車、時計、家具…それらの世界一には手が届かなくても、食品なら手が届くかもしれない?話のネタになるくらい、味が一生記憶に残るくらい、すごいものを口にした...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...