経験者が語る、全裸睡眠8つのメリット(主観です)

ウソかマコトか、全裸睡眠の有効性がささやかれている昨今。Rebecca Endicottさんも、その魅力にとりつかれてしまった人物の一人だそうで、「LittleThings」で8つのメリットを力説しています。

あくまでも本人の感覚なので、内容については「へえ〜」程度でお願いできれば。各見出しのあとに、(かも)をつけて読むくらいがちょうどいいエンタメ記事としてお送り。

01.
体温調節がスムーズになり
カラダへの負担が少ない

5c0c39783692696baf2bdc672815842927b5a457

ぐっすりと眠るときに、体温が半分くらいになっているのを知っていましたか?洋服を着ていたら、調節が難しくなり、体に負担がかかってしまいます。裸だったら、よりスムーズに寝れるようになるのです。

02.
デリケートゾーンを
清潔にすることができる

A6dea1f5d060792bbdd28df6d4b30a40f122b83b

もしかしたら、お母さんやおばあちゃんに聞いたことがあるかもしれません。下着をつけて寝ると、デリケートな場所にバクテリアが繁殖してしまって、感染症になってしまう可能性があるということを。

夜の時間くらいは、風通しをよくしてあげましょう。

03.
愛を育むチャンス!

Cedd4c3b6433cc2b25e88154c01a131578101411

ここだけは正直になって。パートナーの裸を見ることが嫌いな人っています?

自分の体に自信がなくても、きっと相手は気にしていないはず。裸で寝れば、あなたたちの愛はより深まるでしょう。

04.
目が覚めてから
すぐに行動できる

570841aa4c53571e9fa2b2f1f19e0bf83914403a

朝起きてから、不思議なことにダルさがないの。バクテリアだらけのパジャマを着ていないから、あなたの体は綺麗だし、汗もそこまでかかないから、気持ちが良いのかもしれません。

さらに、すぐに行動できるから、効率的に朝の時間を過ごせるようになります。

05.
寝ているだけなのに
体重が落ちる

9961a5e4f2ce98ee3ad828794ab679859f5fa0d9

体重を落とすのは大変なことだと思います。寝ているときにもカロリーを消費しているけど、少し冷えるくらいだと、新陳代謝がよくなるそうです。

06.
夜中に目覚めることが
少なくなる

Cec230a04c00f4910f4a6bee4689247d2a2105b5

着ている服に違和感があって、寝ているときに起きてしまうことってありません?

裸なら…なんてことは言わなくても大丈夫ですよね?もし寒かったら、カバーをかければ良いのです。

07.
いつも晴れやかな気分になれる

7d1836506ff3b16dc1d4f4284548c94e79bb1c61

色々な要因があると思うのだけど、裸で寝ている人って、いつも明るく見えるのは気のせいかしら?想像だけど、開放感や清潔さが組み合わさった結果なのかもしれませんね。

08.
裸で過ごすことが
快感になっていく

5bb8d4dd75ff3b5ee4a5f0e7d90c84d0766c0f42

裸に慣れてくると、リラックスできるようになるの。これは潜在的に私たちが良いと思っていることかもしれません。

Licensed material used with permission by LittleThings
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
ビル・ゲイツやイーロン・マスク。毎日高いアウトプットを求められる彼らは、翌日のパフォーマンスを上げるため1日の終わりを大切にしていました。ここでは「Apl...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...