職場に必要なのは・・・誰もが効果を認めるのに、なかなか浸透しない「アノ話」

米メディア「Big Think」で、雇用者はコーヒーメーカーより昼寝スペースを設けるべきという内容の記事が話題になっています。昼寝をすることで生産性や忍耐力が向上するという話は、よく聞きますが、日本ではなかなか一部の先進的な企業を除いて、昼寝スペースやそのための時間を設ける企業は多くありません。
こういった記事があるところをみると、欧米でも同様の状況かもしれませんね。


あらためて、
昼寝の効果を検証!

th_shutterstock_192419474

昼寝には、驚くべき効果が期待されています。過去の研究から、昼寝が睡眠不足を補って体力を回復させてくれたり、古くなってしまった脳細胞を復活させる効果があることは、すでに判明していることです。そして今までの研究に加え、ミシガン大学の研究者たちは働いている時間内にする昼寝の効果を調査しました。

会社が、社員の生産性を上げるためにコーヒーメーカーを設置することはよくあります。が、研究によれば、昼寝スペースを設ける方が、生産性を上げるためにはポジティブだとか。労働者たちは、睡眠を削って通勤や仕事に時間をあてています。ですから、睡眠不足を会社に補ってもらうのは自然かもしれません。

さらに、同研究者によると、18歳から50歳の被験者40人を対象にした調査から、昼寝はカラダに良い影響を及ぼすことが判明したとか。

具体的には、3日間、被験者たちに同じ時間睡眠を摂取してもらいました。そして被験者の眠気、気分、衝動性を調査するため、コンピューターによるテストが行われました。被験者たちは、60分間昼寝をするグループと、自然が流れる映像を見るグループへランダムに分けられました。その後、同様のテストを行いました。すると、昼寝をしたグループは、していないグループよりも難しい問題に対してゆっくり時間を取り、落ち着いた気持ちで解答していることが明らかになったそうです。

心理学部博士課程の学生ジェニファー・ゴールドシュミット氏は「EurekAlert」で以下のように結論を述べました。

「調査結果では、昼寝をすることで長時間集中しないといけない場面や、困難やイライラに対しての忍耐力を高めることが分かったのです」

th_shutterstock_259443899
「The Huffington Post」の創始者、アリアナ・ハフィントン氏も同メディアを創設するために様々な苦労を経験したといいます。その中で、働いている人たちが昼寝をすることがどれほど大切か分かったと、述べています。

Licensed material used with permission by Big Think

お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...