昼寝で記憶力が5倍になる!?最新の調査でわかった効率的な休み方とは

昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうやら記憶力に関しても大きなメリットがあるようです。

アメリカの医学専門ニュース配信サイト「Medical News Today」には、記憶に関する調査内容が紹介されています。1時間ほどの昼寝をすることで、最大5倍も記憶力が上がったのだとか。

調査では、41人の被験者に「ミルク・タクシー」など関連性のない2つの単語の組み合わせを覚えてもらうよう依頼。

単語を記憶した後に90分DVDを鑑賞してもらったグループと、すぐにテストを行ったグループの結果を比較したところ、45-60分間の昼寝をした人々の記憶力が5倍程向上していたことがわかりました。ちょっと無視できない数字ではないでしょうか!?

最適な睡眠時間とは?

85singo_shutterstock_256162099

また、科学誌「My Science Academy」では、これまでに発表されている睡眠に関する研究結果を元に、どんな昼寝が効果的なのかが紹介されています。明確な睡眠時間の目安が知りたい方へ参考にしてみるといいかも。

10分から20分の短い昼寝

もちろん集中力や体力を取り戻すことに有効。眠りも浅いために、置きた後すぐに動き出せるというメリットがあります。

30分

ここまで寝てしまうと若干起きることが困難に。置きたとしてもその後30分程けだるさが残る可能性もあるのだとか。

60分

今回の調査の結果によれば、これがベストな昼寝の時間。ノンレム睡眠の中でも「徐波睡眠」と呼ばれる段階を踏むため、人の顔や名前などを覚えるには最適。ただし、起きる時には気だるさが残ってしまうので注意が必要だそうです。

90分

レム・ノンレムのサイクルを一周し、浅い睡眠と深い睡眠の両方摂ることになるため、夢を見る可能性があり。感情や、プロセスが関係する記憶の強化に繋がるため、楽器の演奏や自転車にのるなどの運動の記憶に効果的。睡眠サイクルを一周するため、寝起きもスッキリだそう。

どんな昼寝をすればいいの?

85singo_shutterstock_274149188

睡眠でとても重要な要素は、まずリラックスすること。学校や、公共の場などは注意が必要で、ちょっと涼しめの部屋で眠るのがベターだそう。

そして最後に、昼寝の習慣をパターン化すること。体内時計は決まったパターンを追いかけるようにできているため、スケジュール通りに寝ることで、いつも同じサイクルで睡眠・起床を行うことができるようです。


いつも頭がボーっとして冴えないと言うあなた、まずは静かな部屋で「昼寝」を始めてみては?もしかしたら、仕事の成果だって5倍になっちゃうかも…。

 Reference:Medical News Today , My Science Academy

昼寝ってなんだか怠けているように見えるが、仕事のデキる人こそ取り入れている。実はNikeやGoogleも、仕事の時間内に効率アップのため昼寝(パワーナップ...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
脳機能を高めるトレーニング法には昔から、そろばんやピアノ、瞑想などがいいと言われてきた。だけど、いわゆる脳トレに、もっと身近で簡単な方法があるそう。それが...
私たちは、つねに新しいス知識やスキルを学ぶ必要性に迫られています。限りある生活のなかで、よりスピーディに成長するためには、効率的な学習方法も大切です。今回...
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
米メディア「Big Think」で、雇用者はコーヒーメーカーより昼寝スペースを設けるべきという内容の記事が話題になっています。昼寝をすることで生産性や忍耐...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...