突っ伏しても「痛くない枕」

仕事の合間、眠たいときは10分でも仮眠をとるといい、なんていう人がいます。けれどそこは職場。そもそもリラックスして寝ようというのが難しいはなし。デスクに突っ伏し、重ねた腕のうえに頭をおいて、右か左に首を振る。これじゃあね。

そこで、デスクでの睡眠に適した枕が開発されました。

E14f417337a6cff3ad9ab613bd89692b15adbf58
Photo by Tatsuya Yamamoto
553878a4a11bd83051a9aad7a4f00aec39be9250
Photo by Tatsuya Yamamoto

デスクで頭を突っ伏すと、体勢が整わなかったり、腕が痛くなるもの。そこでOtotone。やわらかな低反発素材の枕が頭をすっぽり包み込むシェイプです。たしかにこっちの方が無理のない姿勢に映るでしょ。なんとなく頭を挟まれているようにも見えますが、背に腹は変えられません。

で、取り外し可能なカバーの内側は肌触りの良さに気を使った良質のニット地と、ここにもやさしさポイントが。

音楽の力でリラックスUP
ヘッドフォンにもなる

9cb17a247e1dbbd82f558bed0c0e8540b849ae1f
Photo by Tatsuya Yamamoto
C7f45cbde2e324eb424daf71dcd111b514879be4
Photo by Tatsuya Yamamoto

ところで、効率よく仮眠を取れるかは、どれだけ自分ひとりの世界をつくり出してリラックスできるかが重要。そこで、枕の両サイドにイヤホンを差し込んで、ヘッドフォンとしても利用できるようにしたのがOtotone。

これなら、好きな音楽を聴きながら、やわらかなクッションに頭をうずめて、体だけでなく、心もリラックスできるんじゃないでしょうか。 

スマートフォンでアラームをセットすれば、イヤホンから目覚まし音を鳴らすことも可能。
この方法なら、アラーム音が鳴っているのに、いつまでたっても起きないことを周囲に勘ぐられることもないんだとか。
24a34459031cecb947158d0403893340599dd0c2
Photo by Tatsuya Yamamoto

1サイズでカラバリは3色。近日中に「Timbre」から発売予定だそうです(価格未定)。

ランチ後のどうしようもない睡魔とこっくりこっくり戦うくらいなら、短時間でも顔をうずめて良質な昼寝を楽しむ方が、その後の仕事効率がUPするんじゃないでしょうかね。

Licensed material used with permission by Timbre, Ryosuke Fukusada
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
こっ…コレは正直、恥ずかしい。いったい何のかぶり物なんだ!?と、思われても無理はありません。だって、はたから見れば明らかに違和感アリですから。だけど、当の...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
機能性とデザインが両立した快眠グッズに、なかなか出会えなかった人。これは注目です!スタイリッシュなパーカーに、驚くような快眠機能が隠されていました。一見し...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
家族のいびきで眠れない!と発狂気味になっているあなたにとって、スマートデバイス「Nora」は救世主になるかも。もちろん何も装着しなくてOK。何か特別な操作...
1日30分運動すれば、もっと健康に過ごせる。そんなこと百も承知だけれど、そんな時間が一体どこにあるんだろう。忙しい現代人にとって、運動する時間の確保は深刻...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...