ドイツに建てられた「パルテノン神殿」

ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」は、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊!

実はこのパルテノン神殿、以前アルゼンチンに建てられていたもの。では、なぜアルゼンチンとドイツなのか。ふたつの場所とこの作品に込められた思いには、ある密接な関係がありました。

「民主主義と思想の自由」
を表現したアート

7117fa337381bca22223155da2c725d97954d5c2
Photo by ©Roman_Maerz

紀元前に世界初の民主主義が誕生した地、ギリシャ。そこに建てられたパルテノン神殿は、まさに民主主義と思想の自由のシンボルでした。

そのパルテノン神殿を10万冊の本で建てたのは、アルゼンチンのアーティストMarta Minujínさん。アルゼンチンは以前、軍事政権に独裁支配されていました。その当時、民主主義はおろか思想の自由もなく、軍が禁止した本は全て焼かれてしまいました。Martaさんはその時の自身の体験から、

「『民主主義と思想の自由』の大切さを、一般の人が参加できるモニュメントで表現しよう」

と心に誓いました。こうして作られたのが、この巨大なアート作品なのです。

アルゼンチンから
なぜドイツに?

Ea1fd92938121b672126f912727e9673a093de50
Photo by ©Roman_Maerz

最初の作品は、軍事政権崩壊直後の1983年にアルゼンチンに建てられています。当時はまだ軍事政権のなごりがあったにも関わらず、禁止されていた本のみを使ってモニュメントを立てるという大胆な行動でした。

そして、今回はdocumenta 14というフェスティバルの一部として、ドイツの都市・カッセルの広場に建てられることになりました。実はこの場所、ナチス政権時代に、当時の禁止本が焼かれた広場なのです。

ある国では一般的でも
違う国では禁止本に

E8626790feaf344e61f2aa0faaaa6b7a196cc3b9
Photo by ©Roman_Maerz

この作品は、一般人から禁止本の寄付を募り、展示終了後は本を自由に持ち帰ることができるようになっています。後でみんなが持ち帰りやすいよう、展示中は本をプラスチックのシートで保護。本を寄付したり持ち帰ったりすることで、この作品のスピリットを共有できるというわけです。

909aa5a97726576ad34c03e15161db10272a22a8
Photo by ©Roman_Maerz

今回の作品のために世界中から寄付された本は、10万冊。禁止の理由も時代も様々です。そしてそれは遠い昔の話とは限りません。中には、今でも出版が禁止されている本だって混ざっています。

民主主義と思想の自由とは何か。改めて考えさせられる作品です。

Top Photo by ©Roman März
Licensed material used with permission by documenta 14
埼玉県には、知る人ぞ知る巨大施設が存在するって知ってましたか?「地下神殿」とも呼ばれており、海外からやってくる見学客も多い観光スポットなんです。神秘的な空...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
優秀なあなたこそ必読!完璧主義を克服するための5つの方法なんでも完璧でなくては気がすまない。そんな「完璧主義な人」っていませんか?完璧主義は必ずしも悪いも...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
完璧を求める人はあなたの周りにもきっといるはず。その考えを押し付けられると…。話は変わってくるかもしれません。The School of Lifeの動画は...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
カフェやレストランでウェイトレスに向かって、「熱い愛をください!」と言っても目をまん丸くされないのは、もしかしたらドイツくらいかも。こんなラブコメのセリフ...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
いま、アメリカでは「理想の人生像」を求めるあまり、命に関わる問題にまで発展する事象が起きているそうです。その原因の発端にあるものを一言で表現すれば「完璧さ...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
ドイツのティッセンクルップ社が開発したエレベーターは、ワイヤーの代わりに電磁石を利用し、上下だけでなく左右にも移動可能。ベルリンに建設される「イーストサイ...
2016年は「VR元年」とも呼ばれ、一般家庭でも楽しめるようになったり、様々なイベントも開催されるなど、と一気に話題も増えました。現在のVRは視覚が中心で...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...