完璧主義を克服するための5つの方法

優秀なあなたこそ必読!完璧主義を克服するための5つの方法なんでも完璧でなくては気がすまない。そんな「完璧主義な人」っていませんか?

完璧主義は必ずしも悪いものではありませんが、これが行き過ぎると本人や周囲を息苦しくさせることがあります。

より軽やかに生きるために、そんな行き過ぎた完璧主義、克服してしまいましょう!

行き過ぎた完璧主義者が
目指すのは「ノーミス」

_159518105

行き過ぎた完璧主義者が目指すのは、「ノーミス」であることです。

確かに、仕事という場面でミスがないということは素晴らしいことです。ですが、もしも実際にミスをしてしまったら?そのとき、完璧主義者の目の前は真っ暗になってしまいます。

「ミスは致命的だ。」「もうだめだ!仕事を続けられない!」など、一つのミスによって、何もかもを投げ出してしまう危険性を持っているのが、この行き過ぎた完璧主義なのです。

少し考えれば、ミスをしてしまった時点でパニックになってしまうよりも、ミスをリカバリする方向で動いたほうがいいに決まっています。

このような行き過ぎた、よくない完璧主義の発想を変えるには、次からお話するような、心の持ち方が必要かもしれません。

01.
100点満点が全てだとは
考えないのが完璧主義の克服のコツ

178724522

すべてのことに100点を取るのは、そもそもできないことです。

特に学生時代の試験とは異なり、仕事や人間関係では、「100点満点の状態」がどういったものなのかを知ることすら不可能ですし、状況や相手によっても「これぞ100点」という思い描く形はそれぞれ違うはずです。

02.
完璧主義を克服すれば、
人間味が宿る

ノーミスの人間や仕事は、それがたとえ人間的な努力の結晶によってなされたものであっても、他の人に冷たい印象を与えることがあります。
これは、ミスを修正する際には努力の痕跡が見えやすいからです。たとえミスがあったとしても、それが努力で修正されれば、嫌な印象は持ちませんよね。

ノーミスの完璧主義者はその機会が得られないので、結果として努力の痕跡が見えづらくなり、本当はそうではなくても、人間味のない冷淡なイメージになってしまうのです。

03.
なんでも自分一人で
やろうとしてはならない

294787979

完璧主義者の陥りがちなことの一つに、「なんでも自分一人でやろうとする」というのがあります。

この考えの裏には、「自分一人でやったほうが間違いがなくていい」という思いが。でもこれ自分で負担を増やしてるのです。

04.
他人を信じて仕事を任せることも
完璧主義の克服には必要

他人に任せるということは、「私はあなたを信頼しているよ」というメッセージを発信することになります。

他人を信じて仕事や、プライベートの頼み事などをすれば、あなたの思う「100点」からは遠ざかるかもしれません。

たとえ任せた結果が「70点」であっても、あなたの力で残りの「30点」を加えればいいのではないでしょうか。

05.
ノーミスではなく、
リカバリに重点を置く

_289223060

ミスや失敗は必ず起こるものだと考えて行動しましょう。そうすれば、リカバリのためのスキルが磨かれます。

これはあなたのためだけではなく、あなたのチームの誰かがミスした際にも使える有効な手立てとなります。完璧主義者のままでは、アドリブに不慣れになってしまいますよ。

 

完璧主義者の目指す理想や、目標設定すること自体は、決して悪くはありません。

あまりにも「完璧であること」にこだわってしまうと、それがかなわなかった時に心に大きなダメージを追ってしまいます。3つの発想を取り入れ、行き過ぎた完璧主義を克服していきましょう。

最後の最後でいつも失敗する…。そんな詰めが甘い性格をどうにか改善できないものでしょうか。具体的にどんなことに気を付けていけばいいのか、以下に紹介します。参...
もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試して...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
自分に自信がなく、つねにオドオドしている「豆腐メンタル」と呼ばれるような人。症状を克服して自分を変えたいと思っている人も多いかもしれませんが、実際に自分で...
乙女座は、星座別の性格診断などによると「細かくて融通が効かない」と思われがちです。でも実際は、もっとも効率的な性格の持ち主なのだとか。8/23-9/22に...
突然ですが、好きな人はいますか?もし答えがYES!なら、この記事に出会えたあなたはラッキーかもしれません。「Mic」でライターのNicolas DiDom...
「もっと素敵な女性になりたい」と自分磨きに余念がない女性は山ほどいます。けれどその終わりはいつ来るのでしょう。もしかしたら、今日がそのタイミングなのかもし...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
最近、なんだかイライラしたり、気分がすぐれないことが多くなったという人は、ストレスがかかり過ぎているかもしれません。ストレスをためる人とためない人の違いに...
心理学者エレイン・アロン氏の研究によれば、神経質な人は、“考えすぎる”ことで悪循環に陥りやすいようです。しかしながら彼らは、EQ(心の知能指数)が高く、自...
いくら頑張ってもしんどい、全然楽にならない、いつも気持ちに余裕がない…と、悩んでいるアナタへ、肩の力が抜ける4つの言葉をお届けします。 01.「今は、大き...
「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
「いつも気忙しくてイライラしている」「ビジネス書を読んでもしっくりこない」「効率化するほどストレスになる」そんな悩みを抱えた人も多いのでは。大切なのは、ワ...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
12星座別の占いは数あれど、「Higher Perspective」に掲載されたのは、「誕生月」で分かるあなたの性格です。この手の診断って、当たるわけない...
家族や恋人、友人たちが盛り上がっているときに、自分だけテンションが低いまま。そのせいで「冷めてるね」とよく言われるけれど、本当はそんな冷めた性格、直したい...
「ハンドルを握らせると、まるで別人格」なんて話がありますが、ここでは豹変するドライバーたちの手に着目した記事を紹介します。「Little Things」ラ...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...