路地裏から見た「キューバ」という国の素顔(写真30枚)

キューバを訪れた人が口を揃えて言うのが、独特の「おおらかさ」だ。観光客が訪れようと気兼ねなく、気楽に自分たちの日常を楽しむ姿がある。そこには、社会主義国ならではの一定の平等感や幸福感がにじんで見えるそうだ。

ここに紹介する一連の写真からも、彼の地に暮らす人々のおおらかさを感じることができるかもしれない。

いま、ここにあるキューバ

D04db2a56a0c2281a6610e54499ed21ff09e6e60

2015年7月20日、キューバは1961年の断交から54年ぶりにアメリカとの国交を回復した。禁輸緩和で攻勢をかけることが予想されるアメリカに対し、半世紀ぶりに時計の針が動き始めたキューバは、今後どう変化し、変わらずにいるだろう?

イギリスのフィルムメーカー「York Place Studio」が、ハバナ、トリニダの2都市で撮影を行ったものそうしたキューバの変化を前に「今」を捉えておきたかったからだそう。50年代のクラシックカーやコロニアル様式の建築ばかりが、この国の主役じゃない。

47ac826ee2c7e5f88a0b3985b7858f768aafa9e6Cee31f5cf9216c123f999e837ed9b5226d76b872199f65f497e9cba8fb35a025bddbb3fcc4f8b998A82848c123dfe9b3a3545fcfa4d1c91cf02d3e1d34809d17e87dd119863f053cbeeaf64620ad8f152bf577f271132ba1b396b20e786c46298a98691bE549f36a265ea81b66d82e5e927b787a66e60e8aA36f9cf57ffda90e8fec3cb0c21c4f06cf3098fc8515d85ac0c8da517cb02bbe666906434cc562c6Bab15ad0f05c82e7537772ca53c7f62d76c2af0c9a17ad4870b2f593b9f0546c542c42595047a2808fc5bca9b3302f03dce5ed340a34052e4621c38065a80c930c2636c65e1046c1551911abe2504e8020736efd609f6d269fb4e6204ad8905015b26f0eD9c9ae9feda810b08f92240621165cb3eaebb09e4ba2ad5764bd277c9e9053a94704661b6de1c7a4Bf27ac41cd3fc55405359a877d3f4c8b8a84455d8e66f53de278dafea2ec11188b207539037267f578acbcdad58a0fe4f6840d0e2fb199ebfde7bed888f03d7410a0c7c24d7a9a9d1a082193b78e76a0F8ef2d2932d7f6572939e1861882e21ffff01fe1B97a889b26ba29c6ceba3b67854302d46a714f20051a9fded4f214a63500a1917d0260097be7e2a80de08ebac3fccc72ac1a8b15e9983415530c7a6092313bec2fe9c11238aaf4bdc206f65b5d0462d55ab539b975e8a1fd7ecbb7a65aca80f2064ae9aa55f32ddad3d7e274fc5e636ea721af4b20aa56ef78c4fab837638c85a7c9ee3edcf2cf09e09b392dDe038e886abd695266f0eb399e117694f39f15ee
Licensed material used with permission by York Place Studios, (Facebook), (Instagram)
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
ラムと葉巻と音楽という、漠然としたイメージしかなかったキューバという国。アメリカとの国交回復ということもあり、「今のうちにキューバに行っておいたほうがいい...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
キューバに行ってきた。サルサと革命の国、そして半世紀ぶりにアメリカと国交回復して、これから盛りあがろうとしている国。でもキューバは、普通の観光地ではない。...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
日々の暮らしをちょっと良くするハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載された、レタスの芯を一瞬できれいに取る裏ワザをご紹介。これさえ知っておけば、1枚1枚葉っ...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
ワンランク上のスマホ撮影を可能にする、簡単テクニックをウェブマガジン「COOPH」よりご紹介。身の回りの道具を撮影に取り入れるだけで、ガラリと印象が変わる...
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
ビジネスであれスポーツであれ、輝かしい成功の裏には人知れぬ努力があるもの。それは、ここで紹介する「バレエ」の世界にも当てはまるようです。以下の写真は、バレ...
王冠付きの瓶を開けようとして、栓抜きがないことに気がついたーー。そんな経験はありませんか?じつは紙1枚あればフタを開けることができちゃうんです。これはぜひ...
時を経て、同じ場所に訪れてみる。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。カリフォルニア在住のLisa We...
一度起きたら、寝かしつけるのが大変…。赤ちゃんが眠りにつかず、苦戦している人も多いのでは?そんな悩めるママパパに必見の動画がコレ。グズって眠らない赤ちゃん...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
シンプルに結論から入りましょう。ずばり、子どもの身長に合わせて壁に貼るだけで、自宅が写真館に早変わり。もちろん、この写真館でのカメラマンはあなた。笑顔を引...