ストイックな昼食を求める人のランチボックス

普段から自分が食べている食事の記録をつけている人、いったいどれくらいいるでしょうか。なかでも、炭水化物タンパク質脂質、これら「三大栄養素」のバランスを考えた食事がとれている人は、ごくわずかかもしれません。

栄養バランスのいい食事をとる習慣が身につくことが何より大事。それには外食よりもやっぱり自分でつくる、なわけでこんなランチボックス(MacroPack)が登場するのも納得。

体づくりをサポートする弁当箱

3547b6ddcb9d2f8b01750e381cea5c6766e0c4b1269c0fcc10d0e76b196c40a5c29411a7e4035a4a

横開きのランチボックス、写真左側がフタになりますが、ここにデジタルスケールが付いていて食べ物の重さを知り、摂取カロリーの計算が即座にできる仕掛け。

自分でつくるお弁当、なのに重さを計る理由ある?まあまあ、焦らず。 

ワークアウトにでも熱中してない限り、自分が何をどれだけ摂取したらいいのか、きちんと管理できている人はそう多くありません。ボディービルダーたちは、体づくりをサポートする健康的な食事を知っています。だから、彼らのようにカロリーを計算でき、バランスの良い食事をとるのを助けてくれるランチボックスのニーズがあると思ったのです

どうやら、開発者たちに自分でメニューを考えてほしいという想いがあるようです。あくまでも、デジタルスケールは習慣をつけてくれる補助でしかないのかもしれませんね。

自分の目標に見合った
食事を作るのを助けてくれる

少し手間がかかりますが、以下の表に照らし合わせれば、スッと入ってくるはず。例えば、「1gの炭水化物は4カロリーだから14.8gは59.2カロリー」といった具合に。

70db07a380b99df19029a32e679be3be10984d30809f961b629384d7d187f6f42e648a7ae5ad6c10

もし、あなたがダイエットをしたいなら、1回の食事の炭水化物は10〜30%に収めるのがベターということに。そこで役立つのが、9分割設計の弁当箱。1つのブロックが約10%を占めるので、パスタやご飯を詰めれば、減量できるメニューになるというロジックのようです。

体重を減らしたいとき、維持したいとき、増やしたいときのニーズに合わせて、炭水化物を何%摂れば良いのかを重さから割り出す、「メンドクサイ!」なんて言ってたら、いつまで経っても理想のボディは叶いませんからね。

にしても、スケールだけでなく、計算機もついてるといいんだけどなぁ。

Licensed material used with permission by MacroPack
いかにもなフォルム。パッと見だけならナチュラルカラーのラップトップや、モバイルガジェットと思っても不思議はないが、その実これは弁当箱。もはやそこにハコとし...
クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありませ...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
授業の終了を告げるチャイムがなり、子どもたちが嬉しそうにランチボックスを取り出します。だけど教室の真ん中に、ただひとり浮かない顔をしている男の子が。容器を...
ホームレスに食を恵んで欲しいと頼まれた女子大生。結局一緒に食事をすることになったが、話を聞いてみると男性は昔ビジネスまでしていて今は自己破産したとのこと。...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
今回は、YouTubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」から、効果抜群の腹筋トレーニングをご紹介。1分という短い時間ではあるも...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
よく目や耳にする「体幹」という言葉。アスリートたちの高いパフォーマンスは、ここが強いからとも言われています。「どうやって鍛えたらいいの?」という人、You...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
「どんな?」「あまり覚えてないですね」「うーん、全然思い出せないなあ…」 彼らがそう言って頭を悩ませるのは、昔、母親が自身に作ってくれた弁当について。そう...
YouTubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」から、ウエストの引き締めにオススメの「腹筋トレーニング」をご紹介。実際にやって...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
ジムが苦手なあなたに朗報です。ひと足早く「夏のビーチボディを手に入れるために必要な、食生活の見直し」を紹介したいと思います。この記事でヘルストレーナーのR...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...