これ、美術館とかじゃなくて「佐賀県庁」です。

アートは、作る人と見る人がいてはじめて成り立つもの。ひとりでは完結しない、ある種のコミュニケーションとも言えるかもしれません。

一方で県庁は、その土地に暮らす人の営みを守る機関。アートという「媒体」と、県庁という「場所」が結びついたとき、そこにはどんな空間が生まれるのでしょうか?

そこで佐賀県が始めたのが、NAKEDとコラボした「アート県庁プロジェクト」。

県庁を「遊べる」
アート空間に

A8127ee28cce82dfcdec49924fdced025f63071b

このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジェクションマッピング「星空のすいぞくかん」。県庁の窓から見える佐賀の夜景に、10分間のオリジナルストーリーが映し出されます。

地元の人にとっては、自分が生まれ育った場所の美しさを再認識するアートとなり、観光客にとっては、佐賀という町を今まで以上に知ることができるはず。

1ce1650252a600142816a78ed672937c986b6b6dC9961092896103fc51946ee5b5c8a113027317e8

また、窓に触れることで光の魚たちが集まってくる「スターライトフィッシュ」や、魚のトンネルがあらわれる「アクアリウムトンネル」など、大人も楽しめるインタラクティブアートがいくつも用意されています。

海と星空がひとつに溶け合うような不思議な感覚を味わえる、光のアート。行政機関として生活と地域の現実に向き合っている県庁だからこそ、アートの織りなす世界がよりファンタジック。

夜景の美しさも
再認識

7954f1d4d21c07617d7fc948f6ea26ed8e6301cd

手掛けているのは、クリエイティブカンパニー「NAKED」。これまでも、東京タワー、あべのハルカス、名古屋テレビ塔などで「夜景」をより楽しむための新しい提案をし続けてきました。この夜景とプロジェクションマッピングは、九州では初の試み。

C30132fbef3690d53f5f6a16d23100ba58175b5f

「昼の県庁」とはまったく姿が変わる「夜の県庁」で、新しい佐賀の姿を見つめてみましょう。

アートによってより美しく見える街は、人と人が結びつき、共に生きることの意味を、わたしたちに教えてくれるのかもしれません。

アート県庁プロジェクト「星空のすいぞくかん」
Art Produce by NAKED

★日時:
4月〜9月 20:00〜22:00
10月〜3月 18:30〜22:00
※9月からは日曜・祝日は21:00まで

★場所:佐賀県庁展望ホール
佐賀県佐賀市城内1丁目1-59
※JR佐賀駅 徒歩20分 バス停「県庁前」徒歩1本

★料金:無料

D&DEPARTMENT発行『d design travel』の編集部が厳選したスポットをチャータータクシーで巡る新たな旅のかたち、「シェアトラベル」。第...
佐賀県武雄市の御船山楽園で、「かみさまがすまう森のアート展」が開催。チームラボと資生堂がコラボしており、プロジェクションマッピングを用いて、「生命の連続」...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
目にも鮮やかなプロジェクションマッピングを用いた、視覚で楽しむアートイベント。村松亮太郎氏率いるNAKEDが手がけた、この『FLOWERS BY NAKE...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
「子どもだって、のまなきゃ、やってらんねーよ。」そんなキャッチコピーを引っさげて、平成16年から販売している「こどもびいる」。その正体は、リンゴの炭酸飲料...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...