「こども」だって飲みたいときがあるさ!

昭和を感じさせるレトロな茶色の瓶からトクトクと注がれる、よく冷えた黄金色の液体。しゅわしゅわと立つ泡を愛でながらぐーっと一杯。

思わず「プハーッ!」と言いたくなってしまうこのビール、子ども用だとか。

「子どもだって、のまなきゃ、
 やってらんねーよ」

D650e90c7d886243ac050e5daad65e5a67ad2abc

そんなキャッチコピーを引っさげて、平成16年から販売している「こどもびいる」。

その正体は、リンゴの炭酸飲料。もちろんノンアルコールです。でも、後味スッキリでクリーミーな見た目はビールそっくり。

1da5c9dc64c16f9172f8410b3ed404b2a4d7d7aa

開発のきっかけは
「子どものため」じゃない!?

42aadc50072eabdf66eb0260f51f03a604a02ec3

微笑ましくて可愛らしいこの商品、じつは最初から子どものために開発されたわけではありませんでした。なんでも、ビールが飲めない大人のために、というのがきっかけだったそう。 

このビールを作ったのは、100年続く老舗サイダー会社の「友桝飲料」。彼らの願いは、サイダー飲料を通して世界を楽しませること。

そんな友桝飲料に開発を依頼したのは、当時福岡では珍しかったもんじゃ焼き専門店の「下町屋」。店長が珍しいもの好きで、遊び心たっぷりの人だったそう。そんな店長が、ビールが飲めないお客さんを気遣って、友桝飲料と一緒に作ったのが「こどもびいる」なんです。

「駄菓子屋のリンゴジュースのように甘くまとわりつく後味ではなく、下町屋さんのもんじゃ焼きや鉄板料理の邪魔をしない、爽やかな後味を目指しました」

そんな努力の甲斐もあり、とても優しい味わいに。

「今までにないことをやろう」

それが、友桝飲料のモットー。

確かにHPを見ると、個性豊かな商品が揃っていて、どれも他にはないものばかり。昔ながらの製法で作る「スワンサイダー」は、これまたレトロなラベルで可愛いですし、「n.e.o」はプロによるプロのための本格ジンジャエールという、またひと味違った炭酸飲料。

C5b7926be7384b46e851fc4c471a5e862ea064f085ec4c684d06063dc1c3ac268b839cf6c17c0669De9c8d27415e886a8186ca34591c0e7ba07ac6c8

どれもこれもおいしそうで、あぁ…確かに、飲まなきゃやってらんねーな(笑)。

Licensed material used with permission by 友桝飲料
静岡に「木村飲料」という飲料メーカーがある。静岡の特産品を使った「うなぎコーラ」「桜えびサイダー」「しずおかコーラ」、そして衝撃の「たくあんコーラ」「うめ...
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
例えば、あなたがイメージする水色。水道の蛇口をひねっても、川の流れを見たって、決して同じ色はそこにありませんよね。色には、確かにそれぞれ名前がある。けれど...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
D&DEPARTMENT発行『d design travel』の編集部が厳選したスポットをチャータータクシーで巡る新たな旅のかたち、「シェアトラベル」。第...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
「それ、家にあったらめっちゃイイですね!」あるプロダクトの紹介記事を書こうとHPを眺めていると、僕のPCを覗き込んだビール好きの後輩が話しかけてきた。どう...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...