【創設170年】御船山楽園で「紅葉まつり」が開催!日本最大級のライトアップも

2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施され、昼・夜ともにこれ以上ない紅葉狩りが味わえるチャンス。見逃せません!

1875年創設「御船山楽園」と
樹齢170年の「大モミジ」

佐賀県にある「御船山楽園」は、1875年に第28代佐賀藩武雄領主が3年かけてつくった15万坪(東京ドーム10個分)にも及ぶ大きな池泉回遊式庭園です。

当時の日本を代表する幕府御用達の絵師を集めて完成予想図を描かせたとあり、その魅力は園内に植えられたモミジやカエデだけに留まりません。

この度特別公開される荻野尾御茶屋や、そびえ立つ御船山の岩肌、水面に映りこむ紅葉、その赤の美しさを対比する緑樹などなど。散策路を進むにつれて徐々に移り変わっていく庭園のコントラストは、他県からでも足を運ぶ価値があります。

Medium 2becfc77ae69d0b8755ec35d512313dd3871bbe6Medium f2cfac8ae4137daf04369a7ef201b3a472f49165Medium 541eed8cfe8849b46ef9c40bfc704369ff1d6571Medium bd8a91930a8f47608b4288dc4bcfa468f12d0218Medium 1ebeaad93240eba4a7770b9d36d10f21d8c0efdcMedium d44b684de8e882bd71fa9f73c81bdc8fc1b30452

ライトアップされるエリアは前年度から1万坪も拡大。樹齢170年の大モミジが日が暮れた後も楽しめるようになりました。ぐるっと紅葉を味わった後は、荻野尾御茶屋に腰を下ろして一休み。火鉢や温かいぜんざいで暖をとりながら、そこから抜群の夜景を味わえます。

すぐ近くにある御船山観光ホテルと御宿竹林亭の宿泊者であれば、「茶屋バー」が利用できるため暗がりに照らされた紅葉を眺めながら一杯なんてことも。

「御船山楽園」の魅力をもっと知りたいという人には、映像もオススメです。

昼の部(8時-17時半)の散策コースは、11月1日から12月6日まで開催。ライトアップのある夜の部(17時半から22時)は11月7日から11月29日まで利用可能です。

近くには温泉のある宿泊施設もあるようなので、詳細が気になった人は御船山楽園のホームページを訪れてみては?もうすっかり秋ですね。

■入園料
昼・夜
それぞれ大人(中学生以上)600円・お子様(小学生)300円
共通券は大人(中学生以上)900円・お子様(小学生)400円

■所在地
〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町武雄4100
■アクセス
JR佐世保線武雄温泉駅から嬉野温泉行きJRバスで約12分
「御船山楽園」バス停下車すぐ
※無料駐車場あり(バス15台・乗用車150台)
ホームページ

Licensed material used with permission by Higashikara
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。見頃を迎えている...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催され...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。でも美しい紅葉が楽しめる...
清水寺に高台寺、永観堂、醍醐寺…、秋の京都を彩る紅葉の名所は挙げればキリがありません。が、中でもココ、瑠璃光院は特別な場所。詳しい理由は後ほど説明するとし...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
色鮮やかな紅葉を紹介する記事は、なぜだか京都に偏りがち。「キレイだけど、遠くて簡単には行けないし…」とお悩みの、関東在住の方も多いのではないでしょうか。今...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
突然ですが、「四国の清流は?」と尋ねられたら、あなたはどの川を思い浮かべるでしょうか?きっと、多くの人が四万十川と答えるはずです。 でも、近頃、“日本最後...
目にも鮮やかなプロジェクションマッピングを用いた、視覚で楽しむアートイベント。村松亮太郎氏率いるNAKEDが手がけた、この『FLOWERS BY NAKE...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロ...