「なぜ危険を冒すのか?」御柱祭を目撃して感じたこと

日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。

7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越え急斜面を滑り落ちる豪快な祭りとして知られ、勇猛果敢な氏子を乗せたまま坂のてっぺんから一気に滑り落とす「木落し」の迫力あるシーンをニュースや映像で見聞きした人も多いだろう。

88069092cd154e9f9251bcd913a4565b503af67e
Photo by Isoi Reiji

この急な坂から人が乗ったまま大木を落とすのだ。「奇祭」と言われるのもよく分かる。

それにしても、山から切り出した大木を生活圏まで搬送するために斜面を利用して木を運ぶことは、巨木を人力で運ぶ手っ取り早い方法であることは確かだが、大木の先端に人を乗せて落とすという危険を冒すのは、不合理ではないか。素朴だが、誰もが思うはずだ。

「なぜ御柱祭の木落し、建御柱の儀式では人を乗せるのだろう?」

これは、語るよりも雄弁な
知恵の伝承なのかもしれない。

71116f909624a881ff37606b896dd7b3c7c516b7
Photo by Isoi Reiji
B0a5fb67f771270fece42ac2da6e1f71204bd346
Photo by Isoi Reiji

御柱は諏訪湖の南北に鎮座する諏訪大社の上社と下社でそれぞれ催され、御柱の候補となる木を決める「仮見立て」にはじまり「建御柱」といった全ての行程を合わせると、およそ2〜3年がかりとなる。

なかでも「木落し」は難所として知られ、当日は付近の小学校も休校となり地区の大人が総掛かりで儀式をおこなう、数ヶ月がかりの祭りのなかでもハイライトと呼べる行事でもある。

御柱祭というと、この木落しにまつわる荒々しさや、過去に死傷者が出ていることから危険な祭りというイメージがつきまとうが、どの行事も注意深くみると、諏訪地方に古来より伝わる高度な土木技術や、自然と共生する人々の知恵とが密接に絡んだ象徴的な儀礼の数々から成り立っていることがわかる。

古来から諏訪の人たちは山から切り出した材木を生活する街まで曳いてくるという営みを続けている。自然の恵みと同時に、その厳しさや怖さをも熟知した人々がもつ知恵を、より深く共有するために祭という体験は、語るよりも多くを伝えることができるのだろう。

あるいは、その命がけの行為からは、畏怖するものへの人身御供や生贄としての意味合いが連想される。

そのような行為は古代において多くの文化圏で共通して見られるものだ。あるいは、祭という晴れ舞台で山とともに生きる男たちの勇敢さを示すためなのかも知れない。

ひとつはっきりと感じられることは、祭の根源的な楽しさ、熱狂、混沌と狂騒がまきおこす熱がそこにある。

必死で、その一瞬に全力をかける瞬間、スポーツや音楽イベントなどカタチや形式は違えど、人々が熱狂する仕組みは古今東西、同じなのだ。

古老の一言に感じた、
伝統を守るために必要な変化。

9927ac75a2ca5ac55c327b5c5d2f09c26ad16da0
Photo by Isoi Reiji

現在の御柱祭は有料の観覧席にも多くの観客と報道陣がつめかけ、その様子はテレビで生中継されている。

祭を見に来た人々の多くはスマホを手に持ち、現場の状況は瞬時に拡散される。事故は絶対にあってはならないことという前提のもと最善が尽くされたうえで、氏子たちは命を懸けて木に乗っているはずである。

その日、3本目となる木落は予定の時間をかなり過ぎてもなかなか落ちてこない。木落の現場付近で、地元の古老、いかにも幼少期から御柱祭の体験を何度も重ねたであろうベテランの風格を漂わせる男性がふと放った言葉が印象的だった。

「スポンサーの名前だしたり、全部済んでからじゃないと落ちないから、まだまだ時間かかるよ。まったく」

予定の時間を過ぎても一向に滑り落ちてこない状況のなか、気怠そうに。古き良き時代を知る人のなかには祭の純粋性、元型をとどめたいという願望があるのだろう。

祭の舞台裏、大人の事情ともいえる古老の吐露した言葉を聞いて、あらゆる行為や物事が広告化される現代、高度に発展した社会のもとに生きる我々と同様、御柱祭もそうしたことから免れ得ないようだ。

伝統を守ること。伝統を無くさないために、時代に合わせて変化しなくてはならないこと。御柱祭のなかにはそのふたつの間で揺れる地元の姿があった。

Top Photo by PIXTA
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
1月6日午前1時半。Timmy Joe Elzingaさんは、2歳の息子さんを寝かしつけてバスルームへ入ったとき、窓からこの様子を目撃してたいへん驚いたそ...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。60年あまりの歴史を誇るお店には、お客さんのリクエストでクラシックの旋律がゆったりと響きわたり、まるでここだけ時間...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
ここに紹介するのは、あなたの幸せを壊すストレスの兆候。もし当てはまっているのなら、もう無視しないで。ストレスと付き合っていくためには、「何が危険信号なのか...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...