癒しの島が、島民総出で徹夜状態。

世界中の竹富島出身者が、続々と戻ってくる日があるらしい。そして、夜な夜な人の家に上がり込み、飲んだり、食べたり、踊ったり…!?

 国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。 その名は、「種子取祭(タナドゥイ)」。

ニンニクとタコと
泡盛はお好き?

その日、島は、眠らない。

参加者は、この儀式の習わしであるハチマキをして、夜通し島の人の家々を回るのだ。そして、それぞれの家で「ピンダコ」と呼ばれるニンニクとタコの和え物と塩、泡盛をいただいたり、島の言葉で「巻き唄」という豊穣祈願の唄を唄ったりする。しかも、回った家全てでこれを繰り返すというから、なかなかハードな感じだし、なかなかお腹いっぱいになりそうだし、なかなか酔っぱらいそうである。

そして、ニンニクとタコと泡盛が苦手な人には、なかなかの苦行、好物な人にとってはパラダイス…!

唄って、踊って、
自分の肌で感じよう

2bb70f905eb05087aaae89951b05ad83b887abf3

実はこれ、タナドゥイの期間中にある「世乞い(ユークイ)」という儀式。タナドゥイは旧暦の9、10月中に廻り来る甲申(きのえさる)の日から甲午(きのえうま)の日までの10日間開催されるが、ユークイはその7日目の夜に行われる。

「約600年の歴史があり、国の重要無形民俗文化財に指定されている祭り」…と聞くと敷居が高いイメージだけど、ちょっと体験してみたくなったら、人気リゾート「星のや竹富島」の期間限定プログラムで気軽に味わうこともできる。オリジナルロゴの入ったハチマキを巻き、島の人々のお家を巡り、ピンダコや塩、泡盛をいただく。おそらくみんなが知らなくて不安になっている「巻き唄」の練習時間もあるので安心、安心。島の人々の一体感や、祭りにかける想いに触れることができる、貴重な機会になるはずだ。

ちなみにピンダコは家々によって味が違い、長く漬けるとより美味しくなるそう。島の人は皆美味しいピンダコを振る舞いたいと、早い時期からピンダコの仕込みを始めるんだとか。

一致協力することが
何よりも大切

42c4db8a41ea6f670fb32e8f7d7fb8f0ae3559e7

もし、ユークイの体験中にわからないことがあれば、遠慮しないで島の人や周りの人に助けてもらおう。 

 

かしくさや うつぐみどぅまさる

 

ちなみにこれは、竹富島の人々の根底にある基本精神。500年前の島の偉人の遺訓といわれているこの一文には、「一致協力することが、何よりも大切である」という意味がある。タナドゥイで行われる約70もの奉納芸能は、もともとは坡座間村と仲筋村という島内ふたつの村による競演という形で行われていたが、島民はまさにこの精神のもと、現在では西集落、東集落、中筋集落が一致協力して踊り、舞い、祭りを盛り上げていくのだ。

だから祭りの参加者も、協力することが大事。まさにこれ。

祭りに加わると
その土地と繋がる気がする

4c251d2c83fa883084a0aacdf499afd565febbc7

 そこで生まれたわけでも育ったわけでもないのに、その土地の祭りに参加すると、少しだけその土地の人々や土地そのものと繋がったような感覚になるものだ。自分の田舎以外にも心休まる場所が増えるような、「第二の故郷」ができるような、そんな感覚とも言えるかもしれない。

2017年のタナドゥイは、10月24日が初日、奉納芸能は10月30日〜31日、ユークイは10月30日に開催される。青い海を眺めながら、白い砂浜での穏やかな時間。そんな定番の過ごし方もいいけど、タナドゥイの体験を通して、もっと深く竹富島に染み込み、繋がるような旅もいいかもしれない。

B022d445b1b95cd312580f419561d709e66465ea

【星のや竹富島 ユークイ体験ツアー】

開催日:2017年10月30日(月)
料金:無料
含まれるもの:夜の集落周遊、唄の練習、ハチマキ
定員:16名(最少催行人数:1名)
参加方法:星のやフロントにて当日18時までに要予約

Licensed material used with permission by 星のや竹富島
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
バルセロナから地中海に沿って約350km南に、バレンシアという街がある。ヨーロッパを自転車で旅していたとき、この街に立ち寄った。目的は、バレンシア郊外のブ...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...