「コルビュジエのキャビン」を思い起こさせるタイニーハウス

ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。

じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞれ異なった内装で、キッチン、バスルーム、ベッドルーム、リビングルームを完備している。

もちろん、人数に合わせてユニットを増築していけば、組み合わせは無限大。ミニマリズムを極めたこのカタチ、僕には、あのコルビュジエのキャビンを思い起こさせた。

あらゆるタイニーハウスの
いいとこ取り

516e727382dc22c7bf36c4dd0616634098f58bdf

キャビン、ツリーハウス、隠れ家的別荘…。いろんなタイプのタイニーハウスがあるけれど、このリビングユニットはそれら全部をいいとこ取りしたような感じ。カッコつけた言い方をすれば、この家は、まさに週末に少年に戻りにいける場所だ。

73b23094dea4e5ac63400a994ac50523e8fd05ea808bb9932e5cd6f182f147abbc9b8a9b1c80c5d017457ad64cc7a92a96554e8bcb46d3c730b36ed5

この居住空間、
外観から想像できた?
■1F

Bd0a693c3ec113802dd31a4afc44348414dbe193

リビングルームは、段差になっていて様々な使い方を想像できる。

64dd3766fb442fc04b5bcb23c7d254d90105c063

リビングルームとキッチンは、コンパクトながらとても使いやすそう。右手の階段で2Fへアプローチできる。

■2F

Fb71f1f57f92214ae2f048933cd2319571b4d00c

ベッドルームの下には、収納も完備。できるだけモノを隠したい人にぴったり。

De3406296efecb44e5d649bd5ac5ad50b685ff72

3Fへと移動するためのハシゴ。この家のアクセントにもなっている。

■3F

0d920ee20661c02cacadb0efb44f44e4d38b405a

室内は、いたってシンプル。ユニットの片側は、一面の窓。向こう側に見える景色は、一枚の絵画のようだ。

組み合わせ自由自在

変化するニーズに応じて柔軟に調整することができるのもメリット。増築って、いびつなカタチになることが多いけど、これならスッキリいけそうだし。さながら、積み木感覚で、垂直にも水平にも組み合わせることができる。

162086ec4251423071063a681f1e1e59df4ae6cb

この個性的なリビングユニットを手がけたのは、スロベニアに拠点を置く建築会社OFIS Architects。国内外で多くのプロジェクトが評価され、国際的な建築賞も多数獲得している実力派。ちなみにユニットの価格帯は、20,000ユーロ(約260万円)〜26,000ユーロ(約335万円)とのこと。まずは、積み木の前に積立てですな。

Licensed material used with permission by OFIS architects
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
街の喧騒を離れて、自然豊かな郊外で週末を過ごす二地域居住。欧州では当たり前の生活スタイルを体現したような極小のキャビンをご紹介。恋人たちにとって、これ以上...
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
ツリーハウスとは、生きている樹木を土台にして建てられた建造物のこと。まあ、トム・ソーヤーみたいな冒険心は味わえるが、その喜びはつかの間。たとえ、どんなに絶...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...
ここは、アリゾナ州フローレンス。もともと別荘なんてありませんでしたが、休日に寄れる場所が欲しいと思っていたブラッドさんとジェイミーさん夫妻は、ないならつく...
崩れるたびに、またイチから土台を作り、バランスよく積み上げていく──。「積み木」とは、そうやって集中力や空間認識力を養うものだと思っていました。でもこの動...
「Nowhere resort」は、Nowhere(世界中のどこにもないけれど)、Now-here(今、ここにある)をコンセプトにした、日常から一番近いリ...