アメリカ人が「小さな家」に憧れる理由とは?

近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まっています。この流れは今後、「世界的ムーブメントになる」と予測するライターAndrew Martin氏。「Collective-Evolution」より、氏の長〜い考察を全文紹介していきます。

six-benefits-for-small-house-movement150811-02


19世紀初頭に思想家、博物学者として活躍したヘンリー・デイヴィッド・ソローは、1854年に『Walden(森の生活)』を刊行した作家としても知られている。彼は、現代のスモールハウス・ムーブメントの先駆けとなった人物と言えるのではないだろうか?
ソロー自身は、米マサチューセッツ州ウォールデン湖近くの小さな英国式コテージ(約24m×36m)に住んでいた。彼はこの狭小のコテージで2年以上過ごし、人生について熟慮し、それまでの従来の生活スタイルを大きく見直す日々を送ったという。

ソローは、当時の基準となっていた風習を次々と覆していったことでも知られている。例えば、一週間で6日働き、1日休みを取っていた。さらに、働く時間を自由に決める(フレックスタイム)ことで、彼は自身の心を明瞭化することができたそうだ。
周りの人々が、毎日ただ決められた時間を耐えながら働いているのを目の当たりにして、「大多数の人間は、静かな絶望の生活を送っている」と揶揄してみせた。
さらに、闇雲に法律や政府、社会的規範に従うようなことはせず、自分自身の良心に働きかけることに心血を注いだ。ソローの世の中に対する考え方は、まさにスモールハウス・ムーブメントの要素を表していた訳だ。

six-benefits-for-small-house-movement15081103

さて、現在カリフォルニア州を拠点に活躍する、売れっ子建築家のJay Shafer氏らの登場により、メディアを中心に趣向を凝らした狭小住宅が、数多く紹介されるようになった。世間に注目されることで、新たなライフスタイルとして“小さな住まい”が、人々の間で浸透するようになってきた。
今日ネット上では、世界中の人々が小さな家に感心を持ちはじめている。その根拠となるたくさんの画像や動画、所有者たちの魅力的なストーリーで溢れている。スモールハウス・ムーブメント世間に浸透してまだ日が浅いが、きっとこの10年で、トレンドのひとつとなることは間違いない。
そんなスモールハウス・ムーブメントが、今後10年間のうちに流行するであろう6つの理由がこちら。

01.
経済

six-benefits-for-small-house-movement1501104

財政危機の余波や、ユーロ危機が世界的に蔓延し、人々の財産が大きく変動する可能性がある。実際に、大金を失った人々が続出し、持ち家が差し押さえられることも。先行きの見えない不安から人々は、それぞれの生活や将来について、改めて見直すことが必要に。
長い年月かけて積み上げてきた地位が崩壊するとなれば、人々は真剣にこの状況について考えなければいけないだろう。世界規模の財政危機以来、経済は大きく低迷し、以前にも増して公的債務と民間負債は吊り上がり、ほぼ2倍近くにまで達している。

世界的大都市のシドニー、メルボルン、トロント、バンクーバー、オークランド、ロンドン、そしてニューヨークにおける戸建て住宅およびマンションの平均価格は、約1,000万ドル(約12億円)にまで高騰する勢い。都心部から遠く離れた郊外でさえ、およそ50万ドル(約6,220万円)を優に超える価格。どんなにいい仕事に就いていようと、ローン完済までに最低20年〜40年はかかる計算だ。
狭小住宅での生活を進める「The Tiny Life」の調査によると、アメリカで家を所有する人の割合を示している。その結果、およそ21%が30歳以下と、30歳〜40歳代で同数。ほか18%が40歳〜50歳代、そして大半を占めるのが50歳以上(約38%)ということが判明した。

02.
環境面

six-benefits-for-small-house-movement15081104

人間が生活していく上で必要とする土地の大きさ(環境フットプリント)を、一人一人が意識するようになったこともあり、狭小住宅は、今後もメディアを通じて広まっていくことだろう。
また、エネルギー価格の高騰は光熱費をも逼迫することが予想され、人々はもはや、大きな家を求めなくなる時代がやってくるはずだ。タイニーハウスにかかる維持費や光熱費は、言わずもがな少なく済む。当然、建設コストも同じことが言える。

03.
簡略化

six-benefits-for-small-house-movement150816

生活を簡略化することで、景気後退の荒波を乗り越えるためのいいスタートを切ることができるはず。小さな家で暮らし、負債を減らすことで、生活を維持することが容易になるからだ。調査によると、シンプルに浪費を減らすことで、生活は向上し、幸せで充実したものになるという明るい見通しもある。
そればかりか、モノを減らすことで部屋がスッキリするだけでなく、心にもゆとりが生まれる効果も期待できる。限られたスペースしかないことで、部屋の中を最小限のモノだけにせざるを得なくなる。こうした、生活全般を簡略化されることで、衣類や家電、家具にかける金額を減らし、ひいては精神的負担も大幅にカットする結果が期待できる。あなたが所有するモノは、必要不可欠であり、必要最低限なもののみに。また、タイニーハウスの利点として、トレーラーハウスのような自動車での牽引が可能なため、旅行や引っ越しなどの移動も楽にできる。

04.
狭小住宅に住むことで
考える余裕が生まれる

1950年代、アメリカ西部では、次々と物件が増えはじめ、住居を構える人々が増えていった。広大な土地に合わせて家屋も大きいものが主流だった。アメリカやOECD(経済開発協力機構)諸国では戦後、経済が急速に発展したため、都市を郊外へと拡大していく動きが促進された。
さらには、原油を安価で仕入れることも可能だったため、郊外化は急速に広まり、消費者の動向は大きく変化することに。ベビーブーム世代は、10年前にはなかった商品、もしくは高価すぎて変えなかったモノの工業生産高が増大したため、消費も盛んだったようだ。こうして、郊外で大きな家に住むことが、ひとつのステータスシンボルとなっていったようだ。

だが、広い家のスペースを埋めるため、多くの家具が必要。アメリカ人の毎月の収入のおよそ30%が、借金やローン返済に充てられているという。オーストラリアやカナダでは、その割合は40%にも及ぶとか。
スモールハウスムーブメントに対して、なぜ反対意見が出ないかについては、こうした財政面からも納得がいく。つまり、家のサイズを小さくするだけで、生活費の負担からも解放されるのだ。

05.
幸せのレベル

six-benefits-for-small-house-movement150811008

借金やローンを返済するストレスがなくなることで、人々は幸せになるのに豪華な家に住む必要がないことに気付く。1970年以降、北アメリカでは、平均的な家の大きさが約60%拡大した。広告の宣伝文句でも「大きな家に住むことは幸福の度合いが増す」といった、うたい文句が多く見受けられた。当然ながら、実際にそれを証明する根拠など何もないのに。
事実、ある調査では、家が大きければ大きいほど、掃除に費やす時間は長くなり、財政的にも精神的にもストレスが増加傾向にあった。生活の質を軽くすることで、自分の世界観を明確にする余裕ができ、生活をコントロールする力が身につき、最終的には、より大きな幸福感と満足感を得られるのでは?

06.
コミュニティー

six-benefits-for-small-house-movement15081109

1950年以降、急激に郊外化が進み、通勤にかかる時間は長くなった。さらに、経済発展とともに海外旅行を楽しむ人々も増え、近隣住民とのネットワークや地域コミュニティーの絆は、年々薄れていった。それは、都心部に住む人々と郊外に住む人々の繋がりの薄れでもあった。活気あるコミュニティーが孤立し、コミュニティー自体の価値も崩壊することに。
人々は、莫大な住宅ローンを払うのに必死、それなのに贅沢な暮らしを求めるがため、何が大切かを忘れてしまったのかもしれない。それが、コミュニティーであり、家族であり、そして人間関係までもが。
だが現在、狭小スペースのコミュニティーは、どんどん活気づいてきている。このムーブメントにまだ経験が浅い人は、建築規制や計画、運搬などの未知の世界を切り開くために、周りの人の協力が必要となるから。つまり、タイニーハウス・ムーブメントは、人々が失ったはずのコミュニティーを再び取り戻そうとしている。これも、魅力の一つだと言えよう。

Licensed material used with permission by Andrew Martin via Collective-Evolution

今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回ReTHINKするのは「HOUSE=家」...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ket...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...