ビニールハウスのように太陽光で温まる「ぽかぽかエコハウス」(スウェーデン)

これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てることで、太陽光によってポカポカになるエコハウスをつくってしまったのだとか!上の階なら、真冬でも暖房なしで室温を15〜20℃に保てます。いや〜スゴイ。

家の中に家があるという斬新なアイデアですが、もちろん機能面でも魅力的な部分がたくさんありました。

家を「温室」でカバー!

Medium bca395043fab2fce348707e65937283fd3117a5f

太陽光が当たって自然に暖まる仕組みの住宅。強化ガラスによってカバーされており雨風を防げます。

Medium e73d76bc53b7aab5d04d0b50d1a48342d675ee48

屋上には、遊び場も。外にいる感覚ですが、屋内なので道具を出しておいても天候で汚れる心配なし!それに…

ハーブ・野菜・フルーツが
スクスク育つ!

Medium d0339efebfac9afc3398d9997bb2c0233e93aea6Medium 54e38ab622f02b14e67ebbed2e7e9a652b26dc1aMedium 0fd15506d6f99d02442f518fbd0f22a81351e77d

家全体がビニールハウスみたいなものですね。もちろん野菜の栽培にも◎。トマトやキュウリがよく育つそう。そのほかグレープの木やフルーツも。

Medium d0be0e9772dd3a2cc036f1da6f349fb0d4bcd4a6Medium 35042bc02acd78e3ecd24bddffc76286e4711fea

この家だと屋根が要らないのよね

と語る家主。先に紹介した屋上も、もともとあった屋根を取り外してつくったものだそう。上を見上げるとこんな感じ。

Medium 3922b18ec67c29d53c7e31db5d3561421a9b014c

とても開放感がありますよね。もちろん暖房器具が完全に要らなくなるわけではありませんが、特別な体験になることは間違いなさそう。家の中に庭がある感覚でしょうか。

寒い地域で暮らすときの「新しい選択肢」になりえるかも?

Licensed material used with permission by Kirsten Dirksen
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
この未来的なデザインは、サンフランシスコの建築事務所「テリー&テリー アーキテクチャ」が設計したもの。まるで海の上に浮かんでいるかのようなこのお家...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。「学生時代に戻りたい」と。ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
2000年代半ばから徐々に注目され、2014年前後に人気が急上昇しはじめた「トロピカルハウス」。今年は日本にも本格的なブームが到来。とはいえ、なにそれ?と...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!ゆっく...
一体どういうことか。文字通り、家がクルクル回るんです。百聞は一見にしかず。まずは動画を見てみて下さい。どうやら子どもたちの力でも回っちゃうみたい。「PAT...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...