手を伸ばせばすぐに届く「東京では味わえない旅と音楽」

生で聞く音楽って特別。なぜって、会場の光景や空気感、アーティストの動きや表情から、音だけでは感じられないような、その時その場でしかできない体験が楽しめるからだと思うんです。いまやフェスは全国各地で開催されているので、ライブを見に行くこと自体が、旅の目的として一般的になりました。

ここで紹介するのは、そういった“音楽を目的とした旅”のなかでも、ちょっと珍しいかたち。Airbnb(エアービーアンドビー)の新たなプロモーション「THE LIVE HOUSE」です。ある一軒家にアーティストや観客、その地域に暮らす人が集まり、友だちとくつろぐみたいにしてライブを楽しみました。

会場は瀬戸内海を望む
モダンな一軒家

1bd8db79d71c3f9bc2f94c1d7d35db35d1c95818F680b9d9d3a214db91980c3d114b93e3e8189eb8

会場となったのは、香川県荘内半島にある、瀬戸内海を望む高台に建つ一軒家。ひときわ目立つ大きな窓の外いっぱいに広がる眺望が、訪れるゲストを非日常へと誘います。時計が置かれていないため、時間の流れを忘れられる場所です。

Airbnbに登録し、この場所の貸し出しをはじめたのは2016年3月。ホストの真鍋さんは、息を飲むような美しい景色と、日常を忘れるための空間づくりをするために、家の中の環境づくりにこだわってきたといいます。

地元の食を味わうために
伝統・収穫・料理を知る

F6cafbfac644c2dae78e0de1759dd3314d2ff2e8

「景色を目的に来ていただけるだけでも嬉しいんですが、せっかく来ていただいたのなら、他にも地元のいいところを堪能してもらいたいと思ったんです」と語る真鍋さん。

彼が始めたのは、地元の人が、地元の話をしながら、地元の素材を使って料理をつくる、というサービスでした。

62b3014b306d50a4bf160321a93c162b3f45a22b

そこでは、畑で一緒に野菜を収穫したり、買い物をしながら食材の説明をしたりしながら、料理をつくっていきます。伝統料理のルーツや、食材が作られていく背景を知ると、食事は一層楽しくなります。

これは、自分たちがつくったものを消費者に直接紹介する機会が少ない生産者にとっても嬉しいこと。真鍋さんがゲストを連れてやってくるのを毎回楽しみにしているとか。地元の文化に関心のある人と、旅行者に“地元ならでは”を知ってもらいたいと思う生産者が交流できるのも、“暮らすような旅”を実現してくれるAirbnbならではの魅力でしょう!

ふれあいの旅から始まる
Awesome City Clubのライブ!

そんな日々の忙しさや疲れを一気に忘れさせてくれそうなロケーションでライブを行ったのは、テン年代のシティ・ポップを牽引するAwesome City Clubの5人。

ただ、到着してすぐにライブというわけではありません。ライブハウスとなるおうちに到着して、彼らは真鍋さんから教えてもらったローカルスポットへ向かいました。

A65b5434a81433647f10eff220954891c4d49d77

港から船で10分ほどの場所にある蔦島(つたしま)で、「たこ判(大判焼き)」と呼ばれて親しまれている大きなたこ焼きをほおばり、260年以上もお酢を作り続けている醸造蔵では、創業当初から変わっていないという杉樽を使った伝統製法を見学。

3b4f11b797c26f37728ea0d487f2c02bcb13efa1

お酢のボトルに使われている可愛らしいイラストが、オーナーさんの息子さんが小学生のときに描いたものだと聞かされたメンバーは食い入るようにパッケージを見つめていました。

225545426996a4b1cf1e8d0d35297c751e81428d

船では、atagiさんが乗り合わせたおじいさんに釣り場を教えてもらったり、お孫さんとメンバーが楽しそうに写真を撮影する一幕も。

特にPORINさんとユキエさんは、小さいお孫さんがかわいくてしかたがない様子で、熱心に話しかけるなど、行く先々で地元の人々と触れ合う旅を堪能しました。

3e22856be6c96fc4589ee5d2e16932cd110d3149

約1キロのロングビーチが広がる父母ヶ浜(ちちぶがはま)では、メンバー全員が浜辺を走って競争することに。

PORINさんが「デビュー前の自分たちに戻ったような感じがしましたね。単純に友達としてみんなで遊んでいた頃に」と語ってくれたように、ステージ上とはまた違った5人の楽しそうな表情が印象的でした。

この時ここでしか聞けない
目の前で響く“生音”

2971f42aa22ba57152bb8b176c059146ae051293

遊びにグルメに盛りだくさんの1日を締めくくるのは、モダンなおうちの庭を舞台にしたアコースティックライブ。イベントは完全招待制で、多数の応募の中から3組6名のゲストが招かれました。なかには、デビュー前からのファンや、このライブのために東北からやってきたという人も。

ライブへの期待感とロケーションが生み出す高揚感に包まれる中、フェス会場のように飾り付けられたおうちの庭で、スペシャルライブがはじまりました。

楽器を持って椅子に座るバンドメンバーと、芝生の上に敷かれたラグマットでくつろぐゲストたち。その距離感は、本当に手を伸ばせば届くほど。

551bf608a1e2d78c2aa3f44455f073d96762d64d

モリシーさんも「目の前にいるのはお客さんなんですけど、なんか家族に向かって演奏しているような感じ。『ちょっと聞いてよ』みたいな(笑)」と振り返るようなリラックスした空間でした。

B7aac941ee403bda10af4369c67d885790c36094

曲の間には、メンバーとお客さんが、Awesome City Clubを知ったきっかけや、今日1日の旅について話すなど、終始和やかな雰囲気。プライベート感がたっぷりで、まさに“おうち”にいるよう。

35fcc21ca82f8fc3da389163e5360910811ee2d9

お客さんからは、「マイクを通さない生音のクリアさに驚きました。本当に夢なんじゃないかってくらい幸せな時間でした!」「ライブはもちろんなんですけど、時間とともに情景が変わっていくっていうのが、ライブハウスではありえない体験なので感動しました!」と興奮冷めやらぬ感想が続々と。このロケーション、この時間帯でしか成り立たない贅沢な体験です。

また、この日はライブにやってきた3組のお客さんもAirbnbを利用して宿泊することになっており、その印象について「場所やロケーションが変わるだけで、普段とは会話の内容も変わるので、新しい発見がありました」という声や、「同じ県内に住んでいても、この辺りには知らないスポットが多かったので、ローカルな魅力を感じることができました」などの感想が。

Ab2c37f0a2ec39d10810fad744e6e120ebbb005c

ライブ終了後、ベースのマツザカさんは、「THE LIVE HOUSE」についてこんなコメントを。

「東京だったら車の音とか騒音があるから難しいと思いますけど、ここはとても静かで、虫の声とか心地いい音が聞こえてくるから、本当にここでしかやれないし、今日しかできないライブができたと思います!」

1e70dcf642e6ca4d7e6a42dd7609f658b54e9e0c

ドラムのユキエさんにとっても、刺激的な体験だったようです。

「生音でやるというのは不安もあったんですけど、これをやったことで『あぁ、みんなはこういうサウンドを出してくれてたんだ』っていう発見もあって、いつもよりもみんなの音楽を感じながら演奏できたのが良かったです!」

8b28facd0bc5d1bd1156548d887ee741d47fb35e

ボーカルを担当するPORINさんは、「お客さん同士が、初対面なのに仲良くしていて、そのきっかけがAwesome City Clubだったと言ってくれたのが嬉しかったです!」と話してくれました。

マイクを通さず、生音で演奏するライブは、お客さんだけでなく、ミュージシャンにとっても特別。初対面で仲良くなっていたゲスト同士も多く、人と人がこれまで以上に近づける、新しい可能性が感じられるイベントでした。

非日常的な場所で
日常のような旅をしよう!

1da3555603495e7c17679dc2109a44ad687c3308

見知らぬ土地で刺激的な体験をしながら、もうひとつの地元に帰ってきたかのような温かいひとときを過ごす。日常を象徴する生活空間で、ライブを見るという非日常を味わう。

これって、世界各地にある、自分に合ったユニークな部屋を借りて、暮らすように旅することができる、Airbnbだからできること。一度体験したら忘れられない思い出になるはず!

38356527b5e6a5a02853928b56550f0357c1d86e

今回初めてAirbnbを利用したというatagiさんは、旅の感想を次のように話してくれました。

「ライブでいろんなところに行けるからいいねって言われるんですけど、ぼくらが見ているツアーの景色ってほとんど東京の街並みと変わらないんです。違いがあるとすれば、食べるものが少し違うくらい。だけど、旅って本来そうじゃないと思うんですよ。今回、ぼくは釣りをしたんですけど、貸し出されているおうちは海のすぐそばにもあるし、キッチンがついていることもあるから、その場で釣った魚を調理して食べることもできるし最高でした。長いことしてなかった旅を、久々にしたって感じがしましたね」

また、マツザカさんからは、こんなコメントも!

「自分は歌詞を書くことが多くて、旅先でやることもあるんですけど、そこで見た景色が時間を経て言葉になっていくんです。今回の旅では、みんなで同じ景色を見ることができたので、これが共通言語になって、曲作りにも活きてくると思います」

893057c958fafbb310381518ace4aff48bf7e088

そこで暮らしている人と話しながら、その地域を実際に見て回ると、たとえ行ったことがある観光地でも、地元の人しか知らないような新しい一面が見えてきます。そう考えると、まだまだ知らない場所ってたくさんあるはず。 

当たり前のできごとにも、視点を変えて接すれば新しさを感じるもの。そのきっかけとなる場所や人、行動に出会いたいときに、そっと寄り添ってくれるサービスがAirbnb。

宿泊するときだけでなく、各地で行われているアクティビティに参加したり、自分がオーナーになってイベントを企画するときにも役立ちます。「THE LIVE HOUSE」のような体験を、自分たちでつくることも難しくないんですよね。

Dcfb79ab5a9332cb27328cbe5fc391bdc5572191
知る人ぞ知る宿泊施設が、湘南・葉山にある。「THE HOUSE on the beach」と名付けられたそれは、以前にこちらの記事で紹介した「THE HO...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
青い海、白い建物。まるでギリシャ・サントリーニ島にいるかのような気分を味わえる場所が、東京から車で1時間ほどのところにある。葉山「THE HOUSE」は、...
葉山御用邸に近い高級別荘地。三ヶ下海岸という名の小さな海岸沿いに誕生したのが、今回紹介する「THE HOUSE」です。一歩足を踏み入れると、そこはまるで海...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
窓が汚くて雑巾で拭いたのに、まったく綺麗にならない。「あっ、反対側の汚れだったのか…」なんてことがあります。ここで、外に出て拭けるようならまだOK。でも、...
GAKU-MC/ガク エムシーラッパー アコースティックギターを弾きながらラップする日本ヒップホップ界のリビングレジェンド。2011年にレーベル Rap+...
ポツリと1軒だけ建っているツリーハウス。一体どこの荒野?と思いきや、意外にもここはハワイ。とは言っても、見ての通り青いビーチが広がっているわけでもなく、リ...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
SNSで話題を集めている「手作りオムライス」。とても美味しそうですが、じつは食べることはできません。その理由は、写真を注意深く見てみるとわかります…そう、...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
1925年から発行されている文芸誌「THE NEW YORKER」。ニューヨークにスポットを当てた記事を掲載しつつも、全米に(世界中にも!)多くの読者を持...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
昨今は、一つの拠点に長期間滞在するのではなく、日本各地の観光地をホッピングする(飛びまわる)ように旅を楽しむスタイルが人気。そんな“Hopping Tra...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...
最初に断っておくと、自分はフード専門ライターではないので、ハンバーガーに限らず世界一を決めるような舌は持ち合わせてない。けれど、いちバーガーマニアの意見と...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...