自分の強みを伸ばすために、今すぐやめるべき5つのこと

人からよく褒められる部分や自分なりの強みを伸ばしていきたいけれど、どうも踏ん切りがつかないあなた。自分の長所を最大限に生かすためには、思いきってやめなければならないことだってあるのでは?

01.過去の経験や記憶に執着する

辛い過去にとらわれない

過去の出来事が気になって、思いきった決断ができないことがありますよね。
しかし、後悔や不安ばかりが心の中に渦巻くようであれば、過去を振り返ることはやめましょう。開き直ることも大切。
これから新たに歩んでいくことができる未来のことに気持ちを集中させ、ポジティブな方向に意識を変えていきましょう。

02.将来への心配や不安を考え込む

まったく始めていないうちから心配ばかりしていたら、どんどん不安が大きくなってしまいます。将来に対する不安を突き詰めて考えることを一旦ストップしてみませんか。そして、「どうしたらうまくいきそうか」について考えては?
楽しそうでワクワクする感情が芽生えて良い兆候かも。

03.プライドやこだわりをもつ

プライドとこだわりは必要量を決めよう

自分の長所や夢に向かって情熱を注ぐ勇気は大切ですが、こだわりやプライドが新たな自分の魅力を発見する妨げになることもあります。

周囲の評判などを気にし過ぎて身動きがとれない時は、あなた自身の「大丈夫、新しいやりかたでもなんとかできる」という感覚をもっと信じてみては?信頼できる人に素直にサポートを求めれば、自分の想像以上に良い方向へ道が拓かれることもあるはず。

04.自分自身で能力の限界を決めつける

無意識のうちに、自分に対するイメージを作り上げ「私はこういう人」という枠を決めてしまっていることがあるかもしれません。

自分の強みを最大限に活かすためには、能力の限界を自分で最初に決めつけてしまわないことが大切。「この程度」と自己評価することはやめて、少しでも気になることがあれば、まずはチャレンジ。たとえ失敗しても、貴重な経験です。将来の成功への足掛かりとなるはず。

05.憧れや理想の姿を追い過ぎる

憧れや理想を追いがち

何かを始めようとするときに、憧れの人や、理想の姿を思い浮かべることはよくあることです。が、理想像をそのまま自分に置き換えたとき、理想と現実のギャップが大きすぎて、何から手をつけたらよいか分からないと感じる人も多いはず。

ポイントは、今の自分にできることから始めてみるということ。そうすることで、自分なりの強みを生かせるような具体的な方法が見えてくるかも。

自分の強みを身につけたいという気持ちが、行動を生み、その経験が新たな自信に繋がります。そして「また新しい事に挑戦したい」という積極的な気持ちが生まれます。あとで「あの時やってみればよかった」と思っても、過ぎた時間を戻すことはできません。思い立ったら即行動し、充実した日々を過ごしましょう。

弱みを克服することも大切ですが、もっと大事なのは、あなたの強みを最大限に活かすこと。たとえば、夢を賭けた過酷な競争で知られるアメリカの起業家たちの間では、...
「あの人、カッコいい!」と思う女性の条件はさまざまだと思いますが、「芯があってブレない女性」はその一つなのではないでしょうか。「Higher Perspe...
仕事や勉強、運動をしているとき、自分で勝手に限界だと決めつけて、諦めてしまう。すると、そこで思考はストップ。残念ながら、これではその人が持っている潜在能力...
30代、40代なら『Give me a Shake』や『 Never gonna stop it』、20代なら『Tacata'』で知ったという人も多いかも...
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
夏休みもシルバーウィークも終わり、いよいよ年末に向けて「今年立てた目標、ちゃんと達成できているかな?」と振り返る時期かもしれません。なかには「全然できてな...
仕事にのめり込むのも、好きな人にアプローチするのも、ストレスが溜まった状態ではうまくいかないもの。そこで参考にしたいのは、「Elite Daily」のライ...
出産して家庭に入り、夫に尽くすーー。「そんな典型的な女性像は、もうこりごり!」と公言しているライターSamantha Cohen氏の記事を「Elite D...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...
あなたが今すぐにでも旅に出た方が良い理由を、Elite Dailyのライターが自身の経験から綴っている。今回は彼の経験談から、その理由を紹介する。「1年間...
「旅立とう!場所はどこでもいいから、部屋を飛び出そう。幸福と自由の感覚を研ぎ澄ませ、手足を広げよう。目の前に広がる景色を感じ、広く生き生きとした視野を持ち...
「私は、世間の期待に応えるために生きているんじゃない。あなただって、私のために生きているわけではないはずだ」ーブルース・リーこの名言から始まるのは、Mar...
誰からも信頼されていて、どこへ行っても人気者。いつも満たされてそうで、人生が楽しそう。とにかく愛されているのが伝わってくる。あなたの周りにも、そんな人がい...
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...