本当にクリエイティブになりたければ、今すぐやめるべき「5つのコト」

本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏がInc.com」にまとめています。この記事を読む限り、「安心」や「満足」からは決して新しいものは生まれないと言えるかもしれません。

01.
「やり切った」という考え方

0085594381_Large

「締め切り」は、あるプロジェクトの区切りを意味します。しかし、本当にクリエイティブな人は、プロジェクトがそこで終わるとは考えません。

プロジェクトや作品は、締め切りの延長線上で、常に進行している作業。そう捉えることで、自分の能力を高める機会を確保します。

過去のものを見返せば、すべてのものには「改善の余地」があることに気がつくはず。それこそが、創造性が生まれるキッカケなのです。

02.
自分は「オリジナルな存在」
だと過信すること

クリエイティブであるということは、過去の優れた人たちからアイデアを受け取り、彼らの研究や失敗から学ぶことで、さらにそのアイデアを進化させるということ。しかし、クリエイティブになろうとしている人は、インスピレーションや外からの刺激のない暗い部屋の中で、必死に何かを生み出そうとしていることが多いです。

時にはそれが有効な場合もあるでしょう。が、他人の研究や仕事を利用するほうが、より効果的。おそらく、あなたが生み出そうとしているものは、他の誰かもすでに挑戦しているでしょう。あなたは、他人の優れたアイデアを学ぶことで、時間を削ることができるのです。

このようなことわざがあります。「素晴らしいアーティストはマネをし、偉大なアーティストは盗みます」。

03.
居心地のいい場所に
留まり続けること

クリエイティブであることは、快適ではない空間で多くの時間を費やし、必死に模索した結果。境界を壊し、他人が望んでいないところへ行き、未知なるものを受け入れるのです。

良いアイデアは机の前では浮かびません。それらは、実社会でこそ浮かんでくるものなのです。快適な空間から抜け出しましょう。

04.
周囲からの「やめておけ」
を受け入れること

00079687171_Large

あなたが自分の居心地の良い場所の外へ出て、未知なるものを受け入れようとする。そんな時、他人は「あなたは間違っている。外には何があるかわからない」などと言うでしょう。

クリエイティブであるためには、他の誰かが行う前に、あなた自身が進んで行わなければなりません。たとえ周りの人が「やめておけ」と言おうと、恐れずに前進しなければならないのです。

05.
自分に妥協すること

91561883_Large

この項目が、今まで紹介した中で一番難しいかもしれません。

本当にクリエイティブになりたいならば、名声や金、 エゴなどは気にせず、すべてにおいてリスクを取ります。なぜなら、もっとも重要なものは、「あなたの目標」だから。

完璧に練られた事業計画で「優秀さ」が測れるわけではありませんし、自分の利害に関わる人たちから賞賛されるためにした行動で「創造性」が生まれるわけでもありません。自分でも気づかないうちに幾重にも重なった壁をぶち破ることで、身についているものなのです。

もしあなたが、自分に妥協してしまい、本心に歩み寄らなかった場合、本当の意味でのクリエイティブは生まないでしょう。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole

女性ライターSilvia Mordini氏が、今すぐやめるべき「15の習慣」をまとめています。この記事によると、日々の行動を改善するには「やるべき」よりも...
夏休みもシルバーウィークも終わり、いよいよ年末に向けて「今年立てた目標、ちゃんと達成できているかな?」と振り返る時期かもしれません。なかには「全然できてな...
誰からも信頼されていて、どこへ行っても人気者。いつも満たされてそうで、人生が楽しそう。とにかく愛されているのが伝わってくる。あなたの周りにも、そんな人がい...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...
あなたの周りにもきっといる、クリエイティブで斬新なアイデアをどんどん生み出す人。彼らのように仕事をするためには、キレのある頭脳と集中力が必要ですが、それ以...
毎日の生活のなかで、明確な理由はないのにストレスを感じてしまうことがありますか?自分では常識だと思い込んでいることが案外、気持ちや行動の自由を奪い、疲弊す...
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
「私は、世間の期待に応えるために生きているんじゃない。あなただって、私のために生きているわけではないはずだ」ーブルース・リーこの名言から始まるのは、Mar...
人からよく褒められる部分や自分なりの強みを伸ばしていきたいけれど、どうも踏ん切りがつかないあなた。自分の長所を最大限に生かすためには、思いきってやめなけれ...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
自由に生きたいとは思いつつ、実際は難しいから…と諦めてはいませんか?じつは、ちょっとした習慣を変えるだけで自由は簡単に手に入れられるんです。01.手持ちの...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
いつも時間に追われ、イライラしがちな人ほど、人間関係のトラブルに巻き込まれてしまったり…じつは日常の行動が、その原因を作っているとも言えます。常識だと思い...
仕事にのめり込むのも、好きな人にアプローチするのも、ストレスが溜まった状態ではうまくいかないもの。そこで参考にしたいのは、「Elite Daily」のライ...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
果敢に目標にチャレンジしている友人を見て、「やりたいコトがあっていいなあ」と羨ましがっているそこのあなた。それって、もしかしたらあなたの「思考」に問題があ...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
旅こそひとりの人間として成長するための良き師であり、インスピレーションの源だ。そして旅という最良のツールとリソースを、より多くの方々に活用してほしい。自著...
映像、デザイン、写真、ワークショップなど、さまざまな手法でモノ・コトを生み出すクリエイター集団「DRAWING AND MANUAL」。その代表である菱川...