日本全国のお坊さんに「生き抜く智慧を学ぶ」旅

2017年も残すところあと1ヶ月と少し。まだ早い気もするけれど、そろそろ1年を振り返って、来年のことを考える時間をつくりたい!

そんな人に、ぜひ行ってもらいたい“駆け込み寺”があるんです。

大規模な「寺フェス」を初開催する
京都・本願寺へ!

世界遺産にも登録されている京都・本願寺で、浄土真宗本願寺派が開催する『スクール・ナーランダ特別編』に注目。ひとことで言えば、現代版寺子屋のようなもの。お寺という空間で、僧侶をはじめとした多様な分野のトップランナーから今と未来を生き抜く智慧を学びます。

これだけ聞くとなんだか堅いイベントのようですが、その内容はユニークなものばかり!本願寺内にある国宝の阿弥陀堂で開催される音楽ライブ、日本中から集まったお坊さんと交流できる『ごえんさんエキスポ』などなど。

しかも、入場料は無料なんです!

F9e0d402f9425e48259b70806c99e463c526c9db

01.
お茶とお菓子をいただきながら
「アラサー僧侶に人生相談」

5d821434c9e2ab81273ccfaaf3449b4e6ea9a850

心のなかにある悩みや不安(愚痴でもOK!)。当日は、どんなに些細なことも、“僧職男子”がすべて受け止めてくれます。しかも、本願寺ゆかりの和菓子、「亀屋陸奥」の松風や、「むしやしない」の豆乳スイーツやグルテンフリーバウムクーヘンなどをいただきながら、同世代のお坊さんとゆる〜く談話できるそう。

周辺では、老舗料亭「木乃婦」をはじめ、鯖寿司の名店「いづう」、抹茶料理店「辰巳屋」、スペイン料理店「ベジョータ」など、京都の有名店が数量限定でお弁当を販売するというからランチにも期待大!

02.
スイス発「デスカフェ」が出展!

死について自由に話し合うワークショップに参加したことはあるでしょうか?未来について具体的に考えるきっかけにもなると、20代の若者を中心に人気。いまでは約40カ国で開催されています。

お坊さんも参加予定なので、死生観についての視点や、助言を聞くこともできちゃいます。参加費500円でお茶とお菓子つき、あまり話す機会のない話題でドキドキですよね。

03.
世界で活躍する“高木正勝”が、
国宝・阿弥陀堂をステージにコンサート

490bf78622d9614b38dfbbb3f13206489e8e1c4d

『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』など、数々の映画やドラマのサウンドトラックを手がけてきたことで知られているアーティストの彼、じつは実家がお寺ということもあり、もともと仏教にゆかりが深い人物なのです。

残念ながら、お堂での鑑賞は申し込みが終了してしまいましたが、約150名が入場できるライブビューイングは、事前申し込みなく誰でも参加できます。

からだをスーッと通り抜けるような透明感のある音色を、お寺という清らかな空間で聴けるチャンスは貴重!

04.
世界遺産・本願寺の境内に
「サイレントフェス」が出現!

88f63e7b8d8b1246a76aa2c53bd36fc466d632e2

日本各地で開催され、話題を集めている「サイレントフェスTM」が、スクール・ナーランダとのコラボで開催。クラブとは違って、その空間自体は無音です。

参加者それぞれが、ワイヤレスヘッドフォンを通じてDJブースから流れる音楽を楽しむプログラム。「テクノ法要」や「向源」など、全国のお寺でイベントを主催する僧侶がとっておきの音楽をお届けします。

自分の世界に入り込める一方で、同じ音楽を共有しているまわりの人と繋がることもできる不思議な体験に、ぜひ参加してみてください。

05.
僧侶の読経や雅楽演奏のなか
浄土真宗の「おつとめ」を体験できる

E89210c314c095150444c5ded2532f375f45a139

25代目門主の就任を記念した今回の「スクール・ナーランダ特別編」では、浄土真宗の特別なおつとめも行われます。

静かな空間に身を置き、僧侶による読経や雅楽に耳を傾ける非日常体験は心のデトックスにもなるはず。

悩んでいる場合じゃない!

いくつかのプログラム・カリキュラムに参加し、多様な考え方に触れることで、今と自分の未来について考えるきっかけにもなりそう。そうして人生の指針をつくることができれば、清々しい気持ちで新年を迎える準備もできるはず。それ抜きにしても、参加したい催しが目白押しです。

12/10(日)には、仏教を学んでいる方を対象とした、元サッカー日本代表の中田英寿とヒューマノイドロボットPepperくんの開発リーダーを務めた林要らによるトークセッションも。

京都各地で様々なイベントが開催されている12月。友だちを誘って週末1泊2日京都旅行を計画するなら、「スクール・ナーランダ特別編」は絶対チェック!

A7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3

<開催概要>
第25代専如門主伝灯奉告法要記念・協賛行事

「スクール・ナーランダ特別編」

日程:12月9日(土)13:45〜17:00
開催地:本願寺・阿弥陀堂
入場料:無料
出演:高木正勝(音楽家・映像作家)/車兪澈(生物学者) /藤丸智雄(浄土真宗本願寺派僧侶)
※阿弥陀堂への事前入場申し込みは満員に達しましたが、当日はライブビューイングを実施。事前申し込みは不要で、どなたでもご鑑賞できます。

「ごえんさんエキスポ」
日程:12月9日(土)・10日(日)10:00〜17:00
※10日は16:00まで
開催地:本願寺内・白洲
入場料:無料

「本願寺ギャザリング」
日程:12月10日(日)13:45〜17:00
開催地:本願寺・阿弥陀堂
入場料:無料
出演:中田英寿(一般財団法人 TAKE ACTION FOUNDATION 代表理事)/林要(GROOVEX 株式会社代表取締役)/ 天岸淨圓(浄土真宗本願寺派僧侶)
内容:おつとめ、異分野×僧侶による対談
申し込み方法:門信徒の方は本願寺派の寺院経由で、それ以外の方は本願寺派の各教務所へお問い合わせください。

夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
タイフェスやアイルランドフェスなど国際イベントが多く開かれているイメージの代々木公園。しかし「和」のフェスもありますよ!6月16日より「大江戸和宴 〜大江...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
音楽フェスの楽しみ方は人それぞれ。超ノリノリではしゃぐのも良いし、静かに音楽を楽しむのも良い。今回紹介する男性の場合は、こうだ。  頭を振りすぎて脳震盪を...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
イタリアのデンタルケアブランド〈Marvis(マービス)〉のトラベルセット。スタイリッシュな見た目は、旅はもちろん、オフィス用にも重宝します。
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...