このテープがあれば、壁に穴を空けなくてもOK。

〈STALOGY(スタロジー)〉っていうステーショナリーブランドを知っていますか? 粘着テープなどが有名な〈ニトムズ〉の製品をベースに、good design companyの水野学さんがアートディレクションを行ったブランドです。

付箋や手帳、ペンなど、どれも使いやすくていいんですが、この「両面テープ超強力透明15mm幅」はハンパじゃないです。

名前の通り、超強力な両面テープで、鏡とか額装とかをそのまま壁にくっつけることが可能です。しかも透明性も高いので、仕上がりもきれい。いかにもテープで貼りましたって感じにはなりません。

一家にひとつ。これがあれば壁の装飾が楽しくなります。

Amazonで購入可能です。

1f9360fff541bc0aa2d93caf65f661471749ed42
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲...
よもや平凡な荷造り用の梱包テープだけを使って、アート作品をつくりあげてしまうとは。オランダに拠点を置くMax Zornは、誰よりも多くテープを使いこなして...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
トンネル、鍵穴、バスケットゴール、公園のトラッシュボックス、ワインボトル回収箱、スケボーランプ。街中の穴という穴をふさぐ、という手の込んだ「いたずら」が、...
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
これまでにもレトロなテープライターや固形ペンキなど、手持ちのアイテムをアレンジできるものを紹介してきましたが、コイツもちょっとしたDIYが楽しめる商品。〈...
スマホ用製品の技術向上によって、物理的に見えなかった、壁の向こう側も見えるようになったようです。なんのために使うの?と思えても、アメリカでは数々のメディア...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
新しい自分になりたいと思っていても、何をどうしたらよいのか分からず、具体的な行動に移すことが難しいと感じていらっしゃる方も多いようです。新しい自分になるた...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...