【美しき日常】カーストは関係ない。毎日10万人に「無償でカレーを提供する」黄金寺院

インドには様々なイメージがあるが、そのひとつにカーストが挙げられる。近代化が進んだ現代においても根強くインド社会に残る身分階層だが、それがまったく関係ない場所がある。

seija_sub3_s黄金寺院

■黄金寺院の共同食堂「ランガル」

北インドにあるシク教(あるいはシーク教)の総本山である黄金寺院。現地の言葉でハリマンディル・シャーヒブと呼ばれるここは、巡礼の地であり、観光スポットとしても知られている場所だ。
広大な敷地内には、時計塔や博物館などがあり、いずれも見応えのある建築物となっているが、話題にしたいのは「ランガル」という食堂だ。といっても、その規模は想像を絶するもので5,000人が同時に食事できる広さになっている。

seija_sub_sみんなでいただきます

■ここでは、誰もが平等に食事をする

ランガルでは、毎日10万食ものカレーが作られ、訪れた人々に振る舞われる――ここでの食事は、カーストはもちろん信仰する宗教すらも無関係に、すべての人に対して無償となっている。貧富の差が激しく、カーストが表向きはともかく、潜在的に残るインドにおいて、誰もが平等に、一緒に食事することができる。
そして、にわかには信じ難いことだが、小麦粉2,300kg、豆830kgという1日に使用する膨大な食材はすべて寄付によってまかなわれ、調理も約300人のボランティアが担っている。
これは500年以上続く、宗教的な行為であり、なによりも、日常の営みなのだ。

seija_sub4_sチャパティを焼く人

seija_sub2_s火加減を確認する人

■気になるその味は?

ベルギー人のシェフ兼料理研究家のフィリップ・ウィチュス氏は、このランガルを訪れて感銘を受けた人物だ。
毎日10万食もの食事が、プロではない人々によって、システマティックに調理され(しかも、近代的な調理器具は一切使用しない)、供される。その光景に圧倒されたウィチェス氏は、妻と二人でかの地に滞在し、毎日のようにランガルで多様なるインドの人々と食事を共にしたそうだ。
そんた彼らによると「カレーは新鮮で美味しい」とのこと。

■その光景に出会える映画作品

ウィチェス氏はカレーを食べるためだけに、黄金寺院を訪れたのではない。この神聖で美しき日常をフィルムにおさめることに、彼は成功している。
作品のタイトルは『聖者たちの食卓』。BGMもナレーションもない。簡素な作品だが、その映像美とトリップ感覚に言葉を失う65分を味わえるはずだ。

映画『聖者たちの食卓』
黄金寺院でいただきます10万食の大きな団らんを体感するインド・シク教の聖地に500年以上伝わる”聖なるキッチン”の一日を追ったドキュメンタリー
2014年9月27日(土)より渋谷アップリンクロードショー、K's cinemaモーニング、ほか全国順次公開!

All photo by  himself  he cooks

Sponsored by 渋谷アップリンク

ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
この物語には、ドラマチックな出来事は何一つ起きない。パターソンという小さな町で、バスの運転手として生きる主人公パターソンの7日間を淡々と描写しただけのシン...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
映画もそろそろ終盤。感動のシーンが流れ、ストーリーに集中できなくなるほど盛大に号泣…。そんなフィクションのストーリーにも感情移入できるのは、あなたがとても...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画...