撮影して満足?スマホ写真中毒者が忘れている「5つのコト」

もはや写真はスマホで撮るのが当たり前。画質も十分だし、SNSでの共有もとっても便利・・・だけど、ついつい撮影することだけに夢中になっていない?  アナタの仲間内でもいるでしょ。いつでもどこでも夢中でカシャカシャしてる人。そんな「スマホ写真中毒者」たちが忘れている、本当に大切なコト。ここで考え直してみませんか?

01.
中毒者に限って、
写真を見返さない

shutterstock_210790618

手軽に写真を撮りまくるわりに、その写真を見返すことは案外少ない・・・誰もが思い当たるフシがあるのでは?
「いつでも見られる」手軽さが、反対に「なかなか見ない」になってる中毒者は結構多いはず。

02.
写真フォルダはいっぱい
でも、なんにも覚えてない!

shutterstock_197128130

本来、写真撮影の目的は思い出を忘れないようにするため。でも、中毒者たちは撮ること自体が目的に。肝心の体験や目の前にある風景を楽しまないと意味がありません。いずれにせよ、ただ撮ればいいってわけじゃありません。形に残して、写真を見ることも大事なんですね。

03.
結局「いいね!」が
欲しいだけ

中毒者たちの多くは、写真をSNSヘアップすることが大好き(Instagramなどは、そもそも撮影することがイコールSNSヘのアップに!)。
それ自体はいいことなんですが、自分や家族、あるいは大切な人との思い出を見返すためには、写真を本にして残しておくのもいいですよね♪

photoback_btn02_01※ボタンをタップすると、App Storeのページがひらきます。

04.
データ保存の写真は
とっても「モロい」

shutterstock_214206436

スマホを落としてデータがなくなってしまった・・・。そんな経験が多くの人にあるはず。どんなに大切にしていてもスマホやPCに保存してあるデータは、案外とモロいもの。その点、「形」あるフォトブックなら、つぶれてしまう心配は少なく、いつまでも思い出を残しておけるメリットがあります。

05.
写真は保存するもの
じゃなくて「使うもの」!

写真を撮って保存して終わり・・・それでは楽しさは半減してしまいます。例えば、卒業アルバムなんかは、それを見返すのが一番楽しいはず。 それはSNSで公開するのとはちょっとワケが違います。
仲間や家族と同じ時間を共有して、思い出を語り合う。それが本当の写真の「使い方」ですよね。だからこそ大切な写真は、データじゃなくて、フォトブックにしてしまうのもアリ。
結婚式や卒業式、あるいは「付き合って○年」といった二人の記念に。自分や家族に特別な記念にはもちろん、プレゼントにも最適ですよ。

3月25日まで送料無料キャンペーン実施中♪

photoback_btn02_02※ボタンをタップすると、App Storeのページがひらきます。

Sponsored by コンテンツワークス

この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
「Elite Daily」のこの記事の論点は、恋人にスマホを見せ合えるか否かというもの。ライターDan Scotti氏の主張は、「恋人には隠すべきじゃない...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
寝る前に、ベッドの中でスマホを使っていませんか?実はこの行為が、カラダにはとても悪いそうです。「I Heart Intelligence」でライターのDh...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...