【アパレル業界の真実】オーガニックコットンの知られざる「6つの事実」

年間313万キロの合成殺虫剤がコットン栽培に使用されている。しかも、これはカリフォルニア州だけでの話。

でも、誰も気にしないことだろう。なぜなら、コットンを食べるわけではないから・・・。 殺虫剤は、コットンに直接散布される。そのコットンは加工されて、大半が私たちの衣類になるのだ。

20150317_cotton

しかし、代替案はある。オーガニック栽培のコットンは、農薬も、殺虫剤も、除草剤も使用しない。
ここでは、一般的なコットンの恐怖とオーガニックコットンの現状を紹介していこう。

01.
コットンは食品ではないので
農薬が大量に使用されている

patagonia02

オーガニックコットンについて語る前に、既存のコットンの話から。
冒頭にもある通り、コットンは食品ではないため、農薬の規制が少ない。そのため、生産過程では膨大な量の農薬が使用されている。例えば、アメリカでは、農薬の約10%が農地全体の約1%に過ぎないコットン栽培に使用されている。さらに、全世界のコットン生産量の30%以上が遺伝子組み替えの種子を使用しているというレポートもあるぐらいだ。

※Reference:PAN

02.
コットン自体は食品ではないが、
その種は、口にしているかも・・・

patagonia_150324

コットンの種子は家畜の飼料として使われたり、種子から搾った綿実油がスナック菓子に使われることがある。つまり、 コットン自体は食品ではなくとも、私たちは間接的に口にしていることになる。
たくさんの農薬をかけられて育ったコットンの種子・・・それを食べた牛から搾乳したミルクや綿実油を使ったスナック菓子に影響がないと、誰が言い切れるのだろう。

03.
コットン生産過程では、
今も多くの人が「死亡」している

コットン生産の現場は地球環境だけでなく、そこで働く人間にとっても過酷だ。
世界保健機関 (WHO) と、国際労働機関(ILO)は、世界で農薬による中毒が年間数百万件という規模で起こっており、年間2万~4万人もの死者を出しているとしている。

※Reference:PAN

04.
生産者と環境を救う
「オーガニックコットン」という選択

patagonia08

有機的な農法でコットンを作ることは、生物的特性と健康なエコシステムを活性化させる可能性を持っている。土質を改善し、水の使用が少なくてすむことも多々ある。さらに、品質の面でも、既存のコットンと同等か、それ以上のものが多い。
オーガニックコットンを積極的に使用することは、生産者のためだけでなく、環境のためにもなるのだ。

05.
オーガニックコットンの生産量は
全体のわずか1%にも満たない

patagonia03

ここ10年の間でオーガニックコットンは随分と浸透してきた。多くのアパレルメーカーが積極的にオーガニックコットンを使用しているし、それを購入したことがある人も少なくないはずだ。
でも、じつはオーガニックコットンは、世界のコットン生産量のわずか1%にも満たない。理由はシンプルで、有機農法によるコットン生産はお金も人手もかかるのだ。コットンの健康状態を常に監視して、除草をして、害虫駆除をして、さらに堆肥にも気を配る必要がある・・・ゆえに、オーガニックコットンの生産量は飛躍的には増えないという問題がある。

※Reference:TextileExchange

06.
パタゴニア製品のコットンは
100%オーガニックである

150422_patagonia02

現在、いくつかの企業は自社製品のオーガニックコットン使用量を増やしているが、その筆頭がパタゴニアだ。
彼らがその重要性に気づいたのは、驚くべきことに1991年。そして1996年には、すべてのコットン製品に使用するコットンを100%オーガニックに切り替えることに成功している。

さらに、同社はオーガニックコットンが業界に普及することを願って、工場などのサプライチェーンを公表するなど他の企業へのサポートも実施(アパレルメーカーが工場を公表することは稀である)。
コットン以外の製品についても原料の生産地や工場などの流通過程を公開して各製品が環境に与える負荷を明らかにしている。

※Reference:Patagonia

なお、パタゴニアはオーガニックコットンの採用以外にも、環境に対してさまざまな決断を行ってきている。

btn_patagonia_150312_15

Sponsored by patagonia

小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
これは子供も見ることができる、安全な動画だ。暴力も、性的描写もない。しかし、その意味は決して楽観視できるものではない。「Greenpeace Austra...
賞味期限切れの食品をどうするか。食料廃棄問題へのアクションは、いま世界に拡がりつつあります。そして、必ずしもそのすべてが政府主導な訳ではありません。ここに...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
実は1976年代から問題となっているエボラ出血熱が、再び西アフリカで猛威を振るいだした。先進国では流行しにくい感染症も、蔓延してしまうアフリカ。背景には貧...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
あらゆる分野の起業家がそれぞれの想いを胸にスピーチするカンファレンス「eTalks」(entrepreneurial talksの略)。名だたるスピーカー...
「ナポリを見て死ね」とまで言われるほどの、美しい街並みが・・・イタリア南部にあるナポリ。その美しい景観から、「vedi Napoli e poi muor...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
今や完全にスニーカースタイルの定番となった「ニューバランス」。けれどアパレルラインに限ってみれば、これまでナイキやアディダスの後塵を拝してきた印象を受ける...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
ビルの屋上を農園にカルチャーからファッション、フードまで。あらゆるジャンルで世界の最先端をいくニューヨークが、また新しいトレンドを生み出した!ブルックリン...
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
年齢を隠し、15歳で世界的な大企業をコンサルした経験をもつJosh Valman(ジョシュ・ボルマン)氏。問題解決をする力を身につけることはできないし、個...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...