すべてのマネジメント層が身につけるべき、7つの心得

リーダーシップというと、強烈な個性で人を引っ張る人物を思い浮かべるかもしれません。しかし実際は、人の痛みを思いやることができ、人間的に尊敬される優しい人物こそトップマネジメントに相応しいのです。強さではなく、弱さもリーダーに求められる素質ではないでしょうか。

ここでは、私自身の経験から学んだ、マネジメント層が身につけておくべき心得を紹介していきましょう。

01.
まずは、弱い部分を
自覚することから

trueleader

リーダーに欠かせない要素として「人間力」があります。「ついていきたい」と思われるには、優れた人間性が不可欠なのです。
ただし、最初から優れた人格を持った人は存在しません。大切なのは、徳を持った優れた人格者たろうと努力することです。

まずは、自らの弱さを自覚しましょう。傲慢にならず、現状に満足せず、高い目標をもちましょう。謙虚さを持ち続けることのできる人が、成長し続けることができるのです。

02.
部下にも上司にも
同じ態度で接する

スターバックスの元幹部のひとり、ハワード・ビーハーの著書に「かぶる帽子をひとつにする」という言葉があります。周りの環境に合わせて自分を変えようとする人がいますが、これでは自分が参ってしまいます。自分は自分にしかなれないのですから、常に自分らしく振る舞えばよいのです。

また向き合う人によって態度を変えていたのでは、人間性を疑われます。上司にも部下にも、自分らしく同じように接しましょう。

03.
言動の基準は、
「子どもに見せても恥ずかしくないか?」

trueleader

信用というものは、ちょっとしたきっかけで無くなってしまうものです。
例えば悪口。言っているときは気持ちいいかもしれませんが、相手に自分のことも悪く言う人なのではと思われてもしょうがありません。自慢話も同様です。相手を不快にさせるだけです。また地位や権力には様々な人が集まってきたり、いろいろな誘惑がやってきたりします。そんなときこそ、人間力が試されていると思ってください。

リーダーは常に誰かに自分の行動を見られているという感覚を持たなければなりません。今やろうとしていることを自分の子どもに見せられるか、と自問自答することもよいでしょう。地位とは権力を意味するのではなく、多くの人に責任をもつことなのです。そういった権力に対する「畏れ」を持ちましょう。

04.
社会的な成功ではなく
人間的な成長を目指す

これまでたくさんのリーダーにお会いしてきましたが、ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんは本当に素敵な人物でした。彼女が目指したのは女性の不安につけこんだりしないで、ウソをつかないビジネス。愛や思いやり、直感で会社を運営することで、社会に大きな変化をもたらすというのが彼女の信念です。この考え方は広く受け入れられ、ザ・ディショップは大きく成功しました。

彼女は数百億円といわれる遺産を、娘達ではなく財団に寄付したと言われています。彼女は自身のことを「経営者」ではなく、「アクティビスト」、つまり社会変革の活動家と言っていました。

地位や財産などの社会的な成功を目指すべきではありません。社会によい影響を及ぼし、人間的な成長することこそが真の成功なのです。

05.
辛い経験値こそが
リスペクトの対象になる

trueleader

若い頃の私は、やる気のない人や仕事のできない人に対して「どうしてやる気がないんだろう」「なぜやろうとしないんだ」と思うような傲慢な人間でした。しかし、自分がノイローゼになったり、いろいろな挫折を経験したことで人の痛みが分かるようになったのです。
厳しい飛び込み訪問の厳しいセールス時代の経験も、後々生きてきました。転職したコンサルティング会社では、セールス時代の話は、現場を知らない優秀な若手コンサルタントからリスペクトを集めることができました。

ここで、勇気が湧いてくる、ランディ・パウシェの言葉をご紹介しましょう。
「レンガの壁がそこにあるのは、理由がある。僕の行く手を阻むためにあるのではない。その壁の向こうにある『何か』を自分がどれほど真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているのだ」

06.
自分のためではなく、
部下や会社のために動く

trueleader

部下の立場に立って考えてみましょう。自分の出世のために働いているリーダーについていきたいと思うでしょうか。とてもその気にはなれないはずです。
部下がついていきたいと思うリーダーとは、部下のため、会社のため、社会のため、心からそう思って動いているビジョンを持った無私のリーダーです。
どんなに頑張っていても、結果が出なかったり、部下から不満をもたれたり、恨まれたりすることもあるでしょう。それもリーダーが耐え抜くべき試練。リーダーとしての役割を正しく担っていくことで、そのうち必ずよい方向へ向かっていきます。

07.
結局はこれに尽きる!
自分を信じよう

妥協する、ということではありませんが、理想の80〜90%までいっていれば、それでよしとすべきなのです。100%完璧を求めすぎず、ある程度のところで割り切ることを覚えないと、どこかでパンクしてしまいます。
リーダーになって心を病んでしまう人がいますが、「こうでなければならない」というプレッシャーが強すぎるのだと思います。このゆとりの無さは、部下からもマイナスに見えるでしょう。

リーダーとして成功するためには、自分の運や星を信じることです。短期的には目の前のことに悲観的になっても、長期的にはきっとなんとかなる。長期的には楽観的に、なんとかなると努力を続けることです。絶対にあきらめずに、自分自身を信じつづけてください。奮闘を期待しています。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方
コンテンツ提供元:サンマーク出版

 

岩田 松雄/Matsuo Iwata

株式会社リーダーシップコンサルティング代表。ジェミニ・コンサルティング・ジャパン、日本コカ・コーラ株式会社、株式会社アトラス代表取締役社長、株式会社タカラ常務取締役、株式会社イオンフォレスト代表取締役社長などを経てスターバックス コーヒー ジャパンのCEOとして「100年後も光り輝くブランド」を掲げ、業績を右肩上がりに成長させる。現職では次世代のリーダー育成に力を注いでいる。

スターバックス コーヒー ジャパン、ザ・ボディショップのCEOを歴任した、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。実はそのリーダーシップの秘...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
職業や役職によってセックスに違いがある、なんてにわかには信じがたい話ですが、今回その「7つの理由」を教えてくれたのは、「Elite Daily」の人気ライ...
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、...
「本を読みなさい」なんていう言葉は漠然としていますし、聞き飽きているかもしれません。しかし、ちょっと違った目線からビジネスパーソン、とくにリーダーに役立つ...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
あなたの周りに、何をやっても「うまくいく人」がいるかもしれません。彼らは、どうして成功を収めることができるのでしょうか?きっとそれは、心の中に持っているい...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...