ドイツ発「頼れるロボット」が登場!蟻のように、仲間と共同作業

ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!

最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネットなしで通信を行うことができ、自発的に、ロボット同士で共同作業をすることが可能だ。
この「バイオニックアンツ(BionicANTs)」は、将来的に工場作業などで活躍することが期待されている新たなロボットだ。見た目のインパクトもさることながら、もちろん機能面でも目をみはるものがある。

Bionic Ants Could Make Up our Future WorkforceEngineering company Festo has developed artificial ants that communicate with each other and coordinate actions in tandem.Learn more: http://www.psfk.com/2015/03/bionic-ants-hannover-messe-bionicants-festo-future-of-work.html

Posted by PSFK on Wednesday, 1 April 2015

状況を判断して
共同作業できるロボット

85singo_スクリーンショット 2015-06-15 13.42.02

蟻は社会生活をする昆虫だ。その機能や行動を忠実に再現したロボットは、周囲にあるものや状況を認識し、自発的に行動の微調整を行うことができることに加えて、ローカルネットワーク(無線のようなもの)を通じて、他のロボットとコミュニケーションをとることもできるという。

「バイオニックアンツ」は、眼の部分に埋め込まれた2つのカメラで周囲を視認し、腹部に埋め込まれたセンサーによって周囲の状況や自分の位置を分析・把握する。その上で、グリップのある腕やはさみによって物を掴むこともでき、複雑な作業も複数でコミュニケーションを取りながらこなす。

85singo_スクリーンショット 2015-06-15 13.42.21

開発に携わった Dr. Heinrich Frontzek氏は、今後投資を受けて人工知能を強化し、より高い精度でコントロールできるようにしたいと語っている。

「バイオニックアンツは、とてもクリアなルールのもとに統制された共同作業を行うことができる。お互いにコミュニケーションを取りながら、協力してアクションに起こすことができる。それぞれの“蟻”が自発的に決断を下すことができるので、さまざまなタスクを任せられるのが特徴だ」

さらに、バッテリーの残量を考慮し、壁に設置された金属板に触覚を当て、自分で充電までを行う。現在は比較的単純な作業を可能としているが、Frontzek氏の言うように、今後システムを発展させることで、よりコミュニケーションロスのない高度な作業も可能となるはずだ。

工業用ロボットに関するニュースには、驚かされるものが多いが、「バイオニックアンツ」は、“自発的”“共同作業”というふたつの側面から、新しい可能性を感じさせてくれる。

Reference:BionicANTs
Licensed material used with permission by PSFK

日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。男性「座って」ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープ...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
インド人なら当たり前?驚異のハイクオリティ流れ作業パン生地をコネて!投げて!コネて!ひたすら投げ続けるインド人がヤバい!受け取る方がドジを踏んでも成立しな...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
「Venture Beat」によれば、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」は、2016年4月に新しいモバイルアプリをローンチする予定。その機...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...