自分の頭で考え、人間の命令にきっぱりと「NO!」と言えるロボット

人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。

「NO」と言えるロボット!?

Bc45973bffbb1a200e6689eb1e1207e1887fd6b7

男性「座って」

12c844dfd8bee7dc4c24eb04b740dfc2e1da66a9

ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…)」

B52e99c299aacabfc67637316a3a3f495857ad55

あれ、ちゃんと言うこと聞いてますね。でも男性は続けます。

男性「立って」

5cf5412dc0faf44f6fdeb7fe736d9eab82a01ae3

ロボ「オーケイ」

97d3b2f192f5afd5c189d76342a5fbf1d846ca57

ロボ「(ウィィイィンン…)」

413f1c0ffe85455d7fd42882afc2bd986532c1cd

今度もちゃんと言うことを聞いてます。しかし、次の質問では違いました。

6666ea559c51976168eaa82fbfa34d173065f565

男性「前に進んで」

517b73235eca68731dd7aa41db4277fc95740b7f

ロボ「できません」

断った!でもちゃんと理由があるようです。

ロボ「道がありませんから」


2f865a8393504988f3544b62cbae5dfe45e33814

しかし、男性はしつこく命令します。

男性「前に進んで」

ロボ「でも、安全じゃないです」

おー、ちゃんと断ってます!でも、こんな言葉ならどうでしょう…。

7045c1d744ae223eb07806c4f97d9fc7b721fd4b

男性「ぼくがキャッチしてあげるから」

9dff45e567e8cfce7530cf3a3503eacbbb101bf6

ロボ「…わかりました」

73c06297043f93c56e7096d1c60c5f1f66e3bac5

押しには弱いみたいです。オーナーを信じてひた進むその姿勢が健気!

つまり、NOと言えるからといって別に攻撃的なわけではないんですね。むしろ、指示の内容と自分の置かれた環境を考えてお断りできるなんて、とってもスマートだとは思いませんか?自分を傷つけるような指示だって回避します。

なかでも面白いのは、人間を信用して行動を決定しているところ。「IEEE Spectrum」によれば、開発を進めているタフツ大学はロボット3原則に加え、5つの要素を判断基準として設けているそうです。

ロボット3原則とは

① 人間に危害を加えてはならない。危険を見逃して間接的に危害を加えてもいけない。
② ①に反しないかぎり、人間の命令に従わなければいけない。
③ ①②に反しないかぎり自己を守れねばならない。

5つの判断基準

知識:どうすればいいのかを知っているかどうか。
能力:それは身体的に可能か。
時間:今、できることか。
役割:実行する社会的な道理があるか。
原則:それは許されていることか。

人工知能ってまだスピードこそ出ないものの想像よりもずっと柔軟な対応ができるようになるのかもしれませんね。実際の様子は動画で見てみてね。

Licensed material used with permission by Tufts University
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープ...
2015年10月24日にライブ配信されたイエール大学主催のトークセッションにレディー・ガガが出演しました。その様子はYouTubeで閲覧できますが、そこで...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...