母斑を治療しなかった女性。「これは私の個性。感謝してるわ」

「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・ノード。彼女は左目の下に大きな母斑を持った状態で生まれたが、それを消そうとはしなかった。

周囲からは手術を薦められてもいたが、彼女はそれを断り、母斑とともに人生を歩むことを決意した。彼女にとって、それは個性であり、誇りでもあるのだ。

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-1-605x605

 85singo_スクリーンショット 2015-06-28 17.30.28

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-2-605x605

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-6-605x605

彼女が生まれた時、両親は手術で母斑を取り除くかどうか、判断に迷った。それもそのはず、手術をすれば顔にアザが残ってしまう可能性があった。結局のところ手術は行わなかったが、それは彼女にとっても正しい選択だったようだ。

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-7-605x605

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-18-605x605

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-8-605x605

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-11-605x605

もちろん幼少期には辛い経験もした。学校でもいじめにあった。13歳の時に一度だけ手術を受けたいと両親に相談し、両親も彼女の意思を尊重したが、アザが残ると説明されたこともあり治療はうけず。母斑とともに生きていく決心をした。

当時の話を本人はこう語っている。

「残酷な仕打ちに、泣きながら戦うこともあった。みじめな思いもしたわ。その時は本当に辛かった。でも、時間が立てば変わる。あなたを邪魔する人たちのために歩みを止めてはいけない。あなたの個性を誇りに思うことが大切よ」

 

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-12

ダンサーの道へと進むことになった彼女は、自分の個性にとても感謝しているという。

「私の母斑は、私を表す大きな要素。個性的で、印象に残りやすくて、それは私が選んだキャリアで言えばとても重要なことだから」

そう語る彼女の言葉は本物だ。仕事だけでなく、私生活においても彼女の人生を母斑が邪魔することはなかった。

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-9-605x605

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-3-605x605 85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-10-605x605 85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-16-605x605 85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-17-605x605

ある芸能事務所では、宣材写真からフォトショップで母斑を消すように指示されたこともあった。もちろん彼女はきっぱりと断っている。

今では自身の夢を叶え、数々の作品やミュージカルに出演するダンサーとして活躍し、愛する人々とともに人生を歩んでいる。そんな彼女の言葉に世界中の人々が勇気を与えられている。

「母斑は私のチャームポイント。それが私の脚を引っ張ったなんて思わないわ」

自分の個性をどう捉えるのかで、人生は大きく変わるかもしれない。彼女の活動はInstagramTwitterで知ることができる。

Reference:Boredpanda
Licensed material used with permission by Cassandra
Naud
All pictures by Michael Briales(silver head piece)

先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
画家でカメラマンとしても活動するTony Lucianoさんには、認知症を患った93歳になる母親(Eliaさん)がいます。2年前、もはや身の回りのことを自...
舞台の上で、美しく舞い踊るバレエダンサーたち。その美しさの裏には、並々ならぬ努力があることは、多くの人の知るところです。厳しい練習や競争、ケガの絶えない生...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
読み方が分かりづらくて質問されたり、電話では何度も聞き返される。珍しい個性的な名前ってこういうこと。いろいろ面倒もつきまとうのだけど、一方で「強く賢い女性...
肺がんと闘う病床の母の願いを叶えてあげたい。娘Rosie SkripkunisさんはFacebookを利用し、自身のタイムラインに、いちるの望みを託してあ...
アメリカやカナダ、フランス、イギリスなど、欧米各地のランドマークの路上でポーズをとる、一糸まとわぬ姿のダンサーたち。NY在住の写真家、ヨルダン・マター氏の...
10代で母となり、23歳で乳癌と宣告され、今なお再発の恐怖と闘いながらも自分らしく前向きに生きることを、決して諦めない女性ブロガーEmily Lingen...
いつも感謝してる 親友との関係何をもって「親友」と呼び合えるかはさておき、こんなときほんとにありがたいなって身にしみて感じる友だちの気づかいやフォローって...
強姦被害に遭い、うつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいたHeidi Williamsさんは、自ら命を絶とうとしたこともあったそう。しかし、...
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
「孝行したい時に親はなし」といった言葉もあるように、いつかは訪れてしまう日に備え、両親への愛や感謝を伝えておくことは大切です。ここでは、女性ライターのGi...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
「子どものころの夢は何ですか?」そう尋ねられたら、アイドル、歌手、漫画家、デザイナー……と、子どものころになりたかったものが次から次へと溢れてきます。でも...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...