母の死を乗り越えたヘンリー王子が語る。「心の傷」の癒し方

英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリー王子。

その後、王子はキャサリン妃とウィリアム王子と共に「Heads Together」のキャンペーンの一貫として、精神的に苦しんでいる人たちに向け、メンタルヘルスについて語る動画を公開しました。

どんなにつらくても
「言葉」にする勇気を

09b4dab72d5cbb8db627d316f6f8a4f1a4955189

「もし、自分以外の全ての人の人生が完璧だと思ってしまうと、問題を抱えていることはおかしいことなんじゃないかと感じてしまう。でも、悩みを打ち明けられる家庭環境があれば、家族の絆も深まるし、仕事や学校での良いパフォーマンスにも繋がるんだ

続けて、こう語る。

「外傷であればわかりやすいけど、隠れた傷だったら誰にもわからない」

「他の家族や子どもたちを見ると、彼らに自分と同じ経験をして欲しくないと思う。経験を通して、少しでも助けになりたいんだ。抱え込む代わりに、若いうちから“言葉にする”勇気を持って欲しい

と。

問題が起きた時は、誰かとシェアしたほうが乗り越えることができ、家庭内や外の生活にもいい影響を及ぼすと訴えた。

「何かが変わるわけじゃない」
昔はそう思っていた

Ca2d85fe4223595432b8429b7d542fd4ac29a570

兄のウィリアム王子は、こう打ち明ける。

「あの経験が兄弟の絆を深くしてくれた。それでも母親を失ったことについて十分に話してはいなかった」

同感するヘンリー王子。横で聞いていたキャサリン妃はヘンリー王子に「このキャンペーンを通じて気づいたことはある?」と問いかける。

「昔の自分は、なんで過去を振り返らなきゃいけないのか?と思っていた。悲しくなるだけなのに、と。何かが変わるわけじゃないし、母が戻ってくるわけでもない。でもそれは自分を傷つけることになるんだ。よく兄には、落ち着いて母の記憶を思い出してみなさいと言われたよ。ただ、考えることを避けたかったんだ」

普段聞く事ができない、一国の王子とその家族の本音は、いつものきらびやかなイメージとはかけ離れていて、普通の家族の会話を聞いているようでした。ヘンリー王子がずっと胸に閉まっていた「深い傷」を人前で話してくれたなら、あなたも身近にいる大切な人に心を開いてみませんか?

Licensed material used with permission by Heads Together
誰にも打ち明けられないような「心の傷」がひとつ、ふたつ。生きていくということはそれを消化することなんだろうけれど、上手くいかないことのほうが多い。お金や地...
傷を負ったときに、ウイルスの侵入を防ぐために使われる「絆創膏」。これまでは、傷が治るのを助けるためのサポート役でした。米ネブラスカ大学リンカーン校の研究者...
近しい人を亡くすと、悲しみから逃れない気持ちになってしまいます。でもこの名言集は、悲しみに向き合い、前向きになれるように紹介しています。
主に若い女性に多い『自傷行為』。なぜ自分自身を傷つけるのか?どんなきっかけなのか?いろんな疑問を持つ人が多くいると思います。アメリカの動画メディア「Cut...
生きている限り、どうしても避けることのできない不遇に見舞われることがあります。自身の努力では到底太刀打ちできない事象に出会ったとき、どのようにして乗り越え...
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...
アンソニーくん(13歳)が、妹アナベルちゃんの5歳の誕生日にプレゼントしたのは、白雪姫にしてあげるという魔法。自分は王子様になり、アナベルちゃんを迎えにい...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生...
「マインドフルネス」という言葉を耳にしたことあるでしょうか。その定義を簡単にまとめると「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。心の病に...
これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
実はこれ、すでに商品化されており、安価な上に使い方もビックリするほど簡単。汚れをふき取ってから特殊な液体の染み込んだシートで画面をサッと拭き、なじませるだ...
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
画家でカメラマンとしても活動するTony Lucianoさんには、認知症を患った93歳になる母親(Eliaさん)がいます。2年前、もはや身の回りのことを自...
「あなたは、パートナーを大切にしていますか?」この問いかけに、ビクッとしてしまったあなたはちょっと心配。恋人ではない相手と関係を持ってしまうことが一番わか...
あなたは、寛大な心を持ちたい!と思ったことはありますか?いつもイライラした雰囲気を放っている人には、他人が寄りつかず、反対に寛大な心を持つ人には、他人が寄...
「心の病」でありながらも、タブー視されがちなメンタルヘルス。メンタルヘルスをもっと世間に知ってもらおうと、自ら鬱や不安症と戦っている有名人たちの経験談を紹...
雲の流れが速く「一日に一度は雨が降る」といわれるロンドン。雨に慣れっこな人々は、いちいち傘を持ち歩かなくたって、しばらく待てばすぐに雨が止む。こう考えてい...